シンガポール3泊4日満喫モデルコース決定版 !見逃せない人気観光スポットや定番グルメなどを一挙紹介!

シンガポールは、近未来の街並みと多彩な文化が魅力の国です。到着日から帰国日まで3泊4日でシンガポール観光を効率よく満喫するためのおすすめモデルコースをご紹介します。


シンガポールを満喫! 3泊4日の観光モデルコース

 

シンガポールってどんな国?

シンガポールは、多様な民族や文化が共存し、貿易や金融などの分野で世界的に重要な役割を果たしている国です。常夏の気候で、観光やグルメも魅力的です!清潔で治安の良い観光地として人気の国です。また、シンガポールの料理も色々な国の影響を受けており、チキンライスやラクサ、チリクラブなどの名物料理を楽しむことができます。

シンガポールの主要な観光スポットはコンパクトにまとまっているため 3泊4日でも十分を楽しむことができます。一日を朝と夜で分けてモデルコースを説明しているので観光するときの参考にしてください。

【関連記事】
シンガポールで楽しむ多国籍料理!おすすめレストランをご紹介!【アジア料理編】

 

1日目:到着日でも行けるシンガポールの定番スポットに出かけよう

定番スポットであるマーライオンパークを中心に、夜景やナイトスポットなど夕方以降に楽しめる見どころを紹介します。

 

到着してからも楽しめるマーライオンパーク

シンガポールに到着したら、まずはシンガポールのシンボルとも言える「マーライオンパーク」に向かいましょう。マーライオンはシンガポールの伝説の動物で、シンガポールの名前の由来にもなっています。

マーライオンの魚のような体は、テマセクとして知られる漁村としてのシンガポールの起源を象徴しています。テマセクという名前は、タセク(マレー語で「湖」)という言葉と同じ語源から来ています。上半身は、都市の元々の名前であるシンガプーラ(サンスクリット語でライオンの都市)を表しています。

伝説によると、ある王子が、海の嵐の中シンガポールの海岸に上陸しようとした時に、川の河口近くで、奇妙な生き物を目撃しました。それがライオンであったため、シンガプーラの名前が付けられました。

マーライオンの先には、マリーナ ベイ サンズや観覧車(シンガポール フライヤー)などが見えます。この景色は、シンガポールの近代性と伝統性の対比を象徴しているようですね。

Merlion Park(マーライオン公園)
住所:1 Fullerton Rd, S049213
営業時間:24時間
休業日:年中無休
最寄り駅:Raffles Place駅

 

【関連記事】
シンガポールの公認マーライオンを巡ろう!何頭?歴史、見どころを徹底解説!

 

Marina Bay Sands(マリーナベイ サンズ)

このホテルは、3つの高層タワーの上に船の形をした屋上が乗っかったような独特のデザインで有名です。

屋上にはインフィニティプールや展望台、レストランなどがあります。展望台からは、シンガポールのスカイラインやガーデンズ バイ ザ ベイなどの景色を一望できます。インフィニティプールは宿泊者のみが利用できます。ぜひ、シンガポールに来たなら滞在してほしいホテルです。

Marina Bay Sands
住所:10 Bayfront Avenue, S018956
最寄り駅:Bayfront駅
定休日:無
電話番号:6688 8888
WEBサイト

 

【関連記事】
マリーナベイ・サンズ、スイートからミュージアムまで徹底紹介!

 

Singapore Flyer(シンガポールフライヤー)

最後に、「シンガポールフライヤー」で夜景を楽しむのはいかがでしょう。この観覧車は、高さ165メートル、直径150メートルで、世界最大の観覧車です。一周するのに約30分かかりますが、その間にシンガポールの360度のパノラマを楽しむことができます。 夜になると、観覧車や街の明かりがキラキラと輝いて、ロマンチックな雰囲気になります。週末は混雑が予想されるので事前にチケットを購入することをおすすめします。

Singapore Flyer(シンガポールフライヤー)
住所:30 Raffles Avenue, S039803
営業時間:10:00-22:00(最終入場は21:30)
定休日:無
WEBサイト

 

【関連記事】
アジア最大級の観覧車「シンガポール・フライヤー」の魅力と楽しみ方について。絶景を楽しみながらディナーも堪能できちゃう!Byマイバス

 

【名物グルメ】チキンライス

シンガポールのローカルフードとして代表的なチキンライス。

※画像は天天海南鶏飯のチキンライスではありません

日本でいうチキンライスとは違い、鶏1羽を使い、生姜とパンダンリーフを入れて鶏スープで炊き上げた香り高いライスと、スパイシーなチリソースと生姜とともにいただきます。おすすめは、マックスウェルフードセンターの天天海南鶏飯!ミシュランビブグルマン2019年を受賞しています。

天天海南鶏飯(ティエンティエン ハイナン チキンライス)
住所:1 Kadayanallur St, #01-10/11, S069184
最寄り駅:Maxwell駅、Tanjong Pagar駅
営業時間:火〜日 10:00-19:30
定休日:月
電話番号:9691 4852
Instagram

 

【関連記事】
シンガポールのソウルフード、チキンライス(海南鶏飯) 編集部がオススメする本場チキンライスの名店7選!

 

クラークキーエリア

シンガポールのクラークキーは、シンガポール川沿いにある人気の観光地でナイトライフが楽しめるスポットです。

クラークキーには、カラフルな建物に囲まれたレストランやバー、クラブなどがたくさんあります。日中はシンガポールの歴史や文化を感じられる場所で、夜はライトアップされた景色と音楽が楽しめます。

クラークキーからは、リバークルーズに乗って、マーライオンやマリーナベイサンズなどの有名な観光スポットを巡ることもできます。

【関連記事】
【保存版】シンガポールの夜遊び厳選アイデア! SingaLife読者のリアルなおすすめも一挙紹介!

 

2日目:近未来の絶景とショッピングを楽しもう

ガーデンズ バイ ザ ベイ、オーチャード ロードを中心に、街歩き・ショッピングスポットの魅力を楽しもう。

Gardens by the bay(ガーデンズ バイ ザ ベイ)

まずは、ガーデンズ バイ ザ ベイに行ってみましょう。

日差しが強くない早朝か、夜など涼しい時間帯に行くのがおすすめです。 夜のライトアップも素敵なので、昼と夜2回訪れるのもいいでしょう。

ここは、約101ヘクタールの広さを持つ巨大な植物園で、18本の人工的な巨大ツリーが目を引きます。これらのツリーは、太陽光や雨水を利用して植物を育てたり、エネルギーを生み出したりする機能を持っています。 また、ガーデンズ バイ ザ ベイには、世界最大の温室であるフラワードームや、人工的な山と滝があるクラウド フォレストなどの有料エリアもあります。

Gardens by the Bay(ガーデンズ バイ ザ ベイ)
住所: 18 Marina Gardens Drive, S018953
最寄り駅:Bayfront駅から徒歩10分
営業時間:24時間
定休日:無
電話番号:6420 6848
WEBサイト


オーチャード ロード

次に、シンガポールの中心街にあるオーチャード ロードに行ってみましょう。 ここは、約2.2kmにわたってショッピングモールや百貨店が立ち並ぶショッピングのメッカです。高級ブランドからプチプラまで、さまざまな商品が揃っています。日系の店舗も多く、日本語が通じることもあります。

【名物グルメ】チリクラブ

チリクラブとは、チリ、トマト、溶き卵がブレンドされたとろみのあるソースの中にカニを丸ごと入れてボイルした、シンガポールを代表するローカル料理です。カニの身を食べるのはもちろんのこと、カニの旨味たっぷりのソースを、揚げパンにつけて食べるのもおすすめです。シンガポールでチリクラブが食べられる店はたくさんありますが、特に人気のある店は以下のお店です。

ジャンボシーフード:
チリクラブ有名チェーン店です。特にクラークキーにあるリバーサイドポイント店のテラス席は、シンガポールリバーとクラークキーの夜景を楽しめるとあって人気があります。

レッドハウス:
老舗のチリクラブ店。チリソースは、甘みと酸味のバランスがよく、さっぱりしていて食べやすいと評判です。

ノーサインボード:
こちらも老舗のチリクラブ店。濃厚で奥深い味のチリソースが人気。また、チリクラブと並んでホワイトペッパークラブも評判です。

Jumbo Seafood(ジャンボシーフード)Riverside Point店
住所:30 Merchant Rd #01-01/02, Riverside Point, S058282
最寄り駅:Clarke Quay駅
営業時間:11:30-23:00(L.O.22:15)
定休日:無
電話番号:6532 3435
他店舗:有(East Coast店、Dempsy Hill店、ION点、Jewel店、The Riverwalk店)
WEBサイト

 

【関連記事】
【2023年版】シンガポールチリクラブ10選!気になるお値段やおいしい食べ方を紹介

 

シンガポール動物園・ナイトサファリ

ナイトサファリ

最後に、夜になったらナイトサファリに行ってみましょう。 ここは、夜のみ開園している世界初の夜間動物園で、約120種類の動物を見ることができます。

トラムに乗って園内を巡ることができますが、日本語の解説付きのトラムもありますが、待ち時間が長くなることもあるので注意しましょう。また、動物たちの生態や能力を紹介するショーも開催されています。

Night Safari(ナイト サファリ)
住所:80 Mandai Lake Road
開園時間:月〜日 19:15-0:00(最終入場は 23:15まで)
定休日:無
電話番号:6269 3411 (月~日 8:30-18:00)
WEBサイト

シンガポール動物園

今回筆者は日中シンガポール動物園を子連れで1日歩きまわり、かなり体力を消耗しましたが、魅力的なショーの数々、日本の動物園ではなかなか見られない南国の鳥や動物たちに出会えたりなど、日本では味わえない感動がたくさんありました。

Singapore ZOO(シンガポール動物園)
住所:80 Mandai Lake Rd, S729826
開園時間:月〜日 8:30-18:00(最終入場 17:00まで)
定休日:無
WEBサイト

 

【関連記事】
シンガポールのナイト サファリで夜の野生動物を見よう!園内攻略法を徹底紹介

 

3日目:セントーサ島のテーマパークで遊び尽くそう

3日目は、シンガポールの南にあるセントーサ島に行ってみましょう。 ここは、テーマパークや水族館などのレジャー施設が数多くあり、ビーチもある見どころ満載の観光地です。

セントーサ島へのアクセス

シンガポール本島からセントーサ島への行き方は、いくつかの方法があります。

●タクシーまたはGrab:
所要時間は約15分です。セントーサ島への入島料(S$2〜6)が別途かかります。

●セントーサ・エクスプレス(モノレール):
ハーバーフロント駅直結のビボ・シティ駅の3階にあるセントーサ・ステーションから乗車できます。所要時間は約5分です。

●バス(RWS8):
ハーバーフロント駅の出口C近くから乗車できます。所要時間は約20分です。リゾート ワールド セントーサの地下に到着します。

●セントーサ・ボードウォーク(徒歩):
ビボ・シティの1階から歩道橋を渡ります。所要時間は約25分です。動く歩道もあります。

●ケーブルカー(マウントハーバーライン):
ハーバーフロント駅の出口Bから乗車できます。料金は往復S$33程度、所要時間は約10分です。オンラインで購入すると20%割引になるので事前購入がおすすめです。
チケット購入はこちら

あなたの目的地や予算に合わせて、最適な方法を選んでください。セントーサ島で楽しい時間をお過ごしください。

Universal Studio Singapore(USS)

日差しが強くなる前の午前中からユニバーサル スタジオ シンガポールに行ってみましょう。 規模としては、日本のUSJのほうがシンガポールのUSSより3倍の大きさです。ここは、映画やアニメの世界を再現したテーマパークで、6つのエリアに分かれています。

トランスフォーマー・ザ・ライド
リベンジ・オブ・マミー
セサミ・ストリート・スパゲッティ・スペース・チェイス

など、日本にはないアトラクションも多くあり、日本のパークに行ったことがある人でも楽しめます。

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)
住所:Universal Studios Singapore, Resorts World Sentosa, 8 Sentosa Gateway, S098269
電話番号:6577 8888
営業時間:営業時間は時期によって変動します、詳細はHPをご確認ください。
定休日:無
WEBサイト

 

【関連記事】
【2023年版】ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の楽しみ方を紹介!アトラクションやお土産など攻略ガイド

 

S.E.A. Aquarium(シー アクアリウム)

シンガポール最大の水族館、シー アクアリウムは、10万匹以上の海洋生物に出会える巨大な水族館です。世界の海に生息する1,000種類以上の生き物たちが、ゆったり泳いでいる様子を間近で鑑賞できます。東南アジアの海を再現した水槽では、カラフルで可愛らしい熱帯魚たちに癒されます。トンネル型の水槽でサメが頭上を泳ぐ姿も圧巻です。海の不思議や美しさを感じられる水族館です。

日差しが強い時間帯は室内でゆったり過ごすのもおすすめです。

S.E.A. Aquarium(シー アクアリウム)
住所:8 Sentosa Gateway, Sentosa Island,S098269
営業時間:10:00-17:00
定休日:無
WEBサイト

 

【関連記事】
【2024年度版】シンガポールの水族館「シー・アクアリウム」は、家族でのお出かけにぴったり。世界最大級の水槽で優雅に泳ぐ魚たちを間近で見られる。

 

Adventure Cove Waterpark(アドベンチャー コーブ ウォーターパーク)

暑いシンガポールで涼しく遊びたいなら、アドベンチャー コーブ ウォーターパークがおすすめです。2万匹以上の海の生き物と泳げるプールや6つのウォータースライダー、全長620mの流れるプールなどアトラクションが盛りだくさんです。

Adventure Cove Waterpark(アドベンチャー コーブ ウォーターパーク)
住所:8 Sentosa Gateway, S098269
最寄り駅:セントーサ エクスプレス Resorts World Station駅
営業時間:10:00-17:00
定休日:無
WEBサイト

 

【関連記事】
アドレナリン全開!シンガポールの巨大プール「アドベンチャー コーブ ウォーターパーク」完全攻略ガイド

 

セントーサ島ビーチ

セントーサ島には、南国の雰囲気を満喫できるビーチが3つあります。ビーチでゆっくりと夕日を楽しむのもいいですよね。

パラワンビーチ:
家族で海水浴に行くなら大人も子どもも楽しめるビーチです。海岸にある吊り橋を渡った先にあるパラワン島の展望台からは、澄んだ南シナ海を望めます。海上アスレチックなど、海遊びを楽しむアクティビティもあります。

シロソビーチ:
ビーチでゆっくりまったりチルアウトしたい派の人も、思い切り身体を動かしたい!アクティブ派の人、どちらも満喫できるビーチです。海水浴に疲れたら、周辺のカフェやバーで海を眺めながら一休みできます。

タンジョンビーチ:
人が少なめでリラックスした雰囲気を味わえるビーチで、静かにリラックスしたい方におすすめです。白い砂浜と青い海が美しいビーチです。

【関連記事】
シンガポール・セントーサ島の3つビーチ、シロソビーチ、パラワンビーチ、タンジョンビーチについて解説!


 

【名物グルメ】ラクサ

ラクサはスープヌードルの一種で、ベースとなるスープにココナッツミルクと各種スパイスが使われています。甘辛い、そんな表現がしっくりくるのがラクサのスープ。国内のあらゆる場所にある屋台街「ホーカー」には必ずといっていいほどラクサの屋台が出ています。おすすめは、Alley on 25 at Andaz Singaporeです。

Alley on 25 at Andaz Singapore(アレー on 25)
住所:5 Fraser Street, Singapore, S189354
最寄り駅:Bugis駅
営業時間:
 平日 朝食 /7:00-10:30、ランチ/12:00-14:30、ティータイム/15:00-17:00、ディナー/18:00-22:30
 土日 朝食/7:00-11:00、ランチ/12:00-14:30、ティータイム/15:00-17:00、ディナー/18:00-22:30
定休日:無
電話番号:6408 1288
WEBサイト

 

【関連記事】
シンガポール名物のラクサ(叻沙)!ホーカーからホテルまで。SingaLifeが選ぶ5店

 

4日目:ショッピング・ホーカー巡り

シンガポールの最終日は、異国情緒あふれる街で最後のショッピング!さまざまな民族や文化が混ざり合う街を巡ります。

カラフルな建物やおしゃれなカフェ、エスニックなグルメや雑貨など、見どころや買い物スポットがたくさんあります。また、シンガポールの名物であるホーカー(屋台)で、安くて美味しい料理を食べ歩きましょう。最後に、世界一の空港とも言われるチャンギ国際空港で、シンガポールの旅を締めくくります。

 

午前中から街巡りカトンエリア

カトンエリアは、シンガポールの東部にある、プラナカン文化が色濃く残るエリアです。プラナカンとは、マレー半島やインドネシアに移住した中国系の人々と、現地の人々との間に生まれた子孫のことで、独自の言語や衣装、食文化などを持っています。

カトンエリアでは、プラナカンの伝統的な建築や工芸品を見ることができます。特に、カトン通りやイースト・コースト通りにあるカラフルなショップハウス(店舗兼住宅)は、写真映えするスポットです。

【関連記事】
シンガポールの「カトン地区」でプラナカン文化を満喫!おすすめの観光スポット&レストラン15選をご紹介!

 

チャイナタウン

チャイナタウンは、シンガポールの中心部にある、中国系の人々が多く暮らすエリアです。シンガポール最古の寺院であるブッダ トゥース レリック寺院や、19世紀に建てられたスリ マリアマン寺院などの歴史的な建造物があります。

また、チャイナタウンの中心にあるチャイナタウン・コンプレックスは、シンガポール最大のホーカー(屋台)センターで、たくさんの屋台が並んでいます。チキンライスやチリクラブなどのシンガポール名物から、四川料理や広東料理などの中華料理まで、幅広いメニューが揃っています。チャイナタウンには、お土産や雑貨を売る店も多く、お買い物も楽しめます。

【関連記事】
シンガポールのチャイナタウンでランチを食べるならここ!おすすめ店7選

シンガポールのチャイナタウンを街ブラ! ランチやマッサージなど、観光スポットをご紹介

 

アラブ ストリート

アラブ ストリートは、シンガポールの中心部にあるエキゾチックな雰囲気のエリアです。ここでは、中東の雰囲気を感じられる雑貨や食べ物、民族衣装などを見たり買ったりすることができます。

アラブ・ストリートのシンボルとも言えるのが、黄金に輝くドームを持つサルタン モスクです。観光客も見学することができます。また、アラブ ストリートの一角には、ハジ レーンというおしゃれな通りがあります。ここでは、個性的なブティックやカフェ、バーなどが並び、壁画アートも楽しめます。アラブ ストリートは、シンガポールの多文化性を感じられる魅力的なスポットです。

【関連記事】
シンガポールのブギスストリートとアラブストリートを観光!グルメやおすすめスポットなどの情報をお届けします!

 

リトル インディア

リトル インディアは、シンガポールのインド人街と呼ばれるエリアです。ここでは、インドの香辛料や果物、花などが売られるマーケットや、カレーやロティなどのインド料理のレストランやホーカーがたくさんあります。

リトル・インディアの目玉のひとつが、極彩色のヒンドゥー教寺院、スリ ヴィラマ カリアマン寺院です。この寺院は、破壊の女神カーリーを祀る寺院で、神々の彫刻が施された門や、ライトアップされた建物が美しいです。リトル・インディアは、インドの文化や食べ物を満喫できるエリアです。

【関連記事】
シンガポールのリトルインディアを観光!グルメやファッション、インドを楽しみ尽くせる場所!

 

お土産を買おう

リトルインディアに行ったらムスタファセンターを訪れましょう。巨大なショッピングモールで、さまざまな商品が安く買える人気のお土産スポットです。

●石鹸(アーユルヴェーダソープ):
インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて作られた天然成分の石鹸です。植物油やエッセンシャルオイルなどが配合されており、肌に優しく香りも良いです。

●Himalaya社のコスメ:
インド発祥のヘルスケアブランドで、歯磨き粉やフェイスパック、ヘアケア用品などがあります。特にリップバームは手ごろな価格でバラマキ土産にぴったりです。

●ellips(エリプス)のヘアオイル:
バリ島生まれのヘアオイルで、タオルドライした髪になじませるとしっとり艶やかになります。使い切りタイプやボトルタイプがあります。

●タイガー・バーム:
中国やシンガポールで有名な塗り薬で、頭痛や鼻づまり、肩こりや筋肉痛に効果があります。赤と白の二種類があります。湿布タイプもあります。

●マーライオングッズ:
シンガポールのシンボルであるマーライオンの形をしたキーホルダーやマグカップ、ぬいぐるみなどのグッズです。定番ですが、外せないお土産です。

ムスタファセンター(Mustafa Centre)
住所:145 Syed Alwi Rd, Mustafa Centre, S207704
営業時間:9:30-翌2:00
電話番号:6295 5855
WEBサイト

 

【関連記事】
【2023年版】シンガポールのムスタファでお土産探し!人気商品25選!

 

【名物グルメ】ホーカーで食べ歩き

ホーカーとは、シンガポールの屋台やフードコートのことで、安くて美味しいローカルフードが食べられる人気のスポットです。ホーカーでは、チキンライスやラクサ、チリクラブなどのシンガポールの名物料理や、中華、マレー、インドなどの各国の料理が楽しめます。

ホーカーは、シンガポールのあちこちにありますが、特に有名なのは、
マックスウェル フードセンター
ローレル ホーカーセンター
チャイナタウン コンプレックス フードセンター

などです。

1.ホーカーで食事をするときは以下の点を注意しましょう。

2.席を確保する前に、注文するお店を決めておきましょう。注文したら、ティッシュペーパーやハンカチなどを席に置いて場所取りをします。相席も一般的なので、空いている席がなければ声をかけてみましょう。

3.おいしいお店は、長蛇の列に並ばなければいけない場合もあります。早めに行くのがおすすめです。

4.食器やトレイは自分で用意し、食べ終わったら返却カートに持っていきます。2022年からは食器の返却が義務化され、違反すると罰金が科せられる場合があります。

5.席を立つときは、貴重品を持ち歩きましょう。物売りには必要がなければ断ることができます。

6.テーブルは汚れていることが多いので、ウェットティッシュで拭くと衛生的です。
クレジットカードを使用できない場合があります。現金を持参しましょう。

以上の点を注意してホーカーで食べ歩きを楽しみましょう!

【関連記事】ホーカー

 

出発までも楽しいチャンギ国際空港

チャンギ国際空港は、シンガポールの玄関口であり、東南アジア最大のハブ空港です。チャンギ国際空港は、世界の空港の中でも最も高い評価を受けており、その理由は、その充実した施設やサービスにあります。

チャンギ国際空港には、4つのターミナルとターミナル1に直結した複合施設「ジュエル」があります。それぞれにショッピングやグルメ、エンターテイメントなど、楽しめるスポットがたくさんありますよ。

ジュエル:世界最大の室内滝や自然と芸術が融合した庭園があります。
ターミナル3:1,000匹以上の蝶が飛び回るバタフライガーデンがあります。
ターミナル2と3:24時間無料で映画を観ることができる映画館があります。

チャンギ国際空港は、空港での時間を楽しく過ごせるように、さまざまなサービスや施設を提供しています。シンガポール旅行の魅力の一つと言えますね。

【関連記事】
チャンギ国際空港&ジュエル チャンギ エアポート徹底ガイド!

 

シンガポールで異文化と絶景を楽しみ尽くそう

シンガポールは多民族国家で、中華系、マレー系、インド系などのさまざまな文化が混ざり合った魅力的な国です。マリーナ ベイ サンズやガーデンズ バイ ザ ベイで近未来的な夜景を見たり、セントーサ島でビーチやテーマパークを楽しんだり、カトンやアラブストリートなどの歴史地区で各民族の文化を感じたりできます。さまざまな文化が混ざり合った料理も楽しめ、チキンライスやラクサ、バクテー、チリクラブなどのおいしい料理がたくさんあります。シンガポールに行ったら、ぜひこれらのスポットとグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。


最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagram、メルマガでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!

  • 帰国生のミカタ
  • SingalifeBiz