シンガポールの魅力的なインターナショナルスクール The Grange Institution!少人数制の個性を活かした指導で真の国際人を育てよう!

シンガポールのインターナショナルスクール、The Grange Institution は少人数制で子ども一人ひとりのユニークな個性や才能を引き出すことに熱心な学校です。日々変わる世界情勢の中でもたくましく生きていく術を身につけ、国際的に活躍できる大人になるにはどういう教育が必要なのでしょうか?魅力ある The Grange Institution の教育をみてみましょう!



シンガポールのインターナショナルスクール

シンガポールは日本からの駐在だけではなく、世界各国からの駐在家族が多く訪れている国です。また、最近では教育移住で渡星する親子もいます。

それだけにシンガポールのインターナショナルスクールは英国系、アメリカ系、インド系もあれば、カリキュラムも多種多様。選択肢が多いので迷ってしまいますが、逆にお子さまの特徴にあった学校が探せるというメリットもあります。インターナショナルスクールごとの特徴をみていくと必ずお子さまにあった一校が見つかるはず。

ここでは数あるシンガポールのインターナショナルスクールの中でも、未来のリーダーを育てるべく数年前に開校した少人数制の The Grange Institution の魅力をたっぷりお伝えします。


The Grange Institutionとは

魅力その1:少人数制による行き届いた指導

先生と生徒との比率は1:9で、1クラスの定員は最大24人。一人ひとりの個性にあった、きめ細かい教育ができる環境です。限られた生徒数と小規模な環境のなかで、子どもたちは自分たちが大切にされていることを感じられ、それぞれの個性を最大限に引き出すことを可能にしています。

アットホームな学校の雰囲気だけに生徒、先生、親たちも常に密なコミュニケーションをとることができるのも魅力の一つ。転校してきたばかりの生徒にも早く馴染めるようにスタッフが常に目を配っていつでも手を差し伸べられるので、少しシャイなお子さまも安心です。

魅力その2:多方面から考える力の習得

アート、地理、歴史、ICTとコンピューティング、音楽、体育、科学、社会、技術、言語、数学などの科目を学習することはもちろん、このそれぞれの科目で学習したことをベースにさまざまなテーマに沿った学習ユニットに取り組みます。

異なる科目間の関係性を捉え、世界のトピックや問題を多面的に捉えることができるようになります。こちらの表が学習ユニットの一覧。楽しく、かつ考える力が鍛えられそうですね!

出典:The Grange Institution


魅力その3:充実した英語力のフォローアップ

入学時に英語でのサポートが必要な生徒は、Additional English Language のクラスがあり、担任の先生などと連携し、普段の授業単元に必要な英語力のフォローアップを行っています。ここでも少人数制の良さが活かされ、生徒のレベルや状況によってきめ細かなフォローがされています。

英語ができないと親も子も不安が大きいものですが、子どもたちはAdditional English Language のクラスにより自信をつけていくことができます。

魅力その4:多様な文化背景

なんと21か国の国籍の生徒が在籍しています。異文化をもつ仲間に対して思いやりと理解をもつことが自然な環境です。このような環境の中で生徒たちは自然とお互いの生き方、信念、考え方の共通点と相違点を理解する力が身につき、寛容な心を育んでいます。

さらに、多様性を学ぶことは人間だけでなく、地球上の生物を尊重することにもつながるのだとか。自分たちの暮らす地球環境に対する尊敬と愛情の心も育つそうです。

魅力その5:緑豊かな環境

イキャンパスはシンガポールの「グリーン ベルト」沿いに位置し、都心とは違い緑あふれる環境の中にあります。

校内にはエコガーデンアーバン ファーミング エリアがあり、最新の Singapore Education Awards の Best Environmental Initiative 部門で金賞を受賞しました。

この環境を活かし、植物を育てる実験、新鮮な有機野菜や果物、食べられる花を学校のおやつとして味わえる「ガーデン トゥ テーブル」プロジェクトを支援する、Green Granger(グリーン グレンジャー)と呼ばれる活動などをおこなっています。また、1.5acre(エーカー)の緑地を生徒の野外学習スペースにするべく、現在開発中だそう。

このような緑豊かな環境の中で学習することで自然を愛し、サステイナブル(持続可能)を意識し、地球規模の問題をより深く理解する意図があるそうです。

魅力その6:学費が安い

通常であれば、専門的なプログラムを選択する場合は追加の学費などがかかりますが、The Grange では、多方面のプログラムを包括的に学ぶことが重要と考え、語学、アートなども追加費用などがかかりません。他のインターナショナルスクールに比べてお手頃な学費といえます。


The Grange Institutionの教育

カリキュラム

The Grange はシンガポールで初めてケンブリッジ プライマリー カリキュラムインターナショナル プライマリー カリキュラム (IPC) の両方を提供した学校です。教科型学習と探求型学習に同時に力をいれています。

ケンブリッジ プライマリー カリキュラムはケンブリッジ大学によって定められているカリキュラムで、英語、算数、科学において、各学年の到達レベルを定めています。

そしてその知識、技能、理解、処理、整理、発表できる場として同時に提供されているプログラムがインターナショナル プライマリー カリキュラム (IPC) です。テーマ別の学習ユニットに取り組み、学習したことを科目の垣根を超えてアウトプットしていくのです。

暗記やテストだけで終わることなく、実践的に学んだことを世界のトピックや問題に課題につなげていける学習ができるのは本当に貴重な体験です。さらにこのコアカリキュラムに加え、The Grange ではさまざまな視点から学ぶことができるよう、社会、体育、 芸術、 音楽、技術、言語などの専門科目が全て通常授業に組み込まれています

Cre8tors-in-Action©

The Grange の教育の最終的な使命はダイナミックで創造的な環境を提供し、卓越性を刺激し、幸せで自信に満ちた責任ある社会の一員を育成すること。そのため Cre8tors-in-Action© という8つのコア コンピテンシーを身につけるためのサポートをしています。

・何かを構築しデザインする力
・自然環境への意識
・起業家精神
・積極的社会参加
・チームワークとパートナーシップ
・発想力
・問題認識力
・統率力育成(リーダーシップ育成)


学齢

Primary Curriculum Year 1〜Primary Curriculum Year 6

現在開校4年目のため、生徒は Primary Curriculum Year 4 の学年が最高学年です。

付属のプリスクールもあり、プリスクールに通っている生徒はThe Grangeの小学校へそのまま入学することが可能です。

全員に目が届く、恵まれた環境で自然と触れ合いながら成長するとどんな大人になるんでしょう。グローバルでマルチアングルな思考を持った、世界で活躍するリーダーになれる可能性を開いてくれる学校です。インター校への入学をお考えなら、ぜひ一度ご検討を。新しい学習体験ができるのでは?



教育言語

英語

補足:選択制の専門科目として中国語を外国語の授業として学ぶことができます。また、日本語を母語とする学生への日本語授業もあります。それぞれ、長年語学を教えている経験のあるプロフェッショナルの教員が担当しています。

クラス人数

定員最大24人

ESL(英語補習)

Additional English Language のクラスあり(選択制の専門科目として選択)

基本的に最低限の英語力は必要。日本人教師も在校していることからケースバイケースではあるが、全く英語ができない日本人を受け入れたこともあります。

過去の実績

– Singapore Education Awards 2021 にて、環境への取り組み部門にて金賞を受賞
– Singapore Education Awards 2021 にて、起業家教育の部門で銀賞を受賞
– The inaugural Chinese language Festival 2020/2021では、23人の生徒が30の賞を受賞。内一人の生徒は東南アジアグループ (non-native) のチャンピオンに輝きました。
– The Youth Chinese Test は100%の合格率を誇ります。


学費

受験費用:S$500
入学費用:S$2,000
年間学費:S$18,988

その他、スクールバス費用や年度始めに文具用品(約S$72)や遠足の都度(約S$50)などが必要です。


保護者の声

アットホームで一人ひとりを大切にした教育が保護者の声から見ることができます。

私たちは年明けにシンガポールに来て、レオンはThe Grange Institution に通い始めました。

初日にエントランスに差し掛かった時、スタッフの方が「レオン君だね!待っていたよ!」と満面の笑みで手を振ってくれました。そこにいる一人ひとりみんなが温かく迎え入れてくれました。

このインターナショナルスクールは、生徒を中心としたアプローチをしています。子供たちの教育と幸せを考える素晴らしいチームによって運営され、学習が刺激的な旅であるようにユニークな場所を作り上げているのです。
シンガポールに引っ越してきてから、多くのインターナショナルスクールを見学しました。

その中でグランジを選んだのは、学校見学や先生方とのお話の中で、豊富な経験と明確な教育ビジョンを持っておられるからです。また、ケンブリッジ大学のカリキュラムも魅力的でした。この学校はユニークだと思いました。

娘は明るく素直な性格ですが、入学してからさらに性格が良くなり、自信がついたようです。
英語教室の先生は、6歳のAyakoの学習ペースに合わせて、魅力的な方法で授業を進めています。また、少人数制のクラスは、Ayakoの英語に対する自信を育むのに役立っています。

今では自信を持って英語で話すことができるようになり、私たちはその進歩にとても満足しています。お友達はいつも、学校の英語の授業には追加料金がかかるのに、グランジではかからないと言っています。
国際的な初等教育カリキュラムである Units of Learning は、ひとつの教科をさまざまな角度から学習するものです。

このシステムは世界中で認められているため、私たちが再び転校する際にも、子どもたちはスムーズに転校することができます。



見学ツアーの予約

年に1〜2回開催されるオープンハウスでは、常駐の日本人教員が日本人のご家族をサポートしてくれます。また、その他の期間でもご質問があれば日本語でのメールを受付可能です。入学担当者が日本人教員と共に返事をしてくれるそうです。

見学ツアーの予約はこちらから。


アクセス

シンガポールの北西部、アンモキオからほど近いところにあります。

The Grange Institution(ザ グランジ インスティトゥーション)
住所:449 Yio Chu Kang Road, S805946
電話:6817 3630
最寄駅:MRT Yio Chu Kang 駅(3キロ)
メールアドレス
WEBサイト



予測できない未来を生き抜く力を身につけよう!

これからの未来を国レベルではなく、地球規模で考え、グローバルなリーダーの育成を使命と感じている The Grange Institution。

これからの予測不能な未来を生きていく子どもたちにとって必要な力を引き出す教育がとても魅力的です。学校の生徒は陽気でのびのびとしていて、結束の固い絆で結ばれているとのこと。インターナショナルスクールをご検討の方はぜひ一度見学に行かれることをおすすめします!

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。


最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!