F1シンガポール開催契約2028年まで延長

自動車レースF1シンガポール・グランプリの主催者シンガポールGPとシンガポール政府観光局(STB)は1月27日、2021年に終了を迎えたF1シンガポール・グランプリの開催契約を延長したと発表しました。

今回の契約延長期間は、2028年までの7年間にわたり、前回2017年の契約更新時に締結した延長契約の4年など、過去の延長期間4~5年と比べ、長期に及んでいます。

F1シンガポール・グランプリは、F1初の夜間レースとして、2008年以来、開催されてきましたが、過去2年間は、新型コロナウイルスの感染拡大のため、中止されました。

2022年のレースも、従来通り、マリーナ・ベイ地区の一般車道をレースコースとして使用し、決勝は、10月2日に行われる予定です。

イスワラン運輸相兼通商関係担当相は、契約更新について、「契約延長がシンガポールに創出する長期的利益を十分検討した結果、レースの開催継続を決定した。

契約更新は、国外からの訪問客を呼び込んで、シンガポールに商業的利益や雇用をもたらし、グローバル都市としてのシンガポールの名声維持につながるだろう」と述べています。

シンガポールGPとSTBの共同声明によりますと、レーサー、スタッフ、国内外のファン、一般市民の健康・安全対策に関しては、各政府機関との協力を図る方針とのことです。

F1シンガポール・グランプリは、これまで12回開催。前回の2019年は、第1回の2008年の30万人に次ぐ、延べ26万8,000人が、レース開催期間中の3日間に、観戦に訪れました。

また、例年、レース観戦客のおよそ40%を海外からの訪問客が占め、レース期間中の週末に毎回、約1億3,000万Sドルの観光収入をシンガポールにもたらしています。

新型コロナウイルスの感染拡大で、国内観光業が打撃を受けるなか、F1開催が業界の景気回復のきっかけとなるよう期待されます。



この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!