不安が募る海外での病気。そんなときに頼れるパートナーが「医療通訳」。病院への付き添いや医療英語をわかりやすく通訳

病気にかかると、気持ちも後ろ向きになりがちで不安ばかり募ってしまいますよね。まして海外にいれば、その不安な気持ちが増大してしまうもの。

その不安な気持ちは家族がいる人もそうでない人も同じ。そんな不安に寄り添ってくれる存在として、頼りたいのが「医療通訳者」です。



医療通訳者と聞けば、医療用語を日本語に通訳してくれるだけ、と思いがち。けれど、そうではありません。「それ以上に頼っていいんですよ」と話すのは、シンガポールで2018年から医療通訳者として活躍する渋谷理惠さんです。

「お医者さんの説明をただ単に通訳するだけではなく、慣れない病院の付き添いやお薬に関する通訳、検査や手術の同意書の通訳、入院中や退院後のサポートもしています」と渋谷さん。


通訳だけじゃない存在

一番のお困り体験を手助けしたい

渋谷さんが医療通訳者を目指すきっかけとなったのが、あるテレビ番組でした。

日本に住む外国人に「日本で生活する上で一番困るのはどういう時ですか」と尋ねているインタビューシーンでした。

一番困ると挙げたのは「病院に行ったときの医師との会話」でした。

「もしかしてシンガポールに住む日本人も同じように困っているのではないか」と思った渋谷さん。日本でMRをしていた経験を活かそうと、通信教育で医療通訳の資格を取得し、シンガポールで医療通訳者として活動を始めます。


医療通訳者としての心構え

通訳する際の原則は話し手の内容を「足さない、引かない、変えない」。それは医療通訳でも同じです。

そのために渋谷さんが心がけているのが、患者さんの気持ちになって考えるようにすること。「通訳は患者さんが話したことをそのまま伝えます。医師に聞きたいことを事前に患者さんと確認をしたり、不安に思っていることを解消できるよう患者さんが質問しやすいように、聞きたいことをしっかり聞けるよう心がけています。医師の説明の中で患者さんがきちんと理解できているかどうかも伺いながら通訳するように努めています」


Bright Relationsを立ち上げたきっかけ

医療通訳者の中には、通訳会社や病院に所属している人もいます。一方で渋谷さんは、2018年に自分の会社「Bright Relations」を立ち上げました。問い合わせの電話には渋谷さんが直接出ます。

起業した理由をたずねると「今すぐ助けを必要としている人のところに先約がなければすぐに駆けつけることができるからです!自分が直接やりとりをすることで、患者さんに寄り添いながら患者さんの状態や不安に思っていることを感じ取ることができより正確に通訳することができます」と話します。

渋谷さんが安心するのは「患者さんが回復して退院するとき、治療によって元気になる姿や受診することで悩みや不安が解消したとき」。

これまでに多くのシンガポール在住日本人を助けてきました。


利用者の声

医療通訳を利用した人の声を紹介します。

①Sさん
夫が出張で不在の時、娘の急病で通訳をお願いしました。夜間にも関わらず迅速に駆けつけてくださいました。夜の救急病院は、言葉の心配だけでなく検査の結果がわかるまで心細かったですが、通訳として一緒に過ごしていただけて心強かったです
また、日本の保険会社への書類などの記述も親切に教えていただけて至れり尽くせり。お人柄溢れるお仕事でとても助かりました。
②Mさん
子供の手術、術後の通院まで、1年に渡り通訳をお願いしました。コロナ禍に異国での手術は不安でしたが、的確に医師とコミュニケーションとれたことは大きな安心感となり、言葉だけでなく精神的にも心強かったです。
Tさん
通訳の内容がとても的確で、難しい言葉などに関しては、自ら詳しく調べて、改めて説明してくださるので、とてもありがたく思っています。
お薬に関しての知識も豊富で、体調確認しながら、同時進行でドクターと連携をとってくださったり、
通訳以外の面でも、まるで家族のように温かく接してくださるお人柄にいつも感謝しています。



医療通訳者の育成も

渋谷さんは医療通訳者の育成にも力を入れはじめました。
医療通訳養成のためのオンライン講座を受講できるほか、一般社団法人日本医療通訳協会主催の医療通訳技能検定試験(毎年4月と10月に実施)をシンガポールで受験することができるということです。

日本医療通訳協会のホームページ:http://gi-miaj.org/
受験資格、試験に関するお問い合わせ、試験の申し込みは Bright Relations 渋谷まで。
お問い合わせ先:otanirie@hotmail.com


シンガポールで病院にかからなければならないとき、もしくは病院にかかっていて困っているとき、渋谷さんに連絡してみてはいかがでしょうか。

<Bright Relations>
電話番号:8608-4135
 ※通訳業務中は電話に出ることができません (WhatsApp もしくはSMSにメッセージ可)
応対時間:8:00~20:00
 ※20:00以降と土日祝の応対はご相談ください
Web:https://bright-relations.com/
 ※クリニック同行通訳費など費用についてはWEBをご確認ください

 



この記事を書いた人

SingaLife編集部