【読者限定プロモーションあり!】広瀬すずと松坂桃李W主演『Wondering』(邦題:流浪の月)公開!読者プレゼントあり!

原作は凪良ゆう作、2020年日本本屋大賞受賞『流浪の月』を李相日監督が描く、15年前の真実。心の奥に隠された物語。

毎日色々なニュースが報道されています。強盗や殺人、暴力事件や頭脳犯罪など。しかし、そんな犯罪も違う方向から見つめてみれば、新しい真実が見えてくるかもしれません。もしくは全く異なる真実が。

孤独な二人を描く『Wondering』、シンガポールで公開です。プロモーション情報も紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。




映画『Wondering』(邦題:流浪の月)原作&スタッフ

出典先:Golden Village Pictures

原作は2020年日本本屋大賞を受賞した、凪良ゆうの小説『流浪の月』。その作品を李相日監督(『悪人』『怒り』)が映画化。

そして韓国の名撮影監督ホン・ギョンピョ(『パラサイト』『哭声/コクソン』)が撮影を手がけ、空や鳥など自然を限りなく美しく織り交ぜながら、深い人間ドラマを彩ります。

こんなパーフェクトな人々が結集して、映画『Wondering』(邦題:流浪の月)が生まれました。


キャスト

家内更紗:広瀬すず
1998年、静岡県生まれ。『僕らの妹』(2015年)の演技で、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞。翌年には『ちはやふる』で第40回日本アカデミー賞と、2つの賞を受賞しました。第40回日本アカデミー賞では、『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞、『ちはやふる-下の句-』で優秀助演女優賞を受賞。李相日とは『レイジ』に続いて2作目の共演となる。

佐伯文:松坂桃李
1988年、神奈川県生まれ。『侍戦隊シンケンジャー』(TV/2009年)で俳優としてのキャリアをスタートさせた。映画『夜明けまで』では、第36回日本アカデミー賞(2012年)新人俳優賞、『狼の血』では第42回日本アカデミー賞(2019年)助演男優賞、『ジャーナリスト』では、第43回日本アカデミー賞(2020年)最優秀主演男優賞を受賞している。

中瀬亮:横浜流星
谷あゆみ:多部未華子
ほか

日本公開は2022年5月13日。広瀬すずの新しい境地を見た、と絶賛の声があがりました。もちろん、松坂桃李の切なくなるような優しい眼差しも圧巻です。


ストーリー

19歳の大学生 文(松坂桃李)は、雨の降る夕方の公園で、ずぶ濡れでたたずむ10歳の少女、更紗(広瀬すず)に出会う。家に帰れない彼女の気持ちを察した文は、彼女の居場所となった。

出典先:Golden Village Pictures

ふたりは互いに手を取り合い、静かに暮らすが、2か月後、文は誘拐犯として、更紗は被害者となってしまう。

それから15年後、孤独な2人は偶然再会する。しかし、更紗には中瀬(横浜流星)が、文にはあゆみ(多部未華子)というパートナーがいた…。

出典先:Golden Village Pictures



李相日監督の思い

広瀬すずさんに更紗役をオファーしようと思ったきっかけについて問われ、「華やかな外見とは裏腹に、誰にも見せない芯の強さが役に重なった」と語っています。

出典先:Golden Village Pictures

また松坂桃李さんを文役に選んだのは、「穏やかで澄み切ったオーラにひかれたから」だと。

出典先:Golden Village Pictures

李監督は、「更紗と文のような関係は、現実には存在しないかもしれないが、そうであってほしいと願いながら、この作品に臨んだそうです。監督自身が救いを求めるような気持ちだった」と言います。

撮影監督ホン・ギョンピョは、「この映画は、社会の片隅で生きている人たちの物語であり、主人公2人は別れ、抑圧、痛み、孤独を経験しています。この美しい愛の物語を、独特の新しいリズムで映画に溶け込ませることに集中した」と語ります。

出典先:Golden Village Pictures


予告編

チケットはこちらから


日頃の感謝の気持ちを込めて、読者キャンペーン3連発!第1弾はこちら

日頃よりご愛読いただいている皆さまに、SingaLifeより日頃の感謝を込めたキャンペーン3連発を実施します。

第1弾は、ゴールデンヴィレッジよりSingaLife読者の皆さま限定で、映画公開より一足先にプレビュースクリーニングに5組10名様をご招待します。なお、18歳以上の方からご応募いただけます。


応募方法は以下の通りです。

①弊社SingaLifeのInstagramをフォロー、このキャンペーン投稿へいいね

@goldenvillagepicturesをフォローで応募完了


【日時】
2022年10月11日(火) 19時より 


【場所】

GV Suntec City
3 Temasek Boulevard #03-373 Suntec City Mall S038983

チケットは当日18:30より、GV Suntec City4階ロビーの専用デスクから受け取れます。受け取りの際に「シンガライフ」と言っていただき、キャンペーンに応募された方のお名前をお伝えください。

出典先:Golden Village Pictures

『Wondering』(邦題:流浪の月)
一般公開はGolden Village系列で10月13日(木)からです。



ぜひ劇場で流浪の月を!

すばらしいスタッフ、キャストが描く『Wondering』(邦題:流浪の月)。ぜひ劇場で日本の美しい景色と紡ぎ出される俳優たちの演技をご覧ください。

見終わった後、ハッピーエンドになるのか、バッドエンドになるのか、どういう思いが残るのか、ぜひご自身で見極めてください。



最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

林じゅん子

長崎県出身。バブル期の東京で浮かれて過ごし、そのままシンガポールへ。気がつけば20数年!香港映画がきっかけでアジア芸能にはまり、シンガポール初日本人芸能記者(自称)に。ラジオ、雑誌ともに芸能一筋、出会った芸能人は数知れず。 現在はエンタメ以外の3大好物、イケメン、おいしいもの、アニマルネタ目を光らせる。期間限定&新製品にも目がない、ローカルどっぷりジャパニーズ