シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

シンガポールのチャイナタウンで、マスク未着用で8人以上の集会。34人に罰金

シンガポール当局は2021年1月15日以降、チャイナタウンでマスクを着用していなかった人と8人以上で集まっていた人計34人に対し、一人当たり300シンガポールドルの罰金を科しました。

さらに当局は、11の店舗に対して1,000〜2,000シンガポールドルの罰金を科しています。これは、従業員と顧客との間に1メートル以上の距離を確保しなかった上に、8人以上の飲み会を許可したことが理由となっています。

シンガポール政府観光局(STB)によると、チャイナタウンの見回りを強化するため、1月15日以降から毎日、セーフ・ディスタンシング・アンバサダー(SDA)=監視員を配置しているとのこと。法と秩序に関わる事件等がある場合には、警察の介入も辞さない姿勢です。


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


アバター
この記事を書いた人
シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。