シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

ホーカーフリーク Natalieが行く!ホーカー巡り11-SPINACH SOUP

spinach soup

OLに人気!ほうれん草たっぷりの優しい鶏ガラスープが身体にも心にも嬉しい!

シンガポールでも、サーキットブレーカーが終わり、経済的にコロナウィルスの影響が大きく出ているという内容のニュースを耳にしない日がない今日この頃。

そんな中でもPhase2に入ってお店で食事をすることができるようになり、ホーカーも消毒を徹底して力を入れているとのニュースを見て、これまでと変わらずホーカーのお店紹介できるとひと安心…。

そんなこんなで、ちょっと躊躇していたホーカー紹介の再開第一弾は、シンガポールの中心街、タンジョンパガー駅から3分ほどのアモイフードセンターです。サーキットブレーカーに入る前に行ってきました!(※写真はサーキットブレーカー前のものを使用しています)

その日は11時半頃に行ったのだけれどホーカー全体、既にサラリーマンで溢れていました。

Amoy Street Food Centre

長蛇の列のお店が何店舗も!!2階は特に列の長いところばかりです。

目についたのはOL風の女の人が何人か並んでいるお店「Spinach Soup」。スピナッチスープって、つまりはほうれん草のスープってこと?
数人並んでいるし、美味しいのかな?と興味をかき立てられて、私も並んでみることに。

並んでいると、お店の人がメニューを聞いてくれます。スープの種類は2種類。ほうれん草、海老、ひき肉、クコの実のシーフードスープか、ほうれん草、ひき肉、クコの実、ピータン&塩漬け卵のスープかをまず選びます。そこに、細ビーフン、太ビーフン、マカロニ、ご飯から一品、加えるか否かを選択。

スープはどちらがいいか、麺はどれがいいか悩んだので、オーダーを取っているおじさんに「どれがお勧め?」と聞いたら、笑いながら「Up To You(君次第だよ)」とのこと。

いや、答えになってない…笑 
こういう時はとっさの判断に頼るに限る!

ひき肉と海老が入っているシーフードスープに、細ビーフンを入れることにしました!

テイクアウト用のほうれん草スープがたくさん!オフィスでこれを待つ人々が沢山いるのかな?

他のストールで買ったホーカー飯(#02-102、#02-81、#01-39 )と共に!ほうれん草の緑色がいいアクセント♪
※ほかのストールについては、【2020年更新/保存版】シンガポールの庶民食堂「ホーカー」でご飯を食べよう!vol.2 をチェック!

早速頂いてみると、思ったより味が薄い…?鶏ガラスープの味わいがほんのりするけれど、少し物足りないかなあという印象。

一緒に食べていた同僚にも味わってもらったけれど「すごく薄味だねー」と。チリかペッパーを入れてもいいかなと、思いました。

spinach soup

食べ進めていくと、ひき肉には味がしっかり付いていて、薄味にも慣れてくるのが不思議。

ほうれん草独特の身体に優しい味わいと相まって、ちょっとホッとできる。クコの実は甘みがあって、それも優しい薄味の鶏ガラスープに華を添えているような感じ。

この身体にいい感じが女性に人気なのかなーとぼんやり思いながら、あっという間に完食。

いつもチリやペッパーがたっぷり入ったパンチのある麺を食べることが多いけれど、ウイルスや菌のことで色々気にすることも多くなった最近では、こういうヘルシー系もいいなと、新しい気付きのあったシンガポールのホーカー巡りでした。


〜〜ひと言でいうなら〜〜
ほうれん草たっぷりの優しい鶏ガラスープが身体にも心にも嬉しい!

〜〜勝手に評価(⒌段階)〜〜
味:★★★★
価格:★★★
お店の対応:★★★★
おすすめ度:★★★

場所:SPINACH SOUP
住所:7 Maxwell Road, Amoy Street Food Centre, #02-114 Singapore 069111
営業時間:11am – 2pm
価格:3.5ドル〜4ドル

Natalie
この記事を書いた人
食べる事が大好き。お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨など駐妻らしからぬプチプラを好む傾向に。激辛激甘に目がない駐在4ヵ国目のライター