【支援のお願い】小さな命を助けるために

2022年7月9日未明にシンガポールで第二子妊娠中(27週)の二藤部美里さんが前期破水の症状で緊急入院されました。

検査の結果、子宮口が1mm開いているため、出産まで絶対安静と診断、最低でもあと7週間後の34週までお腹の中にいてくれるように即入院、24時間モニターの中、治療をすることを余儀なくされました。

現在、美里さんはおなかの中の子を守るために、様々な抗生物質の投与、点滴、血液検査などを毎日行い、1日でも長くおなかの中で育ってくれることを目指して入院しています。

そのような治療は最低でも50日の入院、また早く産まれてしまった場合の乳児の治療などで26万シンガポールドル(2400万円ほど)かかるという見積が出されました。

2010年にシンガポールに移住して以来、シンガポールに住む外国人として、医療保険にはしっかりと入っていた美里さんだそうですが、今回は妊娠関係の治療ということで保険適用ができない見込みが高いという事が判明したそうです。

保険が効かない今、二藤部さんご家族は多額の医療費に直面しています。美里さんと生まれてくる命のために、皆様の支援が必要です。

母子共に健康に過ごし、何事も起こらず、34週までの50日間を乗り越えることができるよう、募金またはこの活動の拡散・周知などにご協力いただけませんでしょうか。シンガポールに生まれてくる小さな命を守るために、ぜひご協力ください。

美里さんは毎日をこちらのインスタでつづっています。
募金ページはこちら(シンガポールの支援コミュニティより承認いただきました。)


彼女の口座への直接の募金も受け付けております。
シンガポール在住者向け

PAYNOW 
Misato Nitobe +65 8468 5143 (mobile)
銀行口座 (Misato Nitobe)
UOB 426-370-902-5

最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!