5月16日から原則在宅勤務へ。シンガポール政府がフェーズ2への移行を発表

シンガポール新型コロナウイルス対策の閣僚タスクフォースで共同議長を務めるローレンス・ウォン教育大臣は5月14日、新型コロナウイルス感染者が急増していることを受けて、感染対策の強化を発表しました。シンガポール保健省(MOH)が「フェーズ2」と位置付ける新たな措置は、5月16日から6月13日まで実施されます。

対策期間中、職場では在宅勤務が求められます。ウォン教育大臣は「在宅勤務可能な従業員は全員、そうしなければなりません。在宅勤務が原則となります」と説明しています。

また、マスクを外して行う活動に関しての規制も強化されます。対策期間中、個人やグループで行う室内での激しいスポーツやエクササイズは中止することが求められます。サウナなどマスクを外す必要があるサービス、歌唱、管楽器の演奏も禁止されます。ただし、医療や歯科のサービスは制限の例外として、マスクを外して診察を受けることができます。

レジャー施設における制限も強化されます。シンガポール通商産業省から事前に承認を得たレジャー施設の収容上限は、現在の50%から25%に引き下げられます。また、博物館や公共図書館も25%に縮小して営業することが求められます。屋内外のショーは、入場前の新型コロナウイルス検査を行う場合100人まで、検査を行わない場合50人までに制限されます。

映画館においても同様に、入場前の新型コロナウイルス検査を行う場合100人まで入場可能で、検査を行わない場合50人までに制限されます。また、映画館では飲食物の販売や消費はできません。

関連記事:シンガポール政府がフェーズ2への移行を発表。5月16日から店舗での飲食を禁止し、グループ行動は2人までに

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。