シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

高品質でリーズナブルなお肉が豊富。カットや下味の注文で自在に利用できる!Jun’s Butchery

特別な時のご馳走から普段使いまでOK!上質なのにお値打ちな牛肉、豚肉、鶏肉が豊富

高品質でリーズナブルなお肉が豊富。カットや下味の注文で自在に利用できる!

2019年7月にシンガポールにあった韓国系肉店から独立しオープンしたJun’s Butcheryは、Valley PointやGreat World Cityから近く、リバーバレーにある日韓の精肉販売店。牛肉はもちろん、豚肉、鶏肉の各部位から、韓国系のお総菜、食材を扱っており、日本人、韓国人だけでなく多くのローカル客で賑わうお店です。

ショーケースの中には牛カルビ、ハラミ、テール、タンなどカットされたパックがずらり。

豚肉や鶏肉も色々な部位が揃っていて、何といってもカットがちゃんとされていて購買意欲を刺激されます。牛サーロインやリブロース、ラムチョップ、和牛もあります!

豚トロや豚肩ロース、日本人に人気の豚の薄切り肉もあり、お手頃価格で豊富な品揃え。

なお、鶏肉は全てマレーシア産のオーガニックファームにて、ホルモンフリーの鶏肉を毎朝入荷。こちらも日本人に人気の鶏モモ、胸肉、ササミ、手羽先まで、全てカット済なのが嬉しい限り。

そしてショーケースのお肉はなんと、全てチルド保存のみとのこと。シンガポールのお肉は船でひと月弱かけて運ばれるのが一般的ですが、ここのお肉は、空輸で冷蔵されたままお肉が運ばれてきているため、一週間も掛かっていないからだそう。

その他にも、冷凍コーナーには、鍋の具材に使えそうなモツ、ホルモン、骨付きカルビも。総菜コーナーには韓国系漬け物やキムチ、野菜や果物、ラーメンなどの食材もあり、幅広く食材を揃えられます

鴨肉や、合い挽きひき肉(200g・ 5$前後〜)。
ユッケ(100g・7$)は1日前までに予約でいつでも注文OK
お店を経営するHoonさんとJunさん。

Junさん(写真右)は特に日本語堪能なので、お肉の切り方、欲しいグラムなど細かい注文も可。味付けサービスもやっているので、気軽に聞いてみることをオススメします。

店主のJunさん、Hoonさんからひと言ー

Jun’s Butcheryでは、日頃のお買い物に気軽に入れるお肉屋さんとして、2019年リバーバレーにオープンしました。冷凍のお肉ではなく、チルドのみの新鮮なお肉を揃えておりますシチュー用、生姜焼き用、焼肉用、とんかつ用になどお料理によってミリ単位で切り方を変えられますので、気軽にお申し付けくださいね。

そのお肉でのオススメの使い方や料理をお伝えすることもできます。またお買い上げのお客様には、牛すじのパックをサービスさせてもらっています。ご入用の方はぜひお声かけください。(数に限りがございます)

ーJunさんオススメのお肉&メニューー
・豚トロ(6$/100g)を塩胡椒と野菜炒めなどで。
・自在に切り方を替えて提供できる、特選カルビ(9.9$/100g)。
・厚切りにできる牛タン(9$/100g)。タンシャブでもぜひ。
・お弁当や晩ご飯で使いやすい、ホルモンフリーの鶏モモ肉(2.5$/100g)。
etc…

ー実際に購入してみてー

筆者は取材当日、豚の薄切り肉200g(3.2$/100g)とキムチ(9$)を購入。牛すじ肉もお土産にもらい、当日は豚の薄切り肉を生姜焼きに、牛すじは翌日のおでんの具材として使いました。生姜焼きはいつも使っているスーパーの豚の薄切り肉が冷凍のものが多いのですが、それとは全く違いジューシーで柔らかい生姜焼きが完成!海外にいるからとちょっと諦めかけていましたが、素材がいいだけでここまで変わるんだとビックリ。

おでんに使った牛すじ肉は、使える部分はあまりないかなと思いましたが、ほとんど全部おでんに入れることができ、かなり肉汁たっぷり食べ応えのあるおでんになりました。まだまだ残っているので、次はビーフシチューにしたいと思います。


<店舗情報>
Jun’s Butchery
所在地:23 Hoot Kiam Rd,S249405
時間:10時〜22時
定休日:無休
電話・whatsapp:9859 – 4277
Line and Kakao ID : junsbutchery
※1月からデリバリー再開予定。100ドル以上で無料
グラブデリバリーも可


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


Natalie
この記事を書いた人
駐在4ヵ国目、2児の母。 日本で旅行情報誌の制作・編集を経て、在住国の海外邦人向け情報誌のライターへ。お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨などを好むプチプラ・ラバー。激辛激甘にも目がない。