公共住宅HDBの立体駐車場で15歳少年刺される。15〜20歳の少年ら4人逮捕

シンガポールのトア・パヨーで4月29日、15歳の少年が刃物で刺される事件が発生し、15〜20歳の少年ら4人が逮捕されました。

被害者と少年4人は立体駐車場で口論となり、そのうちの1人が刃物を出して被害者の少年を刺したとのことです。刺された少年は病院に運ばれ、搬送時には意識がある状態でした。

事件現場には、大量の血が飛び散っていました。

事件が起こった公共住宅HDBの居住者は、「睡眠中に口論する声は聞こえたが、そのときは子どもたちが遊んでいるだけだと思い、気にかけなかった」と述べています。

また、別の居住者は「逮捕された少年らは事件当時、被害者の少年に向かって、駐車場の屋上から突き落とすと脅しながら、刃物で刺したとの噂を耳にした」と話しています。

シンガポール警察は、事件の捜査を進めています。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!