シンガポールのおすすめビーチ7選!リゾート気分を満喫しよう!

シンガポールのビーチを訪れてみませんか?家族みんなで楽しめるビーチやカップルや友人と行きたいビーチ、一人でゆっくり景色を堪能できるビーチなど、目的に合わせて選べるおすすめのビーチ7選をピックアップ!観光などでぜひ参考にしてみてください!




シロソビーチで楽しむアクティビティ

シンガポールのセントーサ島にある3つのビーチの内のひとつが、シロソビーチです。バンジージャンプやジップラインなどのアクティビティが充実していて、体を動かすのが好きな人や絶叫系が好きな人には特におすすめ。他にもパドルボートなどの体験ができます。

ビーチ周辺にはバーやレストラン、ホテルなどが数多くあり、セントーサ島の中で一番にぎやかなビーチでもあります。

シロソビーチまでは、シンガポール本島とセントーサ島とを結ぶモノレール「Sentosa Express(セントーサ エクスプレス)」を利用すると便利です。Vivo City(ビボシティ)の3階にある乗り場から出発します。終点のBeach Station (ビーチ ステーション)で降りて、海沿いを歩いて約10分のところにあります。

「Trapizza(トラピッツァ)」は、Shangri-La’s Rasa Sentosa Resort(シャングリ ラ ラサ セントーサ リゾート)内にあるイタリアンレストラン。リゾートから徒歩5分ほどのシロソビーチ沿いにあり、パスタやピザ、ジェラートなどが楽しめます。

広々としたテラス席から、海を眺めながら味わうイタリアの伝統的な料理は格別。お子様専用メニューもあるので、家族みんなで楽しめます。

Trapizza(トラピッツァ)
住所:10 Siloso Beach Walk S098995
最寄り駅:Beach Station(モノレール)、Siloso Point(ケーブルカー)駅
営業時間:月〜木 12:00-21:00、金〜日 11:00-22:00
定休日:無
電話番号:6376 2662
WEBサイト

 

ファミリー向け!パラワンビーチ

家族連れにおすすめなのが、こちらのパラワンビーチ。アクセスが簡単で、セントーサ島にあるビーチの中で、最もビーチステーションから近い位置にあります。アジア大陸最南端点とセントーサ島を結ぶ有名な吊り橋や、お子様向けの水遊び場やプールなどが充実していて、シンガポールでも評判の高いビーチです。

パラワンビーチへは、ビーチステーションから徒歩5分ほどで着きます。ビーチ間の移動は歩いても約15分ほどですが、無料で乗車できるBeach Tram(ビーチ トラム)が便利です。トラムはビーチステーションから、3つのビーチ沿いを循環運行しています。

シンガポールでは2店舗目となる人気のカフェ「Baristart Coffee(バリスタート コーヒー)」が、2019年にパラワンビーチにオープンしました。バリスタートコーヒーでは初の海沿いの店舗です。

高品質な北海道産の牛乳を使用したラテやスイーツが人気。リゾート感満載のコーヒースタンドで、ミルクの旨みたっぷりのコーヒーが楽しめます。

Baristart Coffee Sentosa(バリスタート コーヒー セントーサ)
住所:40 Siloso Beach Walk Sentosa S098996
最寄り駅:Beach Station(モノレール)
営業時間:月〜金 10:00-17:00、土日 9:00-19:00
定休日:無
電話番号:6970 0625
他店舗:有(Tanjong Pagar)
WEBサイト



週末はタンジョンビーチで騒ごう!

タンジョンビーチはセントーサ島の南部にあり、比較的人が少なく落ち着いた雰囲気のビーチ。ただ週末になると、ビーチ沿いにあるプール付きレストラン「タンジョンビーチクラブ」周辺が賑わいます。

バーカウンターでお酒を楽しんだり、ラグジュアリーなレストランで新鮮な海の幸を堪能できます。イベントやパーティーも催されるので、カップルや若者に大人気!非日常感あふれる、究極のバカンス気分が味わえます。

タンジョンビーチへは、ビーチステーションからトラムで7〜8分で到着します。徒歩では20分ほどかかりますので、トラムを利用するのがおすすめです。

Tanjong Beach Club(タンジョン ビーチ クラブ)
住所:120 Tanjong Beach Walk S098942
営業時間:月〜金 10:00-20:00(L.O. 19:00)、土日祝 9:00-20:00(L.O. 19:00)
定休日:無
WEBサイト

 

空港からアクセス抜群!チャンギビーチ

シンガポールの玄関口である、チャンギ空港のすぐ北に位置するチャンギビーチ。離着陸する飛行機が、頭上のすぐ近くを通ることで有名です。海辺の公園にはレストランBBQピットなどを完備。ピクニックやバーベキューを楽しむ人で賑わっています。

またサイクリングインラインスケート釣りなどのさまざまなアクティビティを楽しむことができます。海岸からウビン島やマレーシアを望みながら、美しい夕日を眺めるのもおすすめです!

チャンギビーチへはバスを利用するのが便利です。以下のバス停が利用可能です。

99171 (Changi Beach CP 2)、 99161 (Bef Changi Beach CP 3)、95071 (Changi Beach CP 4)、 95081 (Changi Beach CP 5)、 95091 (SAF Ferry Ter)


チャンギ空港のターミナル1に直結している複合施設「Jewel(ジュエル)」には、100軒を超えるレストランに有名海外ブランドショップ、豊かな大自然や多彩なエンターテインメントが楽しめるスポットが集結しています。

天井から流れる巨大な滝と、それを囲む熱帯植物や2000本を超える樹木が、空港とは思えない世界観を演出。他にも仮想世界体験やアートオブジェのような滑り台など、一日過ごしても飽きない人気の観光スポットです。

Jewel Changi Airport(ジュエル チャンギ エアポート)
住所:78 Airport Boulevard S819666
営業時間:24時間営業(各施設によって営業時間は異なります)
定休日:無
WEBサイト

 

人混みを避けたいときは、プンゴルビーチ

シンガポール北部にある、知る人ぞ知るプンゴルビーチ。都会の喧騒から離れて、静かなひとときを過ごしたい方に最適なスポットです。

海岸に散らばっているたくさんの岩が特徴的で、その神秘的な美しさは多くの写真家にも人気があるそう。特に早朝や夕暮れの素晴らしい景色は、まるで絵画のようです。

近年プンゴルでは21世紀のニュータウンのモデルとして開発計画が行われ、LRT(モノレール)の開通やウォーターフロントの商業施設が開業しています。中でもノースショア地区の中心部にオープンしたNorthshore Plaza(ノースショア プラザ)は、プンゴルで最も新しいモールです。

スーパーレストラン以外に、フィットネスクラブ託児所なども入っていて、展望エリアから海を眺めることもできます。HDB(公団住宅)の敷地内にあり、住宅エリアからコミュニティスペース、公園やLRTを繋ぐすべてが一体となった造りになっています。

プンゴルビーチまでのアクセスは、LRTが便利です。Punggol Point駅から徒歩10分ほどで到着します。

Northshore Plaza(ノースショア プラザ)
住所:Blocks 407 & 418, Northshore Drive, S820407 & S820418
電話番号:6513 6146
Facebook

 

シンガポールの猫島!セントジョンズ島

シンガポール本島から、船で30分ほど南に行ったところにあるセントジョンズ島。美しいビーチと、内陸にはコンクリートの散歩道が整備されています。週末になると地元民も島を訪れ、ピクニックや釣りを楽しむそうです。

また「シンガポールの猫島」とも呼ばれ、島のいたるところで猫が昼寝や散歩をしています。猫とは自由に触れ合うことができますが、餌のやり方やゴミの始末など、猫に対してのルールが細かく決められてます。しっかり守り、猫の生活を邪魔するようなことは避けましょう。

セントジョンズ島までの船は、Marina South Pier(マリーナ サウス ピア)から出港しています。MRT(地下鉄)のMarina South Pier(マリーナ サウス ピア)駅まで行き、徒歩1分ほどでフェリー乗り場に着きます。

出典:Marina Bay Sands Singapore

セントジョーンズ島で思いっきり遊んだ後は、本島でおいしい食事はいかがですか?

船が発着するマリーナサウスピアからほど近い、マリーナベイサンズ内の「Rasapura Masters(ラサプーラ マスターズ)」は、シンガポール料理をはじめとしたアジア各国の料理が楽しめるお店。庶民的な料金設定で、豊富な種類の絶品料理が手軽に食べられます。

Rasapura Masters(ラサプーラ マスターズ)
住所:B2-50,10 Bayfront Avenue S018956
最寄り駅:Bayfront駅
営業時間:日〜木 8:00-22:00、金土祝前日 8:00-23:00
WEBサイト

 

のんびり海遊びなら、ラザロー島

ラザロー島は、セントジョンズ島から陸続きで繋がる島。セントジョンズ島の船着場から15分ほど歩いた先に、美しい穴場ビーチが広がっています。

透明度の高い水と白い砂浜から「シンガポールで一番きれいなビーチ」とも言われていて、海水浴はもちろん、カヌーや釣りのスポットとしても人気。自分たちでパラソルやゴムボート、ビーチボールなどを持ち込んで遊ぶのもおすすめです。


シンガポールで観光もリゾート気分も満喫!

いかがでしたか?大都市でありながら、リゾート気分も満喫できるシンガポール。都会の刺激的な魅力を堪能した後は、日常から離れて自然の美しさに癒されるのもいいですね。常夏のシンガポールを訪れた際は、ぜひ近郊のビーチにも足を運んでみてください!

※記事内容は執筆時点の情報に基づきます。



最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagram、メルマガでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!



この記事を書いた人

SingaLife知りつくし隊

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、現地のトレンド情報やライフスタイル情報をお届けします。「知り尽くし隊にこんな情報を取り上げてほしい」各種SNSにてリクエストも随時募集中です!