シンガポール島内での引越し、何から始める?退去を決めてから引越し完了まで。簡単チェックリストつき!

「家族が増えた」「子どもが進学した」などで家族の状況が変われば検討したいのが、シンガポール島内の引越し。シンガポールの賃貸契約は基本的に2年なので、そのタイミングを逃してしまうと、次の引島内引越しのチャンスは2年後に。

ただ、日本とは違うシンガポール島内での引越しでは、何から手をつけて準備したらいいのか、途方にくれてしまいませんか?

日本でならある程度の手順は知っていてもシンガポールだと不安がいっぱい。そこでこの記事では、手続きや引越しまでの流れを紹介したいと思います

引越しを検討する人もそうでない人もこの記事をご覧になって、こんな手続きがあるんだと参考にしてくれれば幸いです。


シンガポールでの引越しを決めたら・・・

契約期限の2カ月前に、エージェントに意向を伝える

退去通知は2カ月前としている契約がシンガポールでは一般的です。2カ月を切ってから引越したいという意向を伝えた場合、違約金を取られてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

早め早めに通知をするようにしましょう。

入居希望者の内見対応

日本ではイメージしづらいですが、シンガポールでは退去する前に、次の入居希望者が内見(Viewing)に訪れます。基本的に内見を断ることはできず、エージェントから「内見したい」という打診があった日時には、立ち会いをしなければなりません。

日本とは大きく異なる部分なので、気をつけましょう。

オーナー都合で、契約満了前に退去を求められたら・・・
2年で契約を結んでいても、オーナーの都合で契約満了より前に退去を求められる場合も少なくありません。その場合は、基本的に住んでいる側に権利があるので、交渉をするか、違約金やその他のリクエストができる場合もあります。エージェントに相談するといいでしょう。

引越し業者の選定

多くの家財道具があり、自分で梱包するのが難しい場合は、引越し業者へ依頼した方が無難でしょう。

ルームシェア生活だったり、1人暮らしなど、荷物が少なければ、梱包した荷物の運送だけを依頼することもできます。

安心の日系引越し業者にするか、料金重視で低く抑えられるローカルの引越し業者にするか、それとも運送だけをお願いするのか、ご自身の状況に合わせて引越し業者を選定しましょう。

<日系引越し業者>
日通シンガポール
クラウンライン

引越し作業時間の確認

シンガポールでは、土曜日や日曜日の引越し作業が禁止されているコンドミニアムもあります。事前にコンドミニアムの管理オフィスに作業可能時間の確認をしておきましょう。

退去に当たってすべきこと

カーテンクリーニング

シンガポールの住習慣として入居時に窓にかかっていたカーテンをクリーニングして返却しなければなりません。

クリーニングは自分で洗うことは認められておらず、必ず業者にクリーニングを依頼します。退去手続きの際に、クリーニングの領収書を提示することもありますので保管しておきましょう。

エアコンのレシート提出

法律で入居者に義務付けられている3ヶ月に一度のエアコンのクリーニング。退去時には、そのクリーニングをしたことの照明としてレシートを示すよう求められるケースがあります。

毎回のクリーニングの際に業者から渡される領収証は、捨てずに保管しておきましょう。

ハウスクリーニング

退去時にハウスクリーニングをするように契約書に書かれているケースがあります。専門の業者に依頼し、キッチン周り、シャワー周り、床や天井、ベッドの下など細かいな部分も掃除してもらいましょう。業者によってパッケージ内容が異なるので、部屋の広さや家具の量などで決めるといいでしょう。

簡単な補修

入居者にとっては「少しのキズだし、目立たないし、まぁ、いっか」と思っていたのに、退去の際に高額に補修費を請求される。日本でもよく聞く話です。ここは外国、シンガポール。壁の凹みや汚れなど、ホームセンターなどで購入した補修剤を使用するなどして、補修しておくのがベターです。

不要だから使っていなかった電子機器類がちゃんと動くか、呼び鈴がちゃんと鳴るかなど一つ一つチェックしていくことが大切です。

不用品の処分

シンガポール版「メルカリ」のフリマアプリ「カルーセル」を利用すれば、小物から大きな家電製品まで売りに出すことができます。買い手が見つかった場合は、やり取りをして引き取って貰えばいいですが、買い手がつかない場合は、引越し業者もしくは、専用の引き取り業者に連絡をして処分をするようにしましょう。

カルーセル

住所変更届

勤務先、銀行、保険会社、携帯電話、インターネット関連、各種会員制サービス・団体などオンラインや窓口など、それぞれで手続きをしなければならないのが面倒に感じるかもしれません。

銀行

シンガポールの大手銀行(DBS、UOB、OCBCなど)のオンラインバンキング(Internet Bankingとも)でプロファイル登録、住所変更が可能です。

郵便局

日本では無料の転送手続きですが、シンガポールの郵便局(シングポスト)では有料サービスになります。オンラインで手続きし、月額20ドルで対応してもらえます。

SP Service(ガス)

前住居の方を閉め、新住居側を開設。電話やオンラインで可能。料金は日割りで指定できます。

EP・DP・Spassの住所変更

EPやSpassを所持している人は、引越しをした際には必ず人材開発省(MOM)への届出が必要になります。

EPオンラインから変更できるので、確実に行いましょう。

携帯電話

こちらも契約している携帯電話会社のウェブサイトから簡単に手続きができます。毎月請求書が送られて来るので、早めに手続きしたいですね。

チェックリスト

□ 引越し業者の選定
□ 内見対応
□ 梱包
□ 光熱費の契約切り替え
□ 部屋の不具合のチェック
□ 不用品の処分
□ 家の箇所の補修
□ カーテンのクリーニング
□ ハウスクリーニング業者の選定
□ それぞれの住所変更
□ 荷出し
□ エージェントと鍵の受け渡し
□ 退去と入居の引越し作業可能時間の確認

シンガポール島内の引越しでは、住所変更の手続きが少し面倒ですが、それ以外は簡単にできます。あの憧れだった街への引越しは意外に簡単にできそうですね。

状況に応じて、シンガポール島内の引越しを検討してみてはいかがでしょうか。



この記事を書いた人

Natalie

駐在4ヵ国目、2児の母。 日本で旅行情報誌の制作・編集を経て、在住国の海外邦人向け情報誌のライターへ。 お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨などを好むプチプラ・ラバー。激辛激甘にも目がない。