シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

セミナー講師の甲子園!セミナーコンテスト in Singapore2019イベントレポート

みなさんは、「セミナーコンテスト」について聞いたことがありますか?

セミナーコンテストとは、「人と社会を輝かせるセミナー講師の輩出」を目的として、2007年2月にスタートし、これまで全国10ヶ所で開催され、1,200名以上のセミナー講師を輩出してきたビックイベントです。初の海外開催となった昨年8月のセミナーコンテストinシンガポールに続き、第2回となる今回(開催日:2019年9月28日)は日本予選を勝ち抜いた7名のセミナー講師が自身のセミナー内容を10分にまとめあげ約50名の聴講者に向けてプレゼンテーションを行いました。今回は、イベント当日の様子をレポートいたします。

今大会は、現地のシンガポール人も聴講者として迎えたこともあり、司会進行、ルール説明、セミナーの発表、コメンテーターのコメントがすべて英語で行われました。また、聴講者全員が各発表内容を10個(話し方、セミナーの内容、テーマのオリジナル性など)の評価項目により採点するという斬新な試みが行われました。

最初に大会の主催者である、一般社団法人日本パーソナルブランド協会代表理事の立石 剛さんから、セミナーコンテストの歴史やルール説明が行われました。

こちらは、今回大会の総合プロデューサーであるWEZERT PTE LTDのジョセフィンさん。シンガポール出身ですが、日本で勤務経験がり流暢な日本語で大会の指揮を執っていました。

オープニングアクトでは、末波さんによる古典舞踊のパフォーマンス。繊細かつ大胆な動きで、会場のボルテージが徐々に上がっていきます。

続きまして、現役CAでありながら「姿勢と歩き方講師」として、2019年セミナーコンテスト全国大会グランプリに輝いた、今大会の司会の山岸加代さんが、セミナーの聞き方や会場の和ませ方を聴講者にレクチャー。笑いもあり、発表前に会場の雰囲気がどんどんとあったまっていきます。

そして、いよいよセミナー講師によるプレゼンテーションがスタート!
トップバッターは、『3つの質問で才能を見つける秘訣』と題して才能プロファイラーの北端康良さんのプレゼンテーション。才能とは、誰しもが持っているものであるため、それは何なのかを自分に問いかけ、自分の才能を理解して人生の決断や選択をしていくべきだ、ということを聴講者に伝授していました。

2番手は、『手に負えない子どものやる気を引き出す方法』と題して、コンプリメント講師の荒井 隆一(通称あら先)のプレゼンテーション。16年間小学校の先生として様々な子供と向き合ってきた荒井先生が生み出したAP(A=Ask,P=Prise)メソッドとして、子供のやりたいことを尊重し、小さな成功でも褒める姿勢が大切であることを伝えていました。

また、今回はプレーゼンテーション後に3名のコメンテーターによる愛のこもったアドバイスとフィードバックも(右から鷲津さん、萱場さん、Siri Leksuwatさん)。

3番手は、『複雑な英文を読み解く3つのシンプルメソッド』と題して英語講師の藤田一郎さんのプレゼンテーション。システムエンジニアの藤田さんは、英語を品詞ごとに分類し、分かりやすく学習するための独自の英文読解のアプリケーションを開発し、英文の構造をビジュアルで理解するための重要性を伝授していました。

4番手は、『信頼関係が深まるコミュニケーション法』と題して心に響く話し方講師の宮北結僖さんのプレゼンテーション。宮北さんは、相手と信頼関係を深めるために「話し方」に焦点を当て、あたたかみのある息使いでうまく話そうとするのではなく、自分自身の言葉で心から相手に言葉を伝えることの重要性を説いていました。

5番手は、『年下男性の心をつかむコミュニケーション』と題して結婚相談所経営、婚活サポーターの西川千恵さんのプレゼンテーション。自らの恋愛や結婚の豊富な経験談から生み出された恋愛コミュニケーションには驚愕。時折笑いも交えたプレゼンテーション会場は大盛り上がりでした。

6番手は、『子どもの選ぶ力が育つ片づけ』と題して整理収納アドバイザーの藤原友子さんのプレゼンテーション。4人の子供を育児しながら仕事に取り組んでいる藤原さんが開発した片付けメソッドは「子供が自ら選ぶ力」を身に着けるようにサポートすることです。持ち物が必要かどうかを理由も含めて自らで判断し整理することが片付けに必要な力であると伝えていました。

そして、ラストバッターは、『人生を開くオープンハートコミュニケーション』と題してフリーアナウンサー、コミュニケーションコンサルタントの生田サリーさんのプレゼンテーション。「目はすべてを伝える」という理論のもと、相手とコミュニケーションをとるときは、自分の目に愛を宿らせながら接することが良好な関係につながるということを伝えていました。

そして、すべての発表が終わり緊張の結果発表。見事優勝に輝いたのは・・・
『手に負えない子どものやる気を引き出す方法』を発表された英語講師の「荒先」こと荒井 隆一さん!

第2位は『子どもの選ぶ力が育つ片づけ』と題してプレゼンテーションをされた整理収納アドバイザーの藤原友子さん、第3位は『人生を開くオープンハートコミュニケーション』と題してプレゼンテーションをされたフリーアナウンサー、コミュニケーションコンサルタントの生田サリーのさんでした。3人揃って記念撮影。

かくして幕を閉じた、セミナーコンテスト in Singapore2019。それぞれ個性の光る発表者の熱のこもったプレゼンテーションは圧巻でした。

今後は、セミナーコンテストの3か国目の進出先として来年の6月にタイでの開催が決定しており、シンガポールでは来年の9月に第3回目が開催予定です。日本をはじめ、世界各国にセミナー講師が続々と羽ばたいていくことでしょう。これからのセミナーコンテストから目が離せません!

今後の海外版セミナーコンテストに出場希望の方はWEZERTまでお問い合わせください
https://wezert.com/

また、セミナーコンテストについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!
http://personal-brand.jp/seminar-contest/semicon-top/

アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。