ダイキンの「ストリーマ」技術って何???

「ストリーマ技術」は、新型コロナウイルスの従来株・変異株はもちろん、様々なウイルス、細菌、花粉、ダニ(フン・死骸)、ホルムアルデヒド等の有害化学物質、ニオイなどへの効果を実証しています。

「ストリーマ技術」のメカニズムや各効果の実証結果をわかりやすくご紹介します。

「ストリーマ」ってよく聞くけど、どんなものなの?
そうですよね。カタカナで「ストリーマ」と呼んで、「コロナウイルスなどに効果がある!」などと言っていますが、よくわかりませんよね。

それではダイキンの「ストリーマ」について、簡単に説明します。
「ストリーマ」は、ダイキン工業が2004年に開発した、空気をキレイにする技術をこのように呼んでいます。
空気中の有害なものを強力に分解し無効化する技術です。

雷のように見える「ストリーマ放電」は、100,000℃の熱エネルギーに匹敵します。

ストリーマの効果は、例えば、新型コロナウイルスはもちろん、その他の様々なウイルス、細菌、花粉、ダニ(フンや死骸)、ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質やニオイなどを分解し無効化します。
いつも身近に潜んでいる空気中のたくさんの有害なものに効果があるんですね。嬉しいです!
しかし、100,000℃の熱エネルギーですか!イメージできないけど(笑)
もう少し知りたい方に、ご説明を加えます。

「ストリーマ」による有害物質を分解する技術は、鳥インフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、マウスノロウイルス、細菌(レジオネラ菌、大腸菌、緑膿菌)など7種類、アレル物質(スギ花粉、カビ、ダニのフンや死骸)など30種類、有害化学物質19種類、さらにO157、ノロウイルス、ニオイの原因菌(洗濯物の生乾き臭など)に効果があることを大学や公的研究機関と共同で実証しています。
そんなに多くの有害物質に効果があるんですね!
もちろん、「ストリーマ」は、新型コロナウイルスの不活化も実証しています。

新型コロナウイルスの従来株はもちろん、アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株、オミクロン株の不活化した効果を次々に実証しています。

新型コロナウイルスを徹底的にやっつけていますね。びっくりしました。
ストリーマ技術の仕組みやメカニズムについて、YouTubeの動画で簡単に説明しています。興味のある方はご覧ください。



また、ダイキン工業のWebコンテンツストリーマ技術研究所にも、ストリーマの効果の実証結果などを説明しています。

 

ストリーマについてご理解いただけましたでしょうか?
ダイキン工業は、ストリーマ技術の可能性や有効性を追求するために、効果の検証を継続しています。
ストリーマの意味や仕組み、その効果がわかりました。
目に見えない空気中の有害なものを徹底的に分解し、空気をキレイにしてくれるんですね。

ストリーマ、欲しいです!!


<シンガポールでのダイキン製品に関するお問い合わせ先>

Daikin Airconditioning (Singapore) Pte. Ltd.

お問合せはWhatsApp/SMS/TELで。
下記URLをクリックするとWhatAPPのチャットが開きます。
 
9845-9406(高橋)
https://wa.me/6598459406
 
8692-8618(矢谷)
https://wa.me/6586928618






最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!