タイガーバームの創始者が建設したシンガポールにある奇妙な公園、ハウパーヴィラへ地獄と極楽を体験しに行こう

大都会で東西の交易拠点として栄えるイメージの強いシンガポールですが、もっとディープな場所を知りたい!という方にぜひおすすめしたいのがハウパーヴィラです。奇妙な像がひしめく園内を歩けばきっと色んな意味で忘れられない場所になること間違いなし!




無料で楽しめる!ハウパーヴィラはどんなところ?

中国の長い歴史の中で語られてきた儒教、道教、仏教などの宗教的な神話、その他の伝説や民話をモチーフとした面白くて奇妙な像とジオラマが展示されているハウパーヴィラ。

軟膏薬のタイガーバームで財を成した、胡文虎が弟の胡文豹のために作りたいと1937年に建設されました。


知る人ぞ知るカオスなテーマパーク

1937年に建てられた後、胡文虎は中国の神話を多くの人に知ってほしいという思いから、敷地を一般に開放することにしました。胡文虎は、伝説や民話を表現することで一般の人々への道徳的指針になると願い、像を製作する技術職人たちを自ら指揮。そして、1940年代から1970年代までは胡家の一族たちがハウパーヴィラの開発に貢献しました。

胡文豹の息子である胡清才が訪れた様々な国の文化を表現している空間もあります。

1985年に、シンガポール政府観光局が運営を引き継ぎ、リニューアルしています。


名前の由来は?

以前は、タイガーバームガーデンと呼ばれていましたが、1985年に胡文虎の兄弟の名前にちなんだ、「ハウ・パー」を取り、ハウパーヴィラ(虎豹別墅)と改称されました。


ハウパーヴィラまでのアクセス

場所はシンガポールの南西部に位置し、イエローラインのハウパーヴィラ駅からすぐ近くにあります。ハーバーフロント駅から時計回りで4つ目、ブオナビスタ駅から反時計周りで3つ目の駅です。


ハウパーヴィラの楽しみ方

ジオラマ形式で見られる中国の歴史

無料でまわれる園内には、西遊記や白蛇伝、八仙の物語といった中国に伝わる文学作品のシーンを描いた1000を超える彫像と150を超えるジオラマがあります。

パビリオンなどの建築物は、中国の伝統的な建築に着想を得ています。


ヘルズミュージアム・十大地獄

ハウパーヴィラといえば、中国民間伝承「十大地獄」の鮮烈な描写が有名です。多くのシンガポール人が、中国に伝わる厳しい道徳を学ぶために、幼少時に親に連れてこられた思い出があると言われる場所です。

2021年にリニューアルオープンされ、3800㎡以上の地獄博物館に拡張、様々な資料も展示されています。地獄と10ヵ所の裁判所についてより深く理解できるように工夫されました。時間と空間を超えて今もなお伝わる罪と罰の概念を知ることができます。

また、ヘルズミュージアムの入場には料金がかかります。当日に購入も可能ですが、公式ウェブサイトから予約しチケットを買えばスムーズです。

なお、公式ウェブサイトには9歳未満の子どもにはおすすめしません、とあります。基本的に9歳以上の子どもと一緒に入場するのがベターでしょう。

ヘルズミュージアム(Hell’s Museum)
料金:大人S$ 18 
   子ども(7歳以上)S$ 10 
   6歳以下の子どもは無料
   ※9歳以下のお子さまには観覧を推奨していません(公式サイトより抜粋)
WEBサイト

 

不思議な展示の数々

中国の伝説にまつわるジオラマだけでなく、一見なぜここにあるのかわからないようなものも多々あります。

こちらはタイガーバームのキャラクターです。

力士の像は、息子の胡清才が製作させたものの一つです。


気をつけること

園内はヘルズミュージアムのみ室内ですが、広い敷地内はほぼ屋外で屋根もありません。そのため、日差しをそのまま浴びてしまい、体力的に周遊することが厳しくなります。日傘や帽子、飲み物は持参していくと良いでしょう。ヘルズミュージアム横のショップでは、水を購入することができます。

また、独特のジオラマ、モニュメントばかりが点在しているため、中には気分の悪くなる方もいるかもしれません。B級施設と割り切って楽しむ、という心構えを事前にしていくとよいでしょう。

また、ヘルズミュージアムについては刺激的な像が並んでいます。こちらも心臓の悪い方、グロテスクな描写が苦手な方は大人でも入場を事前に検討しておきましょう


ハウパーヴィラで異界を体験しよう

シンガポール観光では素通りされてしまうハウパーヴィラですが、2度目以降の来星、在住者で主要な観光地は行ってしまった方、ちょっと変わった場所に行きたい方にはもってこいの場所です。一見変わった像やジオラマも、中国の神話や伝説に基づいたものだと思うと少しだけ見方が変わるかもしれません。

ディープで奇妙な、ここでしか見られない光景を見に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ハウ パー ヴィラ(Haw Par Villa)
住所: 262 Pasir Panjang Rd, S118628
最寄り駅:Haw Par Villa駅
営業時間:公園内 9:00-20:00(最終入場:19:30)
     ヘルズ ミュージアム(Hell’s Mueseum) 水〜日、祝 10:00-18:00(最終入場:17:00)
定休日:公園内 無 
    ヘルズ ミュージアム(Hell’s Museum) 月火
電話番号:6773 0103
WEBサイト

 

この記事を書いた人

Natalie

駐在4ヵ国目、2児の母。 日本で旅行情報誌の制作・編集を経て、在住国の海外邦人向け情報誌のライターへ。 お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨などを好むプチプラ・ラバー。激辛激甘に目がない。推しのKPOPを聴くこと、ドラマや映画を観ること、ゴミ拾いが趣味。