魚の死骸が見つかったシンガポールのセントーサコーブの水路。その後、色が変化

1月12日午後、シンガポールのセントーサ島の東に位置する、セントーサコーブの水路が、ピンクがかった紫色に変化し、住民を驚かせました

1週間前には、水路から下水のような悪臭がしていました。その後、数日間で臭いがさらに強くなり、6日から9日の間に大量の魚が死んでいるのが見つかりました。セントーサコーブリゾートマネジメント(SCRM)は、8日に死骸が回収されているのを確認したということです。

魚が死んでいるのが見つかった数日後の12日、水路の色が変化しているのが確認されました。

シンガポールマリンガイドのFacebookページには、色が変化した水路と魚の死骸約1000匹の写真が投稿されています。

シンガポールの国家環境庁(NEA)は、9日以降に水をいくつか採取し、その結果を分析していると述べました。

シンガポール国立大学熱帯海洋科学研究所のサンドリック・レオン博士は、水域がピンクがかった紫色になったのは、ピコシアノバクテリアの異常発生によるものだと述べました。

リンや窒素などの栄養物質が流入すると富栄養の状態となり、藻類や微細藻類が大量発生し、水面の色が変化する現象が起こります。ピコシアノバクテリアのサイズは2マイクロメートル未満で、色素に応じて、ピンク、茶、緑、紫などのさまざまな色彩が見られます。

レオン博士は、過去2週間の継続的な大雨が、シアノバクテリアの異常発生の一因となった可能性があると付け加えました。

シアノバクテリアは、降雨パターンの変化など、突然の環境条件の変化に適応して生息することができます。その急速な適応性は、他の植物プランクトンや藻類に勝ります。「降雨により光の状態が低くかった。シアノバクテリアは低い光でより成長する可能性がある」と述べています。

今月の季節風の影響で、シンガポールでは先週末、大雨が続きました。1月2日は39年間で最も降雨量が多くなりました。

南洋理工大学アジア環境学部(ASE)のフェデリコ・ラウロ准教授は、魚の大量死の一般的な原因には、無酸素状態、藻類の異常発生によって生成される毒素、エラに損傷を与える可能性のある藻類の集中が含まれると述べました。

魚の死と水路の色の変化が関連しているかどうかは不明であると、海洋生態学の専門家は強調しています。

「海洋性のピコシアノバクテリアは、不快な臭いを生成することで知られていて、これが水路の悪臭の一因となった可能性がある」とレオン博士は言います。

NEAは、水域に影響を与えた可能性のある、産業汚染または海洋汚染は見られていないと述べています。

原因究明に向け、さらなる調査研究が期待されます。


最新ニュースやプロモ情報をLINEでお届けしています!ぜひお友達追加してね!


アバター

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。