シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

くつろぎの店内で時を忘れて、最高峰のインド料理に舌つづみ!

ゆったりとしたテーブルの配置で、隣の席が気になりませんね。

シンガポールのタングリンモールにある北インド料理レストランのヤントラは、味、サービス共にトップクラス。

ゆったりとした店内は、ビジネス使用にもぴったりで、もちろん味は折り紙つきです。北インド料理にシェフの故郷カルカッタの名物を加えた品揃えは、バラエティ豊かで選ぶのが大変なくらい。そんな時は、シェフズテーブルがおすすめ。

アミューズのDani Pur。最初の一皿にぴったり。冷たいアミューズです。

前菜からデザートまでの6品コースは、ベジタリアンメニューにも対応。ノンベジコースにはチキンテッカマクニがラインナップ。柔らかく、ジューシーで胸肉とは思えないチキンはぜひお試しいただきたい。

チキンテッカマクニ!
ラム肉の二つのおいしさが味わえる、ラムのケバブとスモークしたラムチョップ。

ベジタリアンなら、旬のグリンピース入り揚げパン「Koraishutir Kochuri」は、ジャガイモベンガルカレー「Aloo Dom」と食べると至福の味。揚げてあるのにしつこくなく、初めて味わう軽い食感は、止まらないおいしさ。

Koraishutir KochuriとAloo Dom。食べてみないとわからない、シンプルにうまい!

もちろんデザート付きです。インドデザート=激甘の、固定観念をくつがえすにんじんのデザート Gajar Halwa。やさしい甘さでミルクアイスクリームとベストマッチ。

左がGaja Halwa。アイスと共に召し上がれ!

充実のコースに、プロセッコワインかジュース一杯まで付いて$72++。厳選メニューだから、ハズレなしです。

ただ、ベジタリアンかノンベジタリアンか、どちらのコースにするかが悩みどころかも!そして、ぜひお試しいただきたいのが、家庭でも手軽にヤントラの味が楽しめるデリバリー!デリバリーのみの特別メニューもあるので、忘れずにチェックしたいですね。

アラカルトメニューにも外せないものばかり

パニールバターマサラ。美しい照りを見るだけで、たまりません。

パニールバターマサラ($32)は、普遍の人気。チーズに濃厚なフェヌグリークソースがたまらない一品です。ぜひナンと一緒に。熱烈ファンが多いDalも必食です。とろりとしたスープは豆の旨さが凝縮しています。

こんなにぜいたくなダールは初めて。人気もうなずける、濃厚さ。

ラムチョップやケバブはスパイスがほどよく、肉の味を引き立てます。選びきれないうれしい悲鳴!その他にも、期間限定メニューは必ず試したいものばかり。その時しか食べらないので、絶対見逃せないですよね。

ここのサービスは特筆に値します

ピナキエグゼクティブシェフ。おいしいものが作れそうな笑顔です!

味を際立たせるのは、スタッフの心地よいサービス。シェフもGMもお客様の席を周り、笑顔でお話ししている姿はすてきです。シンガポールあるあるの、スタッフを席に呼ぶのに苦労する…というのはありません。おいしくてもサービスがダメだとがっかりですよね。違いがわかる奥様に人気なのもうなずけます。またもしもスパイシーが苦手なら、ぜひスタッフに伝えてください。喜んで調整してくれますよ

常にお客様本位。これが本当のサービスですね。週に2度は訪れるファンがたくさんいる、というのもうなずけます。


<店舗情報>
店名: ヤントラ Yantra

住所:163 Tanglin Road #01-33 Tanglin Mall Singapore 247933(オーチャード駅より徒歩10分)
営業時間
月〜木 12:00 -15:00 18:30- 22:00
金 12:00-15:00 18:30-22:30
土 11:30-15:00 18:30-22:30
日 11:30-15:00 18:30-22:00
Web:https://www.yantra.com.sg/

林じゅん子
この記事を書いた人
2020年でシンガポール生活も26年目、家族や猫6匹と99%ローカルどっぷり生活。ラジオレポーターを皮切りに、シンガポール初の日本人芸能ライターへ。広いエンタメ人脈を生かし番組コーディネートやキャスティングも手がける。趣味のエキストラでは「クレイジーリッチアジアン」に後ろ姿で出演!