シンガポールでのタクシーの乗り方ガイド|料金やダウンロードすべきアプリなどご紹介!

常夏のシンガポールでは少しの距離でも徒歩で移動するとなると、汗をかかずにはいられないもの。暑さのみならず紫外線による日焼けも気になる…といった方に、街ナカの移動手段として便利なのが「タクシー」です。

日本よりもうんと料金が安く、気軽に利用できるシンガポールのタクシーはもはや生活には欠かせない存在。この記事では、そんなシンガポールのタクシー事情や乗り方、ダウンロードすべきアプリなどについてご紹介します。



シンガポールのタクシー事情

シンガポールのタクシーは種類が豊富。青、黄、赤、シルバーなどタクシー会社によって車体の色もさまざまですが、基本的なサービスはほぼ同じです。

料金体系も日本と同じメーター制でわかりやすく、罰則の厳しいシンガポールでは他の東南アジア諸国でありがちなぼったくりの心配もありません!

MRTやバスも安価で便利なシンガポールですが、目的地によっては駅やバス停から遠いことも。また、時間がなく急いでいる場合などにも、ドアtoドアで快適に目的地に直行できるタクシーが便利です。


タクシーの料金システムと支払い方法

そんな便利なシンガポールのタクシーですが、何よりメリットなのは日本に比べて格段にタクシー料金が安いこと。

シンガポールのタクシーの初乗り料金は、車体の大きさやタクシー会社によって若干異なりますが、S$3~S$4(約240〜320円)ほどと、東京都内の初乗り料金(410円)と比べても安く抑えられています。

また移動距離が1kmを超えると発生するメーター料金も、400mごとにS$0.2~S$0.3(約16〜25円)ほどと、日本と比べてもかなり格安です。

さらに、シンガポールでタクシーに乗車する場合、チップの支払いは基本的に必要ありません。メーターに示された料金だけを払えばいいので、わかりやすいですね。

タクシー料金の支払いには現金や電子決済(PayNowやPaylah!など)、クレジットカードが利用できますが、車体によっては電子決済やクレジットカードが利用できない場合もあります。現金以外の支払いを行う場合は、乗車前にドライバーに確認しておくのがおすすめです。


シンガポールのタクシーの乗り方

シンガポールでタクシーに乗車する場合、大きく分けて方法は2つ。
タクシースタンドや流しのタクシーをつかまえる
配車アプリを使って乗る


シンガポールのタクシースタンドは、ショッピングセンターや病院のエントランスや道路沿いにあります。

周りにタクシースタンドが見当たらない場合、道路脇で手を挙げてタクシーを止めることもできますが、交通ルールが厳しいシンガポールではバス停近くや交差点近くなど、タクシーが一時停止できない箇所も多いので注意が必要です。

またタクシーを止める際には、車体の上のサイン表示に注目してください。緑色のサインが表示されていれば乗車可能ですが、赤で「Hired」「Busy」「On Call」などと表示されている場合は乗車できません

無事にタクシーに乗車できれば、行き先をドライバーに伝えましょう。目的地を伝える際には、建物の名前や通りの名前を伝えるのが一般的ですが、カーナビを使っている運転手の場合は郵便番号を聞いてくることもあります。

基本的に英語が通じますが、英語に自信の無い方は住所が書かれたスマホの画面やGoogle Mapを見せて伝えるのもおすすめです。


シンガポールでタクシーに乗るならアプリが便利

続いて、配車アプリを使ってタクシーに乗る方法です。最近では配車アプリを使ってタクシーに乗るのが最も便利かつメジャーな方法になりつつありますアプリを利用すれば行き先をドライバーに口頭で伝える必要も、決済を降車時におこなう必要もなく、大変便利です。

そんなシンガポールのタクシー利用に欠かせないおすすめアプリをご紹介します。

Grab

Grabはシンガポールで一番人気の配車アプリで、ピックアップポイントと目的地を入力し、お好みの車両を選んで予約すればすぐに迎えに来てくれます。事前にクレジットカードを登録しておけば、降車もキャッシュレスでスムーズ。

車両は「JustGrab」が最もリーズナブルな場合がほとんどですが、7歳以下または身長1.35m以下のお子様がいる場合は利用できないので注意が必要です。その場合はチャイルドシートが搭載された「GrabFamily」もしくは、タクシーを配車することができる「Standard Taxi」を選択しましょう。

また、Grabは乗車ごとにポイントが貯まる仕組みで、貯まったポイントはタクシー利用だけでなく、Grabアプリ内の他のサービス(お買い物やフードデリバリー)でも利用することができます。シンガポールで生活する上で、必須のアプリです。

Grab

無料ダウンロード可能

 

Gojek

Grabに似た機能を備える後発の配車アプリです。同じ距離を移動するのにもGrabよりも値段が安いことがあるので、Grabと料金を比較して安い方を使うというのもおすすめです。

また、平日日中は料金が50%オフになったり、ワクチン会場までの送迎は無料なったりといったお得なプロモーションも豊富に行われているので、チェック必須!

ただし、Grabのように細かな車両の指定ができないのと、Grabよりも迎えに来てくれるまでに時間がかかる場合もあるため、お急ぎの場合は注意が必要です。

Gojek

無料ダウンロード可能

 

Comfort DelGro

シンガポール最大のタクシー会社「Comfort DelGro」が提供するアプリで、同社の正規タクシーのみを呼べる安心安全のサービスを提供してくれます。予約時に固定料金かメーター料金かを選べます。

Grabやgojekなどの個人ドライバーと比べると少し割高にはなりますが、タクシー会社が提供している安心感があり車内も快適で、ゲストを送迎するときやお子様連れでの移動の際におすすめのアプリです

ComfortDelGro Booking App

無料ダウンロード可能

 

シンガポールのタクシーに乗る際の注意点

便利で安価なシンガポールのタクシーですが、乗る際に注意すべき点は以下のとおりです。

ドアの開け閉めは自分で

日本のタクシーと異なり、シンガポールのタクシーの乗り降りの際にはドアは自分で開け閉めしますドアが開くのをただ待ってることのないように注意しましょう。

大きい荷物を後ろのトランクにのせる際には、運転手が手伝ってくれます。

一方通行の道では遠回りされることも

一方通行の道が多いシンガポールでは、降車場所を通り過ぎて「遠回りされた?」と思うこともあるかもしれません。

しかしほとんどの場合は遠回りではなく、一方通行のために迂回しているだけなのでご安心ください。不安な場合はGoogle Mapなどで経路を確認しておくのもおすすめです。

飲食禁止

MRTやバスの車内と同様、タクシー車内でも飲食が禁止されているのでご注意ください。

個人タクシーの場合、運転が荒い場合も…

全般的に日本のタクシーよりも運転が荒い傾向にあるシンガポールですが、特にGrabやgojekなどの配車アプリの個人ドライバーはヒヤッとする運転をされる場合もあるため注意が必要です。

こうしたアプリではドライバーのレビューも乗車前に見ることができるので、評価が低いドライバーに当たってしまった場合は乗車前にキャンセルするなどの方法を取るのも一つの方法です。


気軽に使えるシンガポールのタクシー!

日本よりも気軽に利用できて、料金も格安なシンガポールのタクシー。Grabなどの配車アプリも大変便利で、ちょっとした移動手段にも、長距離の移動にも重宝すること間違いなしです。

東京23区より少し大きいくらいの面積のシンガポールでは、タクシーで端から端まで移動しても1時間もかからないなど、乗りこなせば国中どこへでも行けてしまうほど。

便利で安価なタクシーを活用することで、あなたのシンガポール生活がさらに快適かつ充実したものになることでしょう!




この記事を書いた人

risako taira

2020年8月に来星したWebライター歴4年の一児の母です。初めての海外生活。シンガポールの好きなところは、夜景と辛いものが充実していること。