パンからビール?シンガポールで「食のアップサイクル」進む

シンガポールではイノベーションや技術とごみゼロ生産の結合を図る食品会社の増加に伴い、廃棄される食品や副産物を活用し高価値商品を作る「食のアップサイクル」が進んでいる。

コンフェッティ・スナックスはそんな企業の1つ。農園などから“ブサイクな生産品”を調達して野菜/果物チップスを製造している。

2018年の事業開始以来、同社野菜/きのこスナックの売上は前年比成長率で平均312%を達成している。

ビールメーカーのクラスト・グループはレストラン/ホテルの残りもののパンや余剰食材からクラフトビールを製造。

2019年の設立ながら、昨年日本に進出し、アマン東京を含む高級ホテルのミニバー用にビールを提供中だ。

シンガポール企業庁は増加するフードテック企業の支援に積極的だ。食品製造部門の幹部は「気候変動や事業コスト増を受け、企業や消費者は持続可能性の取り組みを重視しており、フードテクノロジーは成長が期待できる」としている。



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!