シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

アラブ街散策の後立ち寄れるプラナカンカフェ 経験豊富なシェフのハイティーセットは2人で$29.5!

魅惑あふれるアラブ人街、ブギスのArab St.から東側Kandahar St.通り沿いにある黄緑色の壁が印象的なカフェ「Got Luck Cafe」。ここでは、シンガポールの伝統的なプラナカンや、色彩鮮やかなシンガポールの伝統スイーツ・ニョニャクエなど、現代風にアレンジされたさまざまな料理やスイーツを味わえます。

福建の発音とプラナカンの方言を組み合わせ、住所の数字「56」にちなんで命名されたGot Luck

東京でシェフ経験があり、シンガポール日本人会でシンガポール料理のクッキング教室を長い間開催していた経験豊富なシェフShamur氏が手がけるシンガポールのローカル料理の数々。料理はすべてオーダー時に辛さの調整もでき、辛くしたい、マイルドにしたいなど注文することもできます。

Tofu Goreng $6.8
前菜としてもちょうどいい、新メニューのトーフゴレン。厚揚げ豆腐をピーナッツソースであえたサラダ。
Yumcake $5
シグニチャーメニューの一つ。ヤムイモを使った餅料理で、蒸して作るので脂っこくなく食べやすい。乾燥椎茸、乾燥玉ねぎ、ネギがまぶしてあり、風味豊かな味わい。
Lotong vegetable curry
あっさりしたマイルドなスープカレー。ベジタリアン料理で、お肉の代わりに揚げたポテト、キャベツ、インゲン、にんじんなどが入ったヘルシーなマレー系カレー。
Rojak
ヨーティアオ(中華揚げパン)にエビのペースト、チリとピーナッツドレッシングがアクセントの料理。ジャワ系のサラダ。
Nasi Ulam $12.8(デザート・飲み物付き)
マレー系ハーブミックスライスで、さまざまなハーブと野菜などのおかずを添えたプレート。フライドオニオンや乾燥エビ、バジルなどと10種類のハーブで作られるライスは口の中で風味と香りが広がる自慢の一品。ライスの色はバタフライピーのみで付けられておりヘルシー。マレーシアのチキンスタイルなど、おかずはリクエスト可能。

高級なイメージのあるハイティーセットを気軽に、しかも写真映えする店内で、撮影を楽しみながら味わえるのが嬉しいですね♪

オーナーLilyさん(右)とシェフShamur氏(左)。かつてオーナーはシェフのクッキングレッスンを受講する生徒だったとか。

ブギス、アラブ街でのお買い物、散策の後にふらっと立ち寄れるプラナカンスタイルのカフェ。ランチやカフェタイムに立ち寄れば、家族や友人とほっと一息、おいしい料理、お菓子とともに素敵な時間を過ごせること間違いなしです。

プロモーション:シンガライフ誌面広告記事またはWEB本記事の提示で5%OFF


Got Luck Cafe
所在地:56 Kandahar St, Singapore 198904
時間:月、水〜日 9:00-19:00
定休日:火
電話:8168-7536
Web https://www.gotluckcafe.com/ Instagram gotluckcafe.sg

Natalie
この記事を書いた人
駐在4ヵ国目、2児の母。 日本で旅行情報誌の制作・編集を経て、在住国の海外邦人向け情報誌のライターへ。お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨などを好むプチプラ・ラバー。激辛激甘にも目がない。