シンガポール観光で役立つ英語フレーズ!空港・タクシー・ホテル・観光などシーン別にご紹介!

シンガポール旅行には、高度な英語力が必要だとお考えですか?心配はいりません。基本的な英会話ができれば十分です。シンガポール特有の英語の特徴をつかんで、ぜひ現地での英会話を楽しんでください!




シンガポールで使われている言語・特徴

シンガポールは多民族国家であり、公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語の4つです。それぞれ、歴史や特徴があります。

英語
最も広く使用されています。多民族国家であることから、国を統一するためには、異なる文化、言語を持つ民族同士がスムーズにコミュニケーションを行うことのできる英語の普及が必要でした。また、国民が英語力をつけることでグローバルに活躍する人材が多く輩出され、シンガポール全体の経済的成長にもつながっています。

中国語
シンガポールには中国南部から移住してきた華人が多く、現在も多くの中国系シンガポール人が住んでいます。自らのルーツやアイデンティティとして中国語を大切にしています。

マレー語
シンガポール憲法により、マレー人はシンガポールの先住民として規定されており、マレー語を始めとするマレー文化が保護されています。その一環で、マレー語は公用語の中でも特別な「国語(national language)」と定められています。

タミル語
2020年の統計では、シンガポールの人口の9%がインド系であり、インド系住民の多くは、インド南東部のタミル・ナードゥ州から移住してきました。その多くがタミル語を母語としています。




シンガポール旅行で必要な英語力

先述の通り、シンガポールの公用語は4つありますが、日常やビジネス、観光で耳にするのは英語であり、例えば、レストランのメニューもほとんどが英語表記です。

しかし、シンガポールの英語はアメリカ英語やイギリス英語とは異なる「シングリッシュ(Singlish)」であり、シンガポールならではのアレンジが加わっている上、細かい文法の間違いを気にせずコミュニケーションが行われています。

基本的な英会話ができれば、ハイレベルな英語力がなくても十分シンガポール旅行を楽しめます。




観光で役立つ英会話フレーズ|シチュエーション別

シンガポールを旅行する際におさえておきたい基本的な英語フレーズを、シチュエーションごとにご紹介します。

挨拶

英語/日本語返答例
Good morning./おはようございます(朝または午前中)Good morning.
Good afternoon./こんにちは(午後)Good afternoon.
Hello. または Hi./こんにちは(時間問わず)Hello. または Hi.
How are you?/元気ですか?(「こんにちは」に近い挨拶としても使います)I’m good.または I’m fine./元気です
Pretty good./とても元気です→How are you?/あなたは?(と相手にも聞きます)
Thank you./ありがとうございますYou’re welcome./どういたしまして
Excuse me./すみません(ちょっといいですか?という時に使います)Yes,~/はい(何でしょうか?という感じで反応します)
See you later! またはSee you! /ではまた!See you later! またはSee you! (同じように返します)


入国審査・空港

英語/日本語返答例
What’s the purpose of your visit?/滞在目的は何ですか?I’m here for sightseeing./観光で来ました
Are you here for business or sightseeing?/ビジネスですか?観光ですか?Sightseeing./観光です 
How long are you going to stay?/どれくらい滞在しますか?For 〇 days./〇日間です
Where are you staying?/どこに泊まりますか

At the 〇〇./〇〇(ホテル名など)に滞在します
I’m staying in 〇〇./〇〇に泊まります

May I see your passport?/パスポートを見せてください
Passport please./パスポートをお願いします
Here you are./はい、どうぞ
英語/日本語
My baggage didn’t come out./私の荷物が出てきません
My suitcase has been damaged./私のスーツケースが壊れています


タクシー・MRT・バスなどの移動時

英語/日本語
I’d like to go to 〇〇./〇〇へ行きたいのですが
Can you take me to 〇〇?/〇〇へ行ってもらえますか?(タクシー乗車時)
Where is the subway station (the bus stop)?/地下鉄の駅(バス停)はどこですか?
Could you tell me where it is?/ここへの行き方を教えていただけますか?(地図やスマホの画面などを見せて、行き方を尋ねる時など)
Does this bus go to 〇〇?/このバスは〇〇まで行きますか?


ホテル

英語/日本語
Check in please. または I’d like to check in./チェックインをお願いします
I have a reservation under 〇〇./〇〇(名前)で予約しています
Could I move to a different room?/別の部屋に変えてもらうことはできますか?
Could you find me a non-smoking room?/禁煙の部屋を探していただけますか?
The 〇〇 doesn’t work./〇〇が動きません(air conditioner/エアコン、hair dryer/ドライヤーなど、何かが壊れていた場合のリクエスト)


観光地

英語/日本語
Could you take a picture of me (us)?/私の(私たちの)写真を撮っていただけますか?Just press this button./ここ(カメラのシャッターやスマホ)を押すだけです
Where is the bathroom?/トイレはどこですか?
Shall I take a picture for you?/写真をお撮りしましょうか?(他の人の写真を撮ってあげる時)
Can I take pictures?/写真を撮ってもいいですか?(撮影していい場所なのか確認する時)


ショッピング

英語/日本語
How much is this?/これはいくらですか?
Can I try this on?/試着してもいいですか?
Thank you. I’m just looking./ありがとう。見ているだけです(May I help you?/いらっしゃいませ、何になさいますか?と聞かれた時に返します)
Do you have this in a smaller size (a bigger size)?/これの小さいサイズ(大きいサイズ)はありますか?
Could you please give me a discount?/値引きしていただけませんか?
I’d like this. または I’ll have this./これをいただきます。これをください


レストラン

英語/日本語
I have a reservation. My name is 〇〇./予約している〇〇です
Do you have a table for 〇?/〇(数字)人ですが入れますか?
I haven’t decided yet./まだ決まっていません(メニューが決まっていない時)
Do you have any recommendations?/何かおすすめはありますか?
Water, please. または I’d like some water, please./お水をください
Check please. または Could I have the check, please?/お会計をお願いします
Can I pay with a credit card?/クレジットカードは使えますか?
Could you give us separate checks, please?/お会計を別々にしてもらえますか?


その他のお役立ち表現

英語が聞き取れない、もう一度説明してほしい時などに使える表現です。

英語/日本語
Sorry?/すみません、何でしょうか?(聞き取れなかった時の返答として使えるフレーズです)
Could you please say that again?/もう一度言っていただけますか?
I’m sorry. I’m not good at English./すみません、英語が苦手です
Is there a Japanese speaker?/日本語を話せる方はいらっしゃいますか?



シングリッシュについて

シンガポールで話されている英語の発音は特徴的で、多民族国家であるために中国語やマレー語の影響を受けていると言われています。文法も省略化されている傾向があり、シンガポールの英語は「シングリッシュ」と呼ばれています。

シングリッシュの発音や英文法

シングリッシュの発音では語尾の子音が発音されないことが多く、日本語で伸ばして発音する単語も省略されます。また、「th」の発音は「t」や「d」に変化します。文法に関しても特徴があり、主語を省略する、過去や未来についても動詞を原型のまま使用する、名詞は複数であっても単数形のまま表現するなど、自由度が高くなっています

例えば、英語の「Can」が単体で使われているのをよく耳にします。お店やレストランで何かお願いや交渉をする際、お店の人がOKしてくれる場合、“Can”(キャン!)/できますよ!や、“Can!Can!”(キャン!キャン!)/いいよ!いいよ! という感じで答えてくれます。

また、ひとつの文章の中に英語と中国語やマレー語が混ざることもあります。


覚えておくと便利!シンガポール特有の言葉

シングリッシュでとても有名な言い回しに、“OK lah!”(オーケーラー)/OKだよ! があります。文末の「lah(ラー)」は、中国語の「了」の影響を受けていると言われ、「~だよ」「~ね」という意味合いを含んでいます。否定する場合は、“No lah!”(ノーラー)/違うよ! になります。

ホーカーや中華系のお店では、「埋単(マイダン)」/会計、「打包(ダーパオ)」/お持ち帰り などの中国語も広く使われています。

また、シングリッシュの中には多くのマレー語が聞かれ、食べるという意味のマレー語「Makan(マカン)」を用いた“Makan already?”(マカン オールレディ)/もう食べた?は挨拶のように使われています。

コーヒーは「kopi(コピ)」、列や並ぶことは英語の“queue”から来た、“Q here”(キュー ヒア)/ここに並んでください のように使われます。




おすすめの翻訳ツールやアプリのご紹介

シンガポールでは高い英語力がなくても観光を楽しめますが、英語に自信がない場合、強い味方となるのが翻訳ツールやアプリです。そのいくつかをご紹介します。

Google翻訳

入力したテキストを108言語間で翻訳できます。オフラインでも翻訳できます。また、カメラを向けるだけで画像内のテキストを翻訳するリアルタイムカメラ翻訳、その場の会話を翻訳する会話翻訳機能もあります。(機能によって対応言語が異なりますが、ここに記載した機能は英語と日本語は対応しています)

出典:Google翻訳

 

多言語音声翻訳アプリ VoiceTra

話しかけると外国語に翻訳してくれる、音声翻訳アプリです。翻訳可能な言語は31言語です。(英語と日本語は対応可能)個人旅行者を想定して作られた研究用アプリで、研究目的のサーバーが使用されています。試験的に利用することができます。

出典:多言語音声翻訳アプリ VoiceTra

 

英和辞典・和英辞典 Weblio

1,000万以上の英単語が収録されています。収録例文も900万以上で、適切な例文を探すことができます。発音記号が確認でき、音声再生機能もあるため、英単語の発音を理解でき、学習しながら利用することができます。

出典:Weblio英語辞書

 

Duolingo

学習効果が研究によって実証されている外国語学習法です。気軽にレッスンでき、ポイントを獲得したり、レベルアップしたりするうちに、自然に英語力が身につきます。リーディング・リスニング・スピーキングの各スキルを効率よく学べます

出典:Duolingo

 

日本人ガイドや通訳を探せる!LOCOTABI

世界2649都市の現地在住日本人(ロコ)が登録しており、現地ならではの経験や知識、能力を持つロコにサービスを依頼できるサイトです。シンガポールには1000人以上のロコが登録しており(2022年7月現在)、さまざまな依頼を受け付けています(有料。500円~)。

日本語が通じるので安心なのはもちろん、観光スポットやレストランなど、日本人好みの場所に精通していることでしょう。現地で暮らす日本人ならではの情報が欲しい方は、ぜひサイトを利用してみてはいかがですか?

Webサイト


シンガポールでは気軽に英会話を

シンガポールでは、シングリッシュをはじめ、多様性のある言語が普及しています。旅行で訪れる際に「正しい英語を話さなくては」と思う必要はありません。シンガポールを訪れる際には、今回ご紹介したような基本的フレーズを覚えたり、翻訳ツールやアプリを活用したりして、英語でのコミュニケーションにぜひチャレンジしてみてください。

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。最新情報については、随時、公式サイトなどでご確認ください。





最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

SingaLife知りつくし隊

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、現地のトレンド情報やライフスタイル情報をお届けします。「知り尽くし隊にこんな情報を取り上げてほしい」各種SNSにてリクエストも随時募集中です!