シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

シンガポール警察、LGBTQ+の権利求めるデモ参加者3人逮捕

シンガポール警察は1月27日、ブオナビスタ地区にあるシンガポール教育省(MOH)の本部前で許可なしに公共の場で抗議活動を行ったとして、抗議をした5人のうち3人を逮捕しました。

1月26日の午後5時頃、5人は教育省前で抗議デモを実施。この抗議デモは、トランスジェンダーの学生が、ホルモン治療を受けようとしたところ、教育省によって妨害されたと主張した出来事がきっかけとなりました。一方、教育省は妨害したことを否定しています。

教育省による、LGBTQ+の生徒に対する差別的な態度を改めるよう訴えるべく、5人は「学生ではなく学校を正せ」「トランスジェンダーの学生を消すことはできない」などと書かれたプラカードを掲げ抗議活動を行いました。

警察によると、19~32歳の3人は解散するよう命じられたものの従うことを拒否し、許可なしに小規模デモを続けたとして逮捕されました。

その後、3人は1月26日の午後10時頃に保釈されたものの、捜査は続いています。

シンガポールの活動家カーステン・ハンさんのツイッターアカウントには、抗議デモの様子を伝える写真や動画がアップされています。

シンガポールでは男性間の性行為には最長2年の禁錮形が科せられるほか、同性婚が法的に認められていないなど、依然として同性愛には寛容ではないことから数々の物議を醸しています。


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。