シンガポールのベーカリー、Tan Tock Seng病院のスタッフに食料品を詰めた贈り物の提供を開始

シンガポールのベーカリー「BakeryBrera&Fine Foods」は5月7日より、ケア・パッケージ(昼食または軽食を詰めた贈り物)を、新型コロナウイルスの集団感染が発生したTan Tock Seng病院(TTSH)の医療従事者や病院勤務者に届ける支援を開始しました。

TTSHでは4月に新型コロナウイルスの感染例が確認されて以降、クラスターが拡大。5月9日時点で、TTSHのクラスターに関連した感染者数は、43人に上っています。TTSHスタッフを取り巻く環境は厳しさを増しており、一般市民と交わらないように外で昼食を取ることを控えるなどスタッフの行動が制限されている現状や、スタッフの業務負担増、なかには市民から差別行為を受けた従業員もいるなど、悲惨な状況が続いています。

このような背景を踏まえ、ベーカリーは5月7日のフェイスブックの投稿で、TTSHスタッフに提供する食料品を詰めた贈り物の支援協力を市民に呼びかけました。

The surge of care pack orders from TTSH staff to TTSH staff got me curious and led me to discover the ‘dire’ situation…

Bakery Brera & Fine Foodsさんの投稿 2021年5月6日木曜日

ベーカリーのオーナーThrina Lowさんは、「常連客の多くがTTSHのスタッフだということもあり、今回の支援に踏み切った」と、現地メディア「マザーシップ(Mothership)」に伝えています。

支援開始初日には、支援者による8000Sドルにもおよぶ注文が殺到しました。これを受けLowさんは、TTSHの医療関係者の支援を希望する人は多いものの、どう行動に移すと良いのかわからない人がいることに気づきました。今回の支援によって、サポートを希望する人々がより実行に移しやすくなることを望んでいるということです。

ケア・パッケージは、TTSHのルールに従いながら医療現場に直接届けられます。

ランチまたは軽食の贈り物の支援を希望する場合は、ベーカリー「BakeryBrera&Fine Foods」のフェイスブックページからメッセージを受け付けるとのことです。

私たちにできることから医療従事者への敬意と感謝を示していけるといいですね。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。