シンガポールの電子商取引売上

フェイスブックの親会社メタと米コンサルティング会社ベイン&カンパニーが6日に公表した最新の市場分析レポートによると、シンガポールの電子商取引の売上高はインフレ圧力や供給チェーン途絶の影響で、今年は成長鈍化が見られるものの、20207年までに140憶米ドル(196憶Sドル)に到達する見通しだ。

東南アジアの長期成長見通しは、同域デジタル消費者人口の堅調な伸びに支えられ楽観論が続いており、本予測はそれを反映するもの。レポートは東南アジアのデジタル消費者数が2027年には人口の約88%(4憶200万人)を占めるとしている。

シンガポール電子商取引売上高は昨年の80憶米ドルから、今年は90憶米ドルに増加するが、増加率は21年の対前年73%増を大きく下回る見通し。しかし、今年は当地消費者のネット通販の“買い物かごのサイズが膨らみ”、一回の取引の購入額が昨年の119米ドルから131米ドルに拡大した。




最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!


この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!