旧正月控えシンガポール・チャイナタウンの安全対策強化

シンガポール政府観光局(STB)は1月15日、2月1日の春節(旧正月)を前に、チャイナタウンの混雑を緩和する追加措置を導入し、安全管理対策の順守徹底に向け、取り締まりを強化する方針を示しました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、チャイナタウンへの訪問者の安全を保証するのが狙いです。

訪問者間の安全な距離確保を図るため、地域の商業団体および政府機関と協力し、商店・飲食店が歩道で営業活動を行わないよう徹底させる措置などを講じます。

旧正月までの週末は、取り締まり係員を増員し、一部道路(ニュー・ブリッジ・ロードからパゴダ・ストリートへの入り口、MRTチャイナタウン駅パゴダ・ストリート側出口A、テンプル・ストリート)での車両・歩行者の通行規制も検討する計画です。

STBは、旧正月を控え、マスクの適切な着用や訪問者数の制限などの安全対策を順守するとともに、チャイナタウンを訪れる際は、前もって計画し、オフピーク時間帯に訪問するよう市民に呼びかけています。

また、チャイナタウン旧正月フェスティバルのフェイスブック・ページで、新年の干支、寅を作る折り紙教室や旧正月に広く食べられる伝統菓子“ラブ・レター”の作り方教室が開催されるほか、クレタ・アイル・コミュニティー・クラブでは、混雑緩和を目的として、電子商取引プラットフォーム、ショッピーとの協力の下、旧正月用品のオンライン販売も行うとのことです。

新型コロナウイルスの感染拡大開始から早や2年。来年の旧正月こそは、チャイナタウンにコロナ前の活気が戻るよう感染収束を切に願いたいものです。


この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!