シンガポールのコンセント事情!電圧やプラグについても詳しく解説

シンガポール旅行やシンガポールへの出張、留学の準備でまず確認しておきたいのがコンセントの種類や電圧事情です。コンセントの種類は国によって異なるため、日本の電化製品はそのまま使えるのか確認しておく必要があります。シンガポールへの渡航前に必ずみておきましょう。




シンガポールの電圧は200〜240V

日本の電圧は100Vで、シンガポールの電圧は200〜240Vなので日本の電化製品をそのまま使うことはできません。無理矢理使用しようとすると故障の原因や感電、発火の事故などに繋がってしまうので注意が必要です。


シンガポールのコンセント事情

シンガポールのコンセントはBFタイプ

シンガポールのコンセントの形は、長方形の穴が3つ空いているBFタイプです。日本のコンセントの形に比べると見慣れない気もしますが、シンガポールではBFタイプが一般的です。

日本は2つ穴のAタイプのため、そのまま使用することはできません。シンガポールに渡航する際には、BFタイプの変換プラグが必要となります。


変換プラグは必須

変換プラグがあれば、日本の家電製品(200〜240Vに対応している製品のみ)をシンガポールで使用することができます。1つのプラグ専用になっているものと複数のプラグに対応しているもの主に2種類あります。シンガポールの電化製品を安く購入できるシムリム スクエア(SIMLIM SQUARE)などでも販売していますが、渡航前に余裕をもって準備しておくことをおすすめします。


BFタイプの変換プラグはAmazonや楽天市場などで購入可能

変換プラグは、Amazonや楽天市場などのネット通販で簡単に購入できます。ビックカメラや100円ショップ、空港でも購入できるので買い忘れた際にもすぐに手に入ります。1つのプラグ専用になっている簡易型は500円前後とリーズナブルです。めったに海外旅行しない方やシンガポールに移住が確定していてBFタイプのみを使う方は、このタイプがおすすめです。

複数のプラグに対応しているマルチ変換プラグは海外旅行によく行く方や他の滞在先でも使いたい方はこちらがおすすめです。世界中のコンセントに対応しているので、滞在先の国に合わせて買い換える必要がないのも嬉しいポイントです。


日本の家電製品はそのまま使えるのか

持参する電化製品の対応電圧を確認しましょう。対応電圧が100Vとなっていて国内のみに対応しているものは、変圧器が必要となります。iPhoneやノートパソコン、カメラなどの電子機器は全世界対応になっていることが多いので、その場合は、変圧器は必要ありません。そのため基本的な日常生活を送るうえでは、変圧器がなくても不便はないでしょう。


意外と多いどこでも使える海外対応製品

最近では普段使う機会の多い電化製品は、日本や海外どこでも使える海外対応製品が多くなってきました。そのため滞在先の変換プラグだけを用意して身軽に渡航できるのは嬉しいですよね。代表的なのはスマホやタブレットです。カメラやゲーム機なども変圧器が不要なタイプの製品が増えてきていて、変換プラグで充電して使えるケースがほとんどです。

しかし、ドライヤーや炊飯器など消費電力が大きいものは変圧器でも対応できないケースがあるので、シンガポールで購入してもいいかもしれません。


シンガポールで電化製品を使用する際の注意点

シンガポールのコンセントには、コンセントの横にスイッチがついており、オンオフができるようになっています。シンガポールの電圧は日本の2倍とかなり高いので、プラグを扱う際はスイッチを利用するなど注意して使用しましょう。シンガポールの電圧に対応していない電化製品を使用すると、パフォーマンスが弱くなり故障の原因になるため持参する電化製品の対応電圧を事前に確認しておきましょう。


シンガポールのコンセント事情をおさらい

シンガポールでは変換プラグを持っていけば、ほとんどの電化製品が使えます。持参する電化製品の対応電圧を確認しておきましょう。また滞在先のコンセント事情について事前に調べておくのもいいかもしれません。電化製品をシンガポールで使用する際には安全に使用し、渡航前に準備しておくことをおすすめします。

記事内容は執筆時点の情報に基づきます。




この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!