シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

今、群馬県沼田市がシンガポールで頑張っている!〜沼田市の特産品が海を越えて世界へ〜

群馬県沼田市ってどこにあるかご存知ですか?おそらく多くの日本人がその場所を答えられないと思います。群馬県の1自治体に過ぎない沼田市が、今シンガポールで奮闘しているんです!その取り組みをご紹介します。

実は今、シンガポールでは、群馬県沼田市の事業者が心を込めて作った食品、伝統工芸品、雑貨などの特産品をオンラインで販売しています。

シンガポール人からも大変好評で、シンガポールで沼田市の名前が少しずつ知られつつあります。また、シンガポール人にとって日本は身近な旅行先。今後、沼田市に訪れる人も増えることでしょう。
この沼田市の海外進出の謎を探るべく、インタビューさせて頂きました。

群馬県沼田市の世界進出への道のり

日本は年々人口が減少し、国内向けの販売数も頭打ちが続いていた状況で、群馬県沼田市は地元の商品特産品を海外に販売し、国外へ販路を広げようと海外販路開拓支援事業推進協議会を2018年に発足しました。

まずは特産のりんごやこんにゃくの生産者に海外展開はどうかと投げかけることから始めました。海外への販売は、日本国内でしか販売したことのない農家にとって、とても大きなハードルです。

まずは中国、香港、ベトナムでフェアを開催し、商談視察の機会も設け、海外展開のノウハウを学びました。

また、自社の商品や製品が海外でも受け入れられると自信がつき、数社が海外輸出に挑戦。さらに、オンライン販売では、海外発送を始めたところ、これがヒット。予想を上回る販売数で後押しして沼田市にも事業者にも嬉しい悲鳴になっているそうです。海外進出に及び腰だった企業への良い刺激になっているそうです。

強力なサポート

イームインターナショナルという世界にネットワークを持つ総合商社が群馬県沼田市と一緒に世界進出を目指し、沼田市特産品の輸出販売が実現。

イーム社の社員が実際に沼田市に何度も足を運び、沼田市や事業者の要望を把握し、気持ちに寄り添いながら、「これから沼田市の事業者様が自走できるような土台作り」を目指して、走り続けてきました

事業発足当初から日本の他のどの自治体にも負けない熱意が、イーム社の田中代表を始め、同社社員に伝わってきたと話していました。

シンガポールで沼田市の特産品を実際に届けてくれるのは?

シンガポールでは、Nippon Productsという会社がオンラインで販売しています。社長のライ氏は日本滞在経験があり、大の親日家。今回の群馬県沼田市の海外進出に関わることになり、実際に現地を訪れたそうです。

左から、イームインターナショナル社 田中代表、群馬県沼田市 横山市長、Nippon Products社 Lai代表
群馬県沼田市 横山市長からの海外進出にかける熱い想いに耳を傾ける田中代表、LAI代表

シンガポールのオンライン販売の市場は非常に大きく、競合他社との差を感じてもらうために美味しいものや差別化した情報分析はもちろん、迅速な配達、丁寧な梱包、配達時には感謝の手紙を添えて、リピーター獲得に繋がる努力を欠かしません

今後、群馬県沼田市がシンガポールだけでなく「世界で挑戦し続ける日本の地方都市」の代名詞となる日も近いでしょう!
皆様も是非オンライン注文で沼田市産の魅力を感じてみませんか!

<シンガポール向け>
Qoo10InstagramFACEBOOK

<日本発信全世界向け>
shopifyFACEBOOK

<タイ在住者向け>
shopeeインスタグラムFACEBOOK 


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!



アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。