シンガポールから行ける国 タイのプーケットを紹介!ビーチや離島巡りなど楽しいアクティビティが盛りだくさん

シンガポールからほど近い東南アジアの国 タイ。日本からも人気の旅行先ですが、シンガポールからは約2時間のフライトで行くことができ、シンガポール滞在中にぜひ足を伸ばしておきたい国です。

今回の記事ではタイの中でも、世界有数のリゾート地として名高いプーケットについてご紹介します。




シンガポールから行ける国 タイはどんな国?

タイはインドシナ半島中央部に位置し、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ラオスと国境を接しています。首都はバンコクで、公用語はタイ語です。宗教は仏教が浸透しており、仏教徒が国民の9割以上を占めます。

「微笑みの国」とも言われるタイですが、その背景には「持つ人が持たぬ人へ施しを行う」「間違いを起した人に対して憎しみを持たない」という仏教の教えがあります。

タイは日本からも人気の旅行先ですが、シンガポールからは約2時間のフライトで行けるため、週末にふらっと訪れることも可能です。シンガポールよりも物価が安く、タイ料理やマッサージ、ショッピングが楽しめます。





シンガポールとタイの位置関係

タイはシンガポールよりマレーシアを挟んでさらに北側にあり、シンガポールと首都バンコクの間にプーケットがあります(上記Google Mapの赤いピンがプーケット)。

プーケットはバンコクの約860km南西に離れており、日本から行く場合は、バンコクで国内線に乗り継いで行きます。シンガポールからはバンコクよりもプーケットのほうが近く、バンコクまでは最短でも約2時間15分かかるところ、プーケットは約1時間45分で到着し、直行便もあるので大変便利です。(飛行時間は航空会社や日程等により変わってきますので、詳しくは航空会社のページをご覧ください。)


シンガポールとタイの時差、気候

シンガポールとタイの時差は1時間で、シンガポールの午前8時はタイの午前7時にあたります。気候は11月〜3月が乾季、4月〜5月が暑季、6月〜10月が雨季となっているため、乾季の11月〜3月に訪れるのがおすすめです。ただ、筆者は乾季ではなく5月の暑季に訪れましたが雲が多い日がある一方、雨の日にはあたらなかったので乾季だけにこだわる必要も無さそうです。

シンガポールと同じく熱帯気候で年中暑いため、紫外線対策はシンガポール同様必須です。一方で屋内の空調が強く寒いことも共通しているので、上着もお忘れなく。


プーケットについて

プーケットはタイで一番のリゾート地で、宿泊施設も高級なリゾートホテルからカジュアルな旅行にぴったりのバンガロータイプまでたくさんの種類があります。

プーケット最大の魅力は、やはり美しい海!白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海は、別名「アンダマン湾の真珠」とも呼ばれています。


プーケットの交通事情

プーケットは南北に50kmもあるタイ最大の島ですが、電車などの公共交通機関は発達していないため、移動はタクシーが便利です。シンガポールと同じく配車アプリ Grabが使えるため、行き先のコミュニケーションミスやぼったくりなどを避けるためにもGrabの活用がおすすめです。

また空港からホテルの送迎や、ホテルから離島めぐりのためのフェリーターミナルに行きたい場合は、ホテルやフェリー会社が送迎を行ってくれる場合も多いため、確認してみましょう。


プーケットの観光スポット

パトンビーチ

※上記写真はコロナ禍以前に撮影

プーケットのビーチの中で、一番観光客でにぎわっているパトンビーチ。島の西側に位置するパトンビーチは、長さが約3キロメートルもあります。ジェットスキーやビーチバレーなどのマリンスポーツを楽しみたい方にもおすすめのエリアです。

またタイでのナイトライフを楽しみたい方におすすめなのが、パトンビーチにある「バングラ通り」!バーやクラブ、フードストリートやショッピングセンターなどが立ち並んでいます。


プーケット オールドタウン(旧市街地)

プーケットでビーチだけでなく、きれいな街並みやショッピングを楽しみたい方は、オールドタウン(旧市街地)をぜひ訪れてみてください。

人々の生活の中心地でもあるオールドタウンの見どころは、ピンクやイエロー、ブルーなどカラフルな建築物。フォトジェニックな街並みでレストラン、カフェ、タイシルクなどの雑貨店も多数あり、女子旅にもおすすめのスポットです。

オールドタウンには昔ながらの中国系の店やインド系のレストランだけでなく、地元の若者にも人気のあるお店がたくさん並んでいます。


ピピ島

ピピ島は、プーケットからフェリーで行ける離島です。正式名称はピピ諸島ですが、一般的にはピピ島とも呼ばれます。レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』のロケ地だったこともあり世界各国から観光客が訪れる人気の離島で、筆者が2022年5月に訪れた際もたくさんの欧米人観光客が訪れていました。

マリンスポーツを楽しみたい方にも人気のスポットで、シュノーケリングやスキューバダイビングのツアーに参加すると、美しいサンゴを間近で見ることもできます!

ピピ島へは、プーケット本島のラサダ港からフェリーで2時間、スピードボートで1時間で到着します。

筆者家族は子連れ(小学校低学年)で訪れ、できるだけ早く到着したいためスピードボートを選びましたが、特に往路は想定以上の揺れがあったため、船酔いをしやすい人には注意が必要だと感じました。一方で復路は往路に比べてあまり揺れず、子どもも寝ていたので海の状況によって状況は変わりそうです。

ピピ島の船着き場 トンサイ港周辺は、カフェやレストラン、お土産屋さん、タトゥースタジオなどの店が立ち並んでいます。セブンイレブンもあり、お水やお菓子、日焼け止めなど必要なものを買うのに大変便利ですが、レジがかなり混雑していたので、必要なものはできるだけ持ってくるのが無難です。

映画のワンシーンでも話題となった、断崖絶壁に囲まれた美しいビーチが印象的なピピ島の有名スポット、マヤベイに行くには、トンサイ港からロングテールボート(上記写真のボート)をチャーターします。港を歩いていると、たくさんの船乗りの人に「マヤベイ?」と声をかけられるので、値段や価格を確認してみてください。利用いただけます。

プログラムには子供も参加できる「ジュニアダイビングコース」もあります。またベビーシッターが居てお子様を見てもらったりと、さまざまなサービスが充実しているので、お子様連れでもゆっくり過ごせそうですね。


タイの食事

プーケットで楽しめる食事は、トムヤンクンやガパオライスといった人気タイ料理はもちろん、海に囲まれているためシーフードも絶品です。プーケット南部のラワイビーチ近くには、新鮮なお魚やエビが売られていたり、採れたての海鮮類を料理してくれるシーフードストリート(上記写真右)があります。



シンガポールから近いプーケットに行こう!

タイの中でもシンガポールに近いエリアで、約1時間45分のフライトで行くことができるプーケット。「アンダマン海の真珠」とも呼ばれるほどの美しい海を楽しんだり、ピピ島などの離島を巡ったりと同じ東南アジアでもシンガポールとはまた別の楽しみ方ができるエリアです。

日本からは直行便もないため、シンガポールに滞在している間にぜひ訪れてみてください!



●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。

この記事を書いた人

risako taira

2020年8月に来星したWebライター歴4年の一児の母です。初めての海外生活。シンガポールの好きなところは、夜景と辛いものが充実していること。