<使用者インタビュー>ダイキンの空気清浄機を使っていかがでしたか?

実際にシンガポールでダイキンの空気清浄機を使っている方にインタビューをしました。さらに、シンガライフのライターが今回特別にモニター機をお借りして体験させていただきました。

その効果のほどはどうだったのでしょうか。

使用者
Aさん(30代、女性)
居住エリア:ノビナ
2021年1月に来星
家族構成:夫婦と子ども1人


シンガポールに来る前、日本在住の頃からダイキンの空気清浄機を使用しているAさん。空気清浄機の使用歴は4年。使っている理由は、旦那さんが喘息を抱えているからだそうです。

Aさんが現在使用している空気清浄機は日本から持ってきた製品。「シンガポールでよく見られるヘイズ(煙害)を心配して」とのことでした。

Aさんにお聞きしました。

Q、ダイキン製品を選んだ理由を教えてください


空気清浄機を製造メーカーのウェブサイトで機能の比較して、有害物質を分解してくれるストリーマ機能が良さそうだなと思いダイキンのものを選びました。

フィルタ掃除や交換など手入れが面倒そうだなと思いましたが、フィルタの寿命が非常に長いため、交換はほぼ不要だというお手軽さも決め手の一つでした。

Q、使用感はいかがですか?


稼働中も音が静かで、稼働しているのを忘れてしまうぐらいです。

Q、使用して効果を感じますでしょうか。


はい、感じますね。空気が汚いという指数の日でも、空気清浄機を使っていることで常にキレイな空気を感じられるので快適に過ごすことができます。

Q、空気清浄機の購入を検討している人におすすめできますか。


はい、おすすめしたいです。シンガポールでは花粉症がないので「空気清浄機がなくても、大丈夫」と考えてしまうかもしれませんが、ヘイズなどで空気が汚れているシンガポールでは空気清浄機が活躍する場面が日本よりも多いかもしれません。

ーありがとうございました。

※Aさんは日本から持参した空気清浄機を使っていますが、購入国以外での使用は変圧器等の使用が必要です。メーカー保証対象外の使用となります。




編集部モニターIさん

シンガライフでライターをしている私=Iが、ダイキンシンガポール社さんから今回特別にモニター機をお貸し出しいただき、1週間お試しで使用いたしました。

使用者
ライターI(30代、男性)
居住エリア:チョンバル
2018年8月に来星
家族構成:夫婦と子ども1人


シンガポールに住んで3年。これまで空気清浄機を使ったことがありませんでした。「購入しようかな」と発想したことすらなかった私。今回、空気清浄機初体験です。

意外にコンパクト

お借りしたデモ機はMC55UVM6。部屋に設置してまず思ったのが「意外にコンパクトだな」です。もっと大きなサイズ感を予想していましたが、コンパクトでしかも軽いことに驚きです。加湿器のように水の入れるタンクがない分、大きさも重量も手ごろなのかもしれません。

設置作業は楽々。開封して本体を取り出したら、脱臭フィルタを設置するだけ。脱臭フィルタの装着も簡単です。装着後、コンセントにつなぎスイッチを入れれば、稼働します。

ずっとAUTOモードでOK

日中であろうと夜間であろうと、動かしている間はずっと「AUTO」モードでOKでした。自宅から見える街並みが霞むような日=空気が汚いであろう日も自動で風量の強弱を調整してくれるので楽々でした。

稼働音は静か

Aさんも述べているように稼働音は静かで「あれ、今稼働しているんだっけな?」と思ってしまうほどです。就寝中も全く気になりませんでした。

パワフルにスイッチオン

1週間のモニター生活の中で、AUTOモードで稼働している空気清浄機が吸引レベルを上げることが何度かありました。室内で掃除機をかけたあとや窓から見える景色が少しどんよりしていたときに吸引レベルが上がったような気がします。
空気清浄機に搭載されたセンサーがしっかりと反応し、状況に応じて吸引レベルを切り替えている証拠なので頼もしかったです。

1週間の稼働でフィルタを見ると

モニター期間の1週間が終わり、ダイキンシンガポール社さんに返却する前にフィルタをはずしてみたところ、少量の埃が付着していました。
フィルタに付着した埃=吸引してくれた埃なので、空気清浄機の頑張りを実感できました。1ヶ月間稼働し続けたら、もっと多くの埃が取れているはずですし、室内にその空気が漂っていることを考えると。。。

まとめ

ダイキンの空気清浄機は、稼働中の音が静かなのが快適です。就寝中でも気にならず、ずっと付けっぱなしでOKなのが嬉しいです。
空気清浄機を検討されている方は、ぜひダイキン製のものをご検討してはいかがでしょうか。





この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!