シンガポールのおすすめお土産23選!すでに人気のものからあまり知られていないものまで一挙ご紹介!

新型コロナの影響で国境が封鎖される以前の2018年には、来訪者が1800万人を超えていたシンガポールには、もちろんお土産の専門店がたくさんあります。

オーチャードのラッキープラザやリトルインディアのムスタファセンター、ブギス駅近くのブギスストリートでは雑貨やコスメ、お菓子などシンガポールらしいお土産を買うことができます。

今回は職場や友達などバラマキ土産としてFairPrice、Cold Storage、ムスタファセンターで気軽に買えるお土産を紹介します。

帰国や一時帰省までに時間がない場合でも、近所にあるスーパーでささっと購入できるものばかりです!


バラマキ系お土産

1. インスタントラクサ麺

シンガポールラクサはスパイスとココナッツミルク、海老の出汁が効いたローカルフード。シンガポールブランドのプリマテイストが人気。他にプローンミー(海老麺)やカレーヌードル味もあり(約$10)

2. カップヌードル・チリクラブ味

日清のおなじみ即席カップ麺。トムヤムクンやラクサ味、ブラックペッパークラブ味もあり($1.5)

3. マーライオンチョコ・クッキー

様々な種類が売られているマーライオン型のチョコやクッキー。何箱でいくら、と最初からまとめ買い対象で売られていることも多く、お得に購入できる(約$10)

4. コピの粉末

甘いシンガポールコピを気軽に楽しめる粉末のスティック。コーヒー豆の焙煎時にマーガリン、挽く時に練乳が加えられるマレーシア発祥のイポー・ホワイトコーヒーはシンガポールコピティアムの定番ドリンク(約$5〜)

5. ディルマの紅茶

純スリランカ産(セイロン)の紅茶。鮮度にこだわり国内産の茶葉のみを国内で製茶し、パックするという一貫した製造体制。ティーバッグのお茶でもかなり濃厚で香り高く美味しい(約$5)

6. ドリアンキャンディー

好きな人には堪らない濃厚なドリアンの味を楽しめる飴。人によっては怒られる可能性も…(約$2)

7. MAMEE

パリパリの即席麺のようなお菓子。BBQ味とチキン味があり、1袋に12袋入っているのでコスパ抜群!(約$2)

8. Lakerol

スウェーデン発祥のハードグミ。とても硬く飴のように舐めたりグミのように噛んだり、その不思議な食感に戸惑う人続出。小ぶりの箱入りで安く、味の種類も色々あり持ち運びやすい(約$2)

9. カヤジャム

パンダンリーフと卵、ココナッツミルク、砂糖などを煮詰めた甘いジャム。トーストに塗ってシンガポールの朝食メニューの定番、カヤトーストを再現できる。様々なブランドがある(約$2〜)

10. ellipsのヘアオイル

バリ発祥のヘアオイル。ビタミン豊富で髪を紫外線から守る天然素材なので、美容に気を使っている人にあげやすい。ピンク、黄色、紫ブラックなどカラーによって効能が違う。ヘアマスクもオススメ(ヘアオイル1瓶$8.6〜、1シート$1.5、ヘアパック$1.5)

11. ウォーターリリーポップス

スーパーフードとして注目されており、食物繊維、鉄分、葉酸、カルシウム、マグネシウムなどミネラルの含有量が豊富なハスの種から作られたポップコーン。ヒマラヤンピンクソルト味と辛いペリペリ味がある($3.8)

12. ミロ(マイロ)

シンガポールでは子供から大人にまで愛される国民的飲料のミロ。去年日本でも空前のミロブームに。写真の小袋タイプからスナック菓子、シリアルまで幅広いラインナップが揃っている。オーストラリア、シンガポール、マレーシアなど生産工場によって栄養素が違うのでツウな人なら味の違いがわかるかも??(1袋約$5.5〜)

13. スイスミス

アメリカ発祥のインスタントココアミックスの定番スイスミス。クリーミーで濃厚なインスタントココアが味わえる。マシュマロ、ダークチョコレート、リッチチョコレート味などがある(1箱約$5.4〜)

14. ジンジャーソース

シンガポールの在住日本人に人気「スープレストラン」のジンジャーチキンに添えられてくるジンジャーソース。お店では蒸し鶏とキュウリ、ジンジャーソースをレタスで包んで食べる。他には餃子に合わせたり料理に使う生姜の代わりのアクセントとして入れたりと使い方無限大!($6.8)

15. NIN JIOM のど飴

のど飴や咳止めシロップを販売している漢方薬メーカー「京都念慈菴」の台湾のど飴。

喉に良い天然素材の植物や果物が配合されており、優しい風味なので漢方のような苦さや薬の味はせず安心して味わえる。味も数種類あり寒い季節のお土産に喜ばれる一品(1袋$1.55、1缶$4.2)

16. フィッシャーマンズフレンド

イギリス発ミントタブレット。鼻を突き抜ける刺激的な爽快感を味わえる。無地の砂糖入りタイプと縞模様の甘味料タイプがあり、様々なフレーバーを楽しめる($1.6)

17. トリュフ味ポテトチップス

シンガポールのカフェやレストランのメニューにはトリュフフライが定番化されており、スーパーでもトリュフ味のポテトチップスが沢山陳列されている。写真のAroma Truffeのポテトチップスはシンガポール産でありお値段も高級部類に入る($10)が、開けた瞬間から芳醇なトリュフの香りとその美味しさに虜になる人も続出。スーパーオリジナルのお手頃価格のものから各メーカーのものまで種類は様々(1袋約$1〜)

18. MALA(麻辣)味のスナック

中華系の多いシンガポールでは花椒と唐辛子の二種類の辛さが効いた麻辣味が親しまれている。シンガポールブランドのOohの麻辣ポテトチップスや麻辣ピーナッツはヒリヒリ痺れる辛さ!辛いものが好きな方にぜひ!(ポテトチップス1袋$7.3、ピーナッツ$5)

19. ソルテッドエッグ フィッシュスキン

魚の皮を揚げたものにソルテッドエッグ(アヒルの卵を塩漬けにしたもの)パウダーをかけたローカルにも人気のスナック。ノーマルタイプとスパイシータイプがある。お酒のお供にもピッタリ!(1袋約$6.8〜)

20. タイガーバームの蚊除けパッチ

シンガポールの定番お土産、タイガーバーム。数ある商品の中でも軽くてバラマキ用土産としてオススメなのがこの蚊除けパッチ。袋を開けると独特な匂いが漂う。ディートフリーの天然成分で出来ていて、服の上に貼るシールタイプなので赤ちゃんや肌の弱い方も安心して使える(10枚入$8.5、22枚入$15.5)

帰省先などにちょっといいお土産

21. BENGAWAN SOLOのお菓子

八角形の缶に入っているのがクッキー。丸いプラスチックに入っているのが小ぶりのタルトで、プラウンロールはピリ辛で筒状のものに入っている(1箱$16〜)

空港他、大きなショッピングモールなど多数店舗があります。

店舗情報はこちらから

22. TWGの紅茶

シンガポール発祥の紅茶専門店TWG。定番だけれど必ず喜ばれるお土産の1つ。クッキーも人気(1箱$26〜、1缶$40〜、クッキー1箱$20)

空港他、オーチャードやマリーナベイサンズなどシティ中心に店舗があります。

店舗情報はこちらから

23. BACHA COFFEE

モロッコのマラケシュ発祥のコーヒー専門店。厳選された100%アラビカコーヒー豆の色々なフレーバーが揃っている。日本未上陸なので話題性も抜群!(1箱$25〜、1缶$45〜)

IONオーチャード他、高島屋地下1階に店舗(ウェブサイト記載なし)があります。

店舗情報はこちらから



今はコロナ禍で気軽に旅行や一時帰省ができませんが、お土産を選んでいる時って楽しいですよね!様々な国のお土産が身近なスーパーで買えるのもシンガポールならでは。ぜひお気に入りのお土産を見つけてください!




この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。