注目のシンガポールのインターナショナルスクール、オススメ校10選!

治安面と衛生面の安心感から、常に移住したい国にランクインするシンガポール。最近では、留学したい国としても注目を浴びています。人気の理由はシンガポールのインターナショナルスクールの高水準な学力レベルにあります。今回ピックアップしたオススメ校10選を見ながら、その魅力をもう少し掘り下げてみましょう。




インターナショナルスクールの特徴・特色

英語・中国語・マレー語・タミル語の4言語を公用語とする、多民族国家のシンガポール。シンガポールのインターナショナルスクールでは、英語の他に中国語を学べるプログラムなどが豊富です。

欧米の学校への留学では心配されがちな数学の学力レベルも、同じアジアのシンガポールでは心配ご無用です。日本と同等または、昨今ではそれ以上の学力水準が評価されています。更にそこへ欧米型の学習意欲や自己肯定感を高める学習法が加わっているシンガポールのインターナショナルスクールなので、今とても人気の理由が見えてきます。


おすすめインターナショナルスクール10選

Stamford American International School

スタンフォード・アメリカン・インターナショナルスクール
住所:1 Woodleigh Lane (Off Upper Serangoon Road), S357684
電話:6653-2949
メールアドレス:admissions@sais.edu.sg
WEBサイト

学校の特徴

SAISでは生後2ヵ月から18歳までの生徒へ、総合的な教育を提供しています。シンガポールでは唯一のアドバンスドプレイスメント(AP)のほかに、国際バカロレアディプロマ(IBDP)、ビジネス&テクニカルエデュケーションカウンシル(BTEC)ディプロマ、USハイスクールディプロマの認可校です。

校内は75カ国以上から生徒が集まり、国際色豊かな雰囲気です。最近では、優秀な学校へ与えられるHoneykids’ Singapore Education Award 2021のインターナショナルスクール部門で銀賞を受賞しました。

SAISでは生徒一人一人の成功と、生徒が夢中になれるものを見つけることを、とても大切にしています。
-優秀な教師陣と思いやり溢れるコミュニティー
-パフォーミングアート、ヴィジュアルアート、デザイン、フィジカル エデュケーションを主要教科に含んだ、バランスの取れた教育
-テニスコート、スイミングプール、デザインスタジオなど世界クラスの設備
-全ての年齢に合わせたバランスの良い学童保育
-Early Learning Villageは生後2ヵ月~6歳児までを対象にしたプレスクールのキャンパスです。プレスクール全ての生徒へ国際的なプログラムを提供しています。

SAISでは生徒の帰属感と責任感を大事にしています。コミュニティの中で大切にしている4つの理念:誠実、勇気、独創性、思いやりです。非選択性の学校として、様々な異なる背景、全ての生徒を受け入れます。生徒一人一人が特別な個人であり、自分の可能性を見つける指導、助言、支援をしています。生徒達が人生の中の良い時も悪い時も乗り越えられる国際人になれるように見守っています。

[カリキュラム]
-国際バカロレアプライマリーイヤー/ミドルイヤープログラム
-アドバンスド・プレイスメント(AP)
-国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)
-ビジネス&テクニカルエデュケーションカウンシル(BTEC)ディプロマ

[学齢] 
-乳児ケア:生後2か月~
-プレナーサリー:生後18か月~
-ナーサリー:2歳
-プレ幼稚部:3歳
-幼稚部1:4~5歳
-幼稚部2:5~6歳
-グレード1:6~7歳
-グレード2:7~8歳
-グレード3:8~9歳
-グレード4:9~10歳
-グレード5:10~11歳
-グレード6:11~12歳
-グレード7:12~13歳
-グレード8:13~14歳
-グレード9:14~15歳
-グレード10:15~16歳
-グレード11:16~17歳
-グレード12:17~18歳

[教育言語] 
英語、北京語(中国語)、スペイン語

[クラス人数] 
5~24人(学年によって異なります。)

[日本語補習] 
SAISでは放課後、母国語プログラムという保護者や専門家によるレッスンを設けています。週のレッスンは日本語を含む様々な言語で行っています。

[EAL(英語補習)] 
WIDAテストの結果によって、EALが必要かを判断します。G1–G12はスコアが5〜6、KG2は4〜5またはそれ以上の場合、EALが免除されます。

[過去の実績] 
2021年度は100%の生徒が平均スコア35(3ポイント昨年より高い)にて、IBテストに合格しました。90%のディプロマの生徒がスコア6以上をとりました。70%以上のAPプログラムの生徒がスコア3以上をとり、平均スコアは3.3でした。90%のAP教科で、半数の生徒がスコア3以上でした。BTECの生徒も、プログラム1年目で素晴らしい成績を残しています。2人の生徒がパフォーミングアートの演技で、BTECの助成金を受けました。

[学費]
 $16,484~ $44,210 (学年によって異なります。)

保護者によるレビュー

はじめはシンガポールに住む友人から紹介されました。娘が日本でも水泳チームにいたので、スタンフォードの水泳チームにとても魅力を感じました。子供達はAPカリキュラムのインターナショナルスクールにいたので、転校はスムーズに行えました。

コロナがあり保護者がキャンパスに行くことはほとんどありませんでしたが、先生方にオンライン、電話、メールを使っていつでも相談できました。先生方は子供達の学力面だけではなく、精神的にもサポートしてくださいました。

スタンフォードにはたくさんの選択肢と可能性があります。もしもあなたのお子さんが興味を持ち挑戦したいと思ったら、言葉や文化の壁を恐れないでスタンフォードに連絡してみてください。



Grange Institution

グランジ・インスティトゥーション
住所:449 Yio Chu Kang Road, Singapore 805946
電話:6817-3630
メールアドレス:enquiry@thegrange.edu.sg
WEBサイト

学校の特徴

Grangeにとって“学び”と“学ぶ者”が教育の本質です。小規模でリーズナブルなインターナショナルスクールには、創造力が溢れています。生徒中心の考え方で、国際色と緑豊かな環境を子供に求める親御さんにはピッタリな学校です。

全ての子供は生まれつきクリエイティブです。正しい機会に恵まれたら、素晴らしいデザイナー、発明家、未来のリーダーになっている可能性があります。“Cre8tors-in-Action”という独自の教育理念で8つの適格性:構築&デザイン、環境の尊重、企業家スピリット、活動家、チームワーク&パートナーシップ、オリジナル アイディア、問題認識&リーダーシップを培います。

生徒はシンガポールの緑地帯の自然の中で学びを経験します。野外での授業によって生徒はより自信を持つことができ、より活発的になり探求心が増します。本校にはエコガーデンとアーバン・ファーミング・エリアがあり、“Green Granger”と呼ばれ、最新のSingapore Education Awardsでは金賞を受賞しました。生徒にとって自然を好きになるきっかけにもなっています。

Grangeはシンガポール政府が掲げるSingapore Green Plan 2030に賛同していて、生徒が今起こっている地球上の環境問題や持続可能性への気づくことを啓発します。生徒は深く考えることで、新しい革新的なアイディアを探究します。小規模校の大きな夢は、学校のカリキュラム、施設、実際に経験する学習体験を常に発展させることで、生徒が最適な学習機会に巡り合えるようにすることです。

[カリキュラム]
-ケンブリッジ プライマリー カリキュラム
-インターナショナル プライマリー カリキュラム(IPC)

[学齢] 
プライマリー1~6

[教育言語] 
英語

[日本人学生数] 
全生徒数の17%

[クラス人数] 
最大で24人

[日本語補習] 
あり
課外授業として日本語を含めた母国語プログラムを行っており、保護者と専門家を通して毎週定期的に学習することができます。

[EAL(英語補習)] あり

[過去の実績] 
-HoneyKids Asia Singapore Educational Awardにて、環境への取り組みの部門にて金賞を受賞しました。
-HoneyKids Asia Singapore Educational Awardにて、起業家教育の部門で銀賞を受賞。
-The inaugural Chinese Language Festival 2020/2021では、23人の生徒が30の賞を受賞。内1人の生徒は西アジアグループの (non-native) チャンピオンに輝きました。
-The Youth Chinese Testでは100%の合格率を誇ります。

[学費]
$18,988

 

保護者によるレビュー

英語の補習授業の先生が娘が自分のペースで学べる、学習メソッドを教えてくださいました。少人数制のクラスで娘は英語力に対する自信を培いました。現在娘は自信を持って英語を話していて、私達も彼女の進歩をとても嬉しく思っています。



EtonHouse International School

イートンハウス・インターナショナルスクール
住所:島内複数の場所に拠点有
電話:6746-3333
メールアドレス:admissions@etonhouse.edu.sg
WEBサイト

学校の特徴

IB World Schoolであるイートンハウスは、18ヵ月〜18歳を対象に英国のナショナルカリキュラムに沿ったIBPYP、IGCSE、IB Diplomaの水準高い教育を27年以上実践しています。イートンハウスは生徒の特性を大切にしています。小規模なキャンパスと恵まれた生徒-教師の比率から、生徒はそれぞれパーソナルな教育を受けることができます。全ての教師が生徒一人一人を理解しているという関係性に、生徒が安心して学べる環境を提供しています。

イートンハウスでは質問型のアプローチで生徒の興味に答え、生徒が独創性を持って考え、研究し、学習するプロセスを助長します。学習者中心教育では生徒が自主性、自発的な学び、批判的思考、問題解決能力や自信を養いながら成長していきます。イートンハウスの名高いバイリンガルプログラムは、多くの流暢なバイリンガルの生徒を生み出しています。北京語の他に、幾つかのキャンパスでは日本語をプレスクールから高校まで、EALプログラムでは英語が母国語ではない生徒の英語力をサポートしています。

イートンハウスが重視するのはテストに向けた準備ではなく、総合的な教育による生徒の“人としての成長”です。ECAと呼ばれる課外活動の中から自分の興味に合った活動に積極的に参加し、様々な新しい経験を通して視野を広げるよう生徒に呼びかけています。

イートンハウスはthe US-based Contentment Foundationとパートナーを組んでおり、科学的にも証明されたウェルビーイング カリキュラムを実践していて、何事も前向きな姿勢で望み、困難から立ち上がる力を培うことができます。そして、安心して通える、アットホームで健康的な学校の雰囲気を促進しています。

シンガポール国内に14のキャンパスがあり、プレスクールやプライマリースクールに通った後、オーチャードにあるセカンダリーや高校に入学、編入することも可能です。イートンハウスは120校、20,000人以上の生徒を含む、Multi-brand international education groupのメンバーです。$20,000の手頃な学費で良質な教育を提供しているミドルトン・インターナショナルスクールも含まれています。

[カリキュラム]
-プレスクール:2つのカリキュラムがあります。EtonHouseの教育方針である「問う、考える、学ぶ」を基盤にしたカリキュラム。もう一つは、IB PYPをナーサリー2から学習するカリキュラム。
-プライマリー:IB Primary Years Programme
-セカンダリー:UK Key Stages and IGCSE
-ハイスクール:IB Diploma

[学齢] 
-プレスクールからハイスクールまで
-プレナーサリーからYear13(18ヵ月から18歳まで)

[教育言語] 
-プレスクール:バイリンガルまたは北京語(中国語)のイマ-ジョン プログラムから選択が可能です。
-プライマリー:バイリンガル(英語と北京語)のイマ-ジョン プログラム
-セカンダリー&ハイスクール:英語と第二外国語のオプション

[日本人学生数] 
日本語が学べるキャンパスでは全生徒数の15%ほどが日本人です。その他のキャンパスでは日本人は少数ですが、多様性があり国際的でアットホームな校風です。

[クラス人数] 
クラスの人数はキャンパスや教室の大きさによって異なります。
プレナーサリー – 1:5 (最大18人)、ナーサリー1 – 1:7 (最大 24人)、ナーサリー2 – 1:10 (最大24人)、 キンダーガーテン1 – 1:12 (最大24人)、キンダーガーテン2/Year 1 – 1:15 (最大24人)、Year 2~13 – 1:24 (最大24人)

[日本語補習] 
下記キャンパスにて実施しています。
プレスクール:Newton, Robertson Walk, Mountbatten 223, Broadrick (K1以上) キャンパス
プライマリー:Broadrick, Orchard ,Thomsonキャンパス
セカンダリー&ハイスクール:Orchardキャンパス

[EAL(英語補習)] 
英語のサポートが必要な全ての生徒にEALクラスを提供しています。英語力が特に乏しい場合には、別額で徹底的に学習できるIntensive EALもあります。テストの結果によってEALのレベル分けをし、Year7以上の生徒は入学する際、以下のCEFRのレベルに達している必要があります。Y7:A2, Y8: A2+, Y9: B1-, Y10: B1+, Y11 (FIB): B1=, Y11以上:B2。

[過去の実績]
-2021年にIGCSEにて初めて生徒が表彰されました。39.2%がA* ~ A、84.1%がA* ~C
-2022年には初めてのIB Diploma卒業生を送り出します。

[学費]
プレスクール:$22,680~、プライマリー: $28,213~、Year 7~13: $28,880~$33,000(税抜)

保護者によるレビュー

私たちがEtonHouse Broadrick に決めた理由は、「英語初心者にも手厚いサポートがあること」、「家庭的で温かい雰囲気がありつつ、必要な設備は整っていること」、「日本語のクラスがあり、英語習得後の日本語の学習環境があること」でした。

やはり言葉の壁は厚く、特に上の子ほど苦労していますが、担任の先生をはじめ、専科の先生やPLOオフィスの方々まで、私達の状況を理解し支えて頂いています。特に担任の先生とは頻繁にコミュニケーションを取り、課題の進め方などを相談させてもらっているほか、私自身も毎朝PLOオフィスの方の温かい出迎えに励まされ、「この学校にして良かったなぁ」と実感しています。



Chatsworth International School

チャッツワース・インターナショナルスクール
住所:72 Bukit Tinggi Road, Singapore 289760
電話:6463-3201
メールアドレス:admissions.bt@chatsworth.com.sg
WEBサイト


学校の特徴

1995年にシンガポールで設立以来、Chatsworthはコミュニティに専心的かつ多様性をもつK-12インターナショナルスクールです。最高水準のIB教育を独自の教育理念で教育・啓発し、特別な価値を提供します。本校はHoneyKids Asia Education Awards 2021にてベストアート部門で金賞を受賞しました。

非選択性を推奨する学校として、全ての国籍、全ての能力の生徒を受け入れています。少人数制のクラスの中で、生徒達は自信を持って自己表現することができるようになると同時に、個々の個性が発揮できる場となっています。生徒と教師、また保護者との繋がりが密接であることも大きな特徴になっています。

学習活動からスポーツ、奉仕活動まで、国際的で優れた20の異なる国から集まった教師陣が、生徒自身が自分の可能性を最大限に引き出せるように導きます。少人数制のクラスルームでは、生徒が個人の学習と向き合い、自分の可能性への気づきになります。全ての生徒は責任を持つことで、スポーツや学校の代表になる機会が平等に得られます。生徒の幸せ(ウェルビーング)が本校の教育の本質です。生徒が学業的、個人的、社会的に成長するためのサポートをするチームもいます。

Chatsworth教育のカギとなる目標の一つに、責任感、尊敬心、思いやりのある国際人の育成があります。奉仕活動はカリキュラムの中でも必須です。まずは教室の中からコミュニティの内外で何が必要とされているかを考えることから始まります。年間を通してレベルを上げていき、Middle Years Programme (MYP)になると、実際に奉仕活動に参加します。

街の中心街から車で10分の、シンガポールの景色を一望できる場所に学校があります。コミュニティで信頼関係を築くことの方が学業での成功よりも尊いと考えています。生徒と一緒に支えるChatsworth Parent Group (CPG)と呼ばれる保護者のコミュニティもあります。

[カリキュラム]
国際バカロレアプライマリー/ミドルイヤー、ディプロマプログラム

[学齢] 
-幼稚部(3~5歳)
-プライマリーイヤー(6~11歳)
-ミドルスクール(12~15歳)
-ディプロマ(16~18歳)

[教育言語] 
 英語

[日本人学生数] 
全生徒数の11~12%

[クラス人数]
2:22 (K1-K2)、2:24 (Y1-Y3)、1:24 (Y3-Y13)

[日本語補習] 
ミドルイヤープログラム Year7 ~11で日本語の選択が可能

[EAL(英語補習)] 
あり
Years 1〜11で英語力にサポートを必要とする生徒は、総合的にサポートしてくれるEALプログラムが利用できます。第二外国語のフランス語や北京語(中国語)へ通う代わりに、週に2〜3回のEALのレッスンがあります。セカンダリーでの英語力の評価はWIDA screener testsを使用します。WIDAでは、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング全てを見て英語力が十分かを判断します。

[過去の実績]
2019年から3年連続、IBDP平均得点が36点。2021年には45点満点の得点者もいました。33%の生徒が38点以上を得点しており、33%の生徒が難関のバイリンガルディプロマを獲得しています。3年連続IBDPにて100%の合格率(36点平均)を残しています。IB MYPではシンガポールでも数少ない満点でのIB MYP修了しています。2021年には37%のMYP5が56点満点のテストで50点以上の成績を残しました。2021年の世界の平均は38点でしたが、チャッツワースの校内の平均点は46点でした。

[学費]
-出願料:$260、入学金:$2,600
-2021-22年授業料::$24,287~$33,429

保護者によるレビュー

先生方は生徒それぞれの個性や成長を大切にしてくれます。子ども達は英語が初級ですが、それぞれの成長ペースを尊重して温かく教えてくださっています。息子は編入して突然日本語が通じない環境に戸惑ったと思いますが、担任の先生がすぐにセカンダリーの日本語の先生を教室に招いて話し相手をしてもらい、それから落ち着きました。編入した時や、HBL(自宅でのオンライン授業)を初めて経験した時など、担任の先生方が気にかけて対応してくださり、感謝しています。また、クラスの保護者グループやチャッツワースに通う日本人保護者と編入してすぐに繋がる事ができたので、いろいろ教えてもらったりしながら安心して学校生活を始める事ができました。



Global Indian International School

グローバル・インディアン・インターナショナルスクール
住所:1) SMART campus Punggol、27 Punggol Field Walk, S828649
   2)East Coast campus、82 Cheviot Hill, S459663
電話:Punggol campus 6914-7100、East Coast campus 6914-7000
メールアドレス:admissions.sg@globalindianschool.org
WEBサイト

 

学校の特徴

GIISはGlobal Schools Foundationが運営する、ナーサリーからGrade12までを教えるアジア最先端のインターナショナルスクールです。世界9か国、25校のキャンパスのネットワークを持っています。本校のビジョンは、学業での優れた成績と同じく、スポーツ、アート、ミュージック、リーダーシップスキル、革新の促進と創造力、普遍的な価値と奉仕活動を重視する教育です。

本校はシンガポールに2つのキャンパスがあります。East Coast CampusはナーサリーからGrade10、SMART Campus, PunggolはナーサリーかGrade12までの生徒が、国際的なカリキュラム、またはインド式のカリキュラムの選択ができます。

代表的なSMART Campusでは、デジタルクラスルーム、スキルによって使い分けできる40のスタジオなど、生徒が好きなだけアイディアを探索できる環境設備が整っています。学習面では、優れた教師陣と個人としても21世紀のグローバルなリーダーとしてもバランスの取れた総合的な教育の結果が表れています。バランスの取れた生徒を育成することで、スポーツ、ミュージック、パフォーミング/ヴィジュアルアート、奉仕活動、リーダーシップ、趣味に関しても活発に興味を示すことができます。

[カリキュラム]
IB PYP (International Baccalaureate Primary Yearsプログラム) – Grades1~5、
Cambridge CLSP -Grades6~8、Cambridge IGCSE -Grades9~10、
IBDP (ディプロマ プログラム – Grades11~12)
CBSE(インディアン セントラル ボード カリキュラム) – Grades1~12
Global Montessori Plus Programme(モンテッソーリ)-ナーサリー&キンダーガーテン

[学齢] 
ナーサリー&キンダーガーテン (2歳半~5歳)
小学校Grade1~5 (6歳~11歳)
中学校Grade6~10 (12歳~16歳)
高等学校Grade11&12 (17歳、18歳)

[教育言語] 
英語

[日本人学生数] 
GIISには日本を含む色々な国からの学生がいます。
GIISの日本校では50%が日本人です。

[クラス人数] 
ナーサリー:15人
キンダーガーテン/ 小学校:25~30人
中学校/ 高等学校:25~30人

[日本語補習] 
なし

[EAL(英語補習)] 
GIISでは英語に慣れていない生徒へEnglish Language Support Programme (ELSP) というプログラムを提供しています。このプログラムではベーシックな英語でのコミュニケーションの勉強を、個別指導を沢山取り入れて教えていきます。

プログラムの目的は、英語が初めての生徒でも英語を理解して、周りの人たちとコミュニケーションを取れるようにすることです。生徒には必要に応じて週に1〜2回のELSPクラスがあります。学期の終わりに英語力のレベルを評価します。

[過去の実績]
-生徒はバランス良く、スポーツ、音楽、アプリ開発を含むテクノロジーや他のエリアでも高い目標達成をしています。
-2021年には54%のIB Diploma Programmeの生徒が45点満点中40点以上を記録。
-校内でのIBDPの平均が38.82点。これは国内のインターナショナルスクールの平均点よりも高く、本校卒業生は世界のトップ大学への入学を決めています。
-2021年に本校生徒16人がIB World Toppers(45/45)となり記録を塗り替えました。その他9人は満点に近い44/45でした。
-IGCSEの結果も秀でており、84%の生徒がCambridge IGCSE 2021 examsにおいてAまたは A*を獲得しています。  

[学費]
$12,105 to $32,967 (ナーサリーからGrade12まで、選択したカリキュラムによって変動します。)

 

保護者によるレビュー

私が一番はじめに驚いたことはGIISの設備でした。私は日本と比べてどうなのかなと心配していました。GIISにはキッチンスタジオや撮影用のスタジオなどがあり、とても驚きました。全ての施設はとてもキレイに整備されていました。私はずっと日本に暮らしていたので、インターナショナルスクールでの数学レベルは低いと思っていて、そこが悩みの種でした。しかし、GIISでの数学は日本と同じか、それ以上のレベルでした。娘の英語力も心配していましたが、先生が常に気遣い献身的に教えてくださいました。



Dover Court International School

ドーバー・コート・インターナショナルスクール
住所:301 Dover Road, S139644
電話:6775-7664
メールアドレス:admissions@dovercourt.edu.sg
WEBサイト

 

学校の特徴

Dover Courtはシンガポールの中心に位置した国際的で多様化した教育コミュニティです。本校では多様な強さと才能を持った子供達に教育を平等に提供します。生徒達はエネルギッシュで明確、やる気、自信、そして気遣いがあり、熱心です。英国スタイルの国際教育校の強みの一つとして、生徒のモラル、フィジカル、感情的、審美的、社会的、学習的、全ての成長が個人のベストに伴っています。この成果はTAや指導教員のサポートによって成り立っています。

アジアの素晴らしい街の中心で、優れた施設が設備されていることはとても恵まれています。世界中から最高の教師陣を迎え、その他のスタッフも全て生徒に力強いサポートをしています。ノード・アングリア教育の一員として、スタッフの実力が教育の第一線にあると考えています。

DCISのメンバーになったということは、コミュニティの一員にもなったということになります。本校は子供達にとって安心して、学んで輝き、幸せに過ごせる環境を提供しています。 Dover Court Association (DCA)は保護者が学校や保護者間で情報交換できる会です。本校やシンガポールに新しく加わってもDCAのメンバーが何でも教えてくれます。

[カリキュラム]
-Early Years Foundation Stage
-English National Curriculum
-International Primary Curriculum
-IGCSE
-International Baccalaureate Diploma Programme
-BTEC International
-ASDAN

[学齢] 
-Early Years Foundation Stage、3~5歳
-Primary School Years 1~6、5~11歳
-Secondary School Years 7~11、11~16歳
-Sicth Form Years 12~13、16~18歳

[教育言語] 
英語

[日本人学生数] 
120人

[クラス人数] 
最大24人

[日本語補習] 
現在はありませんが、来年度よりスタートします。

[EAL(英語補習)] 
英語が母国語ではないYear8以上の生徒は、EALプログラムに参加できます。英語のレベルは、CEFR (Common European Framework of Reference For Languages)に則って評価します。生徒のスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの学力をみて、必要なサポートをします。

EALの生徒は他の生徒と同じクラスで授業を受けます。英語のレッスンの時にだけ、移動します。EAL生徒を含めた全ての生徒がカリキュラムに沿って学習できるよう、教師陣がサポートしています。EALのTAは通常のクラス中でも必要に応じてサポートします。

さらに集中的に英語を学ぶ必要のあるEALの生徒は専門の講師によるレッスンがあります。このレッスンは1日に2回、英語と北京語(中国語)の授業の代わりに受けます。必要によって数学やIPCの時にも別にサポートが受けられます。EALは生徒に十分な英語力が備わるまで続きます。

[過去の実績]
-2021年:IBDP平均36点、最高44点、2 バイリンガル ディプロマ (日本語)
-2020年:IBDP平均37点、最高44点
-2019年:IBDP平均33点、最高41点

[学費]
 $22,000 – $34,000

 

保護者によるレビュー

息子二人がドーバーに在学中です。長男は2020年4月、次男は2019年8月から、現在はYear3とYear6です。学校は、小さすぎず、大きすぎず、中規模で非常に管理が行き届いた学校という雰囲気。義理の姉が40年前にシンガポールに住んでいた時から運営していたと聞いて、伝統がある学校という印象を持ちました。実際に初めての面談の為に家内と訪問してみたところ、家内が「自分が通っていた学校に少し似ている」との事で気に入りました。

コロナ禍の前は、保護者が学校に行く機会が多く、クリスマスの発表会や学年ごとの発表会、水泳大会、運動会など盛りだくさんです。クリスマスのイベントでは子供たちのパフォーマンスに涙腺崩壊してしまいました。先生方も素晴らしいです。経験豊富な先生と若い先生が効果的に融合しているという印象を持っています。

 

Overseas Family School

オーバーシーズ・ファミリースクール
住所:81 Pasir Ris Heights Singapore 519292
電話:6738-0211
メールアドレス:recruitment@ofs.edu.sg
WEBサイト

 

学校の特徴

-世界約60ヵ国から教師・児童・生徒たちが集まる国際的な環境
-英語を初めて学ぶ児童・生徒でも安心の「Study Preparation Program(SPP)」
 英語のみならず他教科においても英語のサポートを提供
-全学年、通常カリキュラムに組み込まれた「日本語母語プログラム」
-国際バカロレア(IB)で満点獲得の生徒も輩出する定評ある教員の高い指導力

[カリキュラム]
-幼稚園:2~5歳の児童に特化した国際アーリーイヤーズカリキュラム(International Early Years Curriculum)
-小学校(1年生−5年生):5~10歳の児童・生徒を対象とした国際初等カリキュラム(International Primary Curriculum)
-中学校(6年生-8年生):国際バカロレアミドルイヤープログラム
-高校(9年生-12年生):9−10年生:国際バカロレアミドルイヤープログラム及びケンブリッジIGCSE
   (11年生ー12年生):国際バカロレアディプロマプログラム

[学齢] 
-幼稚園:Pre-K1(2歳)~K2(年長)
-小学校:Grade 1~Grade 5
-中学校:Grade 6~Grade 8
-高校:Grade 9 ~Grade 12

[日本語補習] 
-全学年を通じて通常のカリキュラムの中で学習可能(別途授業料不要)
-年少~5年生: 日本語母語プログラム
-6年生~10年生: IB MYP Language & Literature
-11年生~12年生: IB DP Language & Literature

[EAL(英語補習)] 
-英語学習プログラム(Study Preparation Program)
-総合的な英語力を短期間で習得する充実のサポート
-科学(理科)、数学(算数)及び社会など英語以外の教科においても独自開発のプログラムにより学習をサポート

[過去の実績]
-国際バカロレアディプロマプログラムにて平均点37を得点
-生徒の34%が45点満点を含む40点以上を得点

[学費]
-Pre-K1 (半日)$16,000
-Pre-K1 (全日)&Pre-K2 (全日)$26,000
-K1-K2 $30,000
-小学校 (Grade 1-5)$32,500
-中学校 (Grade 6-8)$35,000
-高校  (Grade 9-10) $39,500
     (Grade 11-12) $41,000



One World International School

ワンワールド・インターナショナルスクール(OWIS)
Nanyang Campus: 21 Jurong West Street 81, S649075
Suntec Campus: 1 Raffles Blvd, Suntec City, Level 3, S039593
Nanyang Campus: 6914-6700 ; Suntec Campus: 6914-7240
メールアドレス:admissions@owis.org
WEBサイト


学校の特徴

2008年に開校したワンワールドインターナショナルスクール (OWIS)は、多国籍の生徒全員が、多岐にわたる文化や価値ある学びができる環境の中で、可能性を開花できる教育を提供しています。

シンガポールに2つのキャンパスを構えており、広大な敷地を持つナンヤンキャンパスには、幼児部から高等部まであり、シンガポールの中心にあるサンテックキャンパスは、幼児部からグレード5までの生徒が学んでいます。更に2023年には、早期幼児教育からグレード10までのキャンパスがプンゴルに開校予定となっています。

国際バカロレアプライマリーイヤープログラム (IB PYP) を幼児からグレード5まで、モディファイドケンブリッジ: グレード6~8、ケンブリッジIGCSE: グレード9~10、国際バカロレア・ディプロマプログラム: グレード11~12のカリキュラムに沿っています。生徒達はバランスのとれたカリキュラムの中で、探求型の教育を、IB訓練を受けた経験豊富な教師陣から学んでいきます。

21世紀に必要な批判的思考、コラボレーション、科学的探究、創造性、リーダーシップ、リサーチと分析、レジリエンス、国際的視野を持てるような教育を行います。また、スポーツ、アート、音楽、パフォーマンスアート、野外活動の施設も充実しています。デジタル世代である現代の生徒達に不可欠な、テクノロジーの知識や技術習得ができる教育も行います。

学業と同等に、人間的価値の中核である、優しさ・尊敬を教師陣がロールモデルとなって生徒に伝えています。生徒達は、カインドネスリーダーシッププログラム、クラスプロジェクト、スペシャルイベントを通し、人間的価値の大切さを学んでいきます。

幼少期からこれらの基礎を固めていくことで、気付く力・共感する力を持ち・責任ある行動がとれる未来のグローバルシチズンが育んでいけると考えます。

[カリキュラム]
-国際バカロレア・プライマリーイヤープログラム: 幼児からグレード5まで
-モディファイドケンブリッジ: グレード6~8
-ケンブリッジIGCSE: グレード9~10
-国際バカロレア・ディプロマプログラム: グレード11~12

[学齢] 
-ナンヤンキャンパス
・早期幼児教育1~3才
・プライマリー グレード1~5(7~11才)
・セカンダリースクール グレード6~10(12~16才)
・国際バカロレアディプロマプログラム グレード11~12(17~19才)

-サンテックキャンパス
・早期幼児教育1~3才
・プライマリー グレード1~5(7~11才)

[日本語補習] 
なし

[EAL(英語補習)] 
あり:Grade1~5まで
小学部は英語が第二言語である生徒の為のEALプログラムがあり、このプログラムでは、各生徒に合った英語学習をアクティビティなども通して行われ、英語をマスターしていきます。

[過去の実績]
-生徒: 4年連続A*-C獲得者が90%以上
-2021年アジアリーダーシップ賞でカストマ―・セントリック・エクセレンスを受賞
-19回ワールド・エデュケーションサミット(WES 2021)においてイノバティブプラクティス・アカデミックエクセレンスを受賞
-IMC RBQNA Trust主催のメイキング・クオリティ・ハプンを受賞

[学費]
-ナンヤンキャンパス:$17,970~$20,661
-サンテックキャンパス:$18,860~$22,000

保護者・生徒によるレビュー



XCL World Academy

XCL ワールド・アカデミー
住所:2 Yishun street 42, Singapore, 768039
電話: 6871 8835
メールアドレス:admissions@xwa.edu.sg
WEBサイト

 

学校の特徴

XCL WORLD ACADEMYは2歳から18歳までの生徒を対象としたご家庭に寄り添うインターナショナルスクールです。充実した国際バカロレア教育プログラムを提供し、学力と生涯学習のスキルの取得や、進学やキャリアに向けての準備のみならず、人生における困難を乗り越え、機会を掴む指針となるよう子どもたちをサポートしていきます。

[カリキュラム]
国際バカロレア (PYP, MYP, DP, CP)

[学齢] 
-ナーサリー (2~3歳)
-アーリーイヤーズ (Pre-K – KG2、 3~6歳)
-小学 (グレード1~5、6~11歳)
-中学 (グレード6~12、12~18歳)

[日本語補習] 
Grade1からGrade10の放課後課外活動として、日本語母国語プログラムを提供しています(無料)。さらに、Grade11&12の生徒は、ディプロマ・プログラム、日本語A「言語と文学」をカリキュラム内の科目として選択できます。

[EAL(英語補習)] 
グレード1から10までの生徒にEALプログラムを提供しています。

[過去の実績]
IBディプロマの合格率は今年も引き続き100%を維持しています。最高スコアは満点の45ポイントで、卒業生の20%が上位9%にあたる40ポイント以上を達成。今年の平均スコアも35ポイントと非常に高く、世界平均を大幅に上回る結果となっています。これまでに受験した生徒の90%近くが30ポイント以上を超えています。

さらに、卒業生の38%がバイリンガルIBディプロマを取得。生徒のパーソナリティおよび文化的アイデンティティを共有することで、異文化間の意識を高めるという学校の信念を反映しています。

[学費]
-ナーサリー&アーリーイヤーズ:$14,920~$34,200
-小学校(グレード1~5):$34,200~$35,500
-中学校(グレード6~10):$40,060~$40,450
-高校(グレード11~12):$41,490~$41,860

 

Tanglin Trust School

タングリン・トラスト・スクール
住所:95 Portsdown Road, Singapore 139299
最寄り駅: Buona Vista または One North. バス番号:191
電話:6778-0771
メールアドレス:admissions@tts.edu.sg
WEBサイト

 

学校の特徴

タングリン・トラスト・スクールの学風と厳しいイングリッシュ・ナショナル・カリキュラムをベースに幅広い分野を学ぶアプローチを大切にしながらも、多様性を尊重し、国際水準のカリキュラムも提供しています。

キャンパスはイギリスBSO(教育監査局)の基準に従った設備環境を実現し、3年ごとにある監査では、最も高いグレードであることが認定されています。

幼稚園は、アジアで初めてインファント・クオリティ・マークを授与され、キュリオシティ・アプローチ認定校となっています。さらに、イギリス国外にある学校として、ユニセフのライト・リスペクティング・スクールを唯一受賞しました。

“想像力を伸ばすレベルの高いカリキュラムをベースに行われる授業は、生徒たちがどのレベルから始めても力を伸ばせるように構成されています。精神面、道徳面、社会性や文化的な成長を促す、重要なカリキュラムです。” BSO監査員。

[カリキュラム]
英国式を基本にした国際基準のカリキュラムで教えています。

[過去の実績]
-2021年度卒業生の97%が第一または第二希望の大学へ進学
-2021年度IBディプロマ結果:86%の生徒が38ポイント以上のハイスコアを獲得
-2021年度Aレベル結果:全グレードの 70% が A* または Aを獲得
-(C11I)GCSE結果:C16全グレードの83% が A* または Aを獲得

[学費]
-インファントナーサリー – $28,794、インファントレセプション – $35,295
-インファントイヤー 1~2 – $35,850、ジュニアイヤー 3~6 – $37,575
-シニアイヤー 7~9 – $43,095、シニア10~11 – $45,105
-シックスフォームイヤー 12~13 – $46,965

学費の詳細についてはWEBサイトをご確認ください。

 

保護者・生徒によるレビュー

先生方がいつもサポートしてくれる学習環境と素晴らしい機会を与えられたことで、入学当時はとても恥ずかしがり屋だった私が自信にあふれた若者に成長することができました。



バランスの良い教育で未来の国際人

どの学校もそれぞれ特色があり、詳細を比べてみるだけでもとても楽しいですね。シンガポールのインターナショナルスクールでは英語の補助授業としてEALプログラムがありますが、海外生活の中で子供達が日本語を忘れないように日本語のプログラムがある学校も多くあります。

転勤者の多いシンガポールでは、シンガポールの学校に就学した後に、日本や欧米に引っ越すことになった場合もスムーズに勉強を続けられる共通のプログラムがあるのも嬉しいですね。体育や美術にも重きをおいているので、シンガポールのインターナショナルスクールではよりバランスの良い教育が受けられると思います。文武両道、心身共にバランス良く、グローバルに活躍する未来の国際人が育っています。

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!