シンガポール最大発行数の週刊日本語フリーペーパー

旧正月シーズンのチャイナタウンを楽しもう!

チャイニーズニューイヤー

一年の中でも最も盛り上がる行事の一つ、旧正月はシンガポールの文化を体験できる絶好のチャンス!

西暦の年越しが終わると街中が華やかになり、赤や金のきらびやかな色あいと熱気で溢れます。人口の約8割が中華系のシンガポールでは、一番盛り上がるシーズン。今年は、1月25日と26日(27日は振替休日)が旧正月休みです。

24日の大晦日は至る所でカウントダウンも行われ、盛り上がること間違い無し。また、旧正月中はセールや1 for 1等、いつもよりお得に商品をゲットできるチャンスでもあります。

シンガポール島内のあらゆる場所で行われるライオンダンス。銅鑼の音が聞こえてきたら、ライオンダンスの始まりの合図。前足と後足にそれぞれ人が入り、大きくジャンプする踊りは一見の価値あり!

◎ライオンダンス開催場所・日時
・ガーデンズバイザベイ・スーパーツリー
1月 27 日、1月31日〜2月2日の午後6時
・シンガポールズー 1月25日〜27日 午前10時、午後2時
・ナイトサファリ 1月25日〜27日 午後7時半、午後8時半
・ジュロンバードパーク 1月25日〜27日 午前11時半、午後12時半、午後1時半

ライオンダンス

いつもに増して、赤色のグッズが目白押し。Chinatown Complexにて。

チャイナタウンを歩いてみよう

◎干支・子(ねずみ)のグッズがたくさん
2020年の干支、子(ねずみ)がモチーフの飾り付け、グッズが目を引きます。
子どもを次々と産み増やすことから「子孫繁栄」の象徴と言われるねずみですが、よく見ると可愛いグッズも沢山。キーホルダーやぬいぐるみなど、インテリアの一つに取り入れてみてもいいかも?!

New Bridge Road沿い(チャイナタウン駅E出口付近)

New Bridge Road沿い(チャイナタウン駅E出口付近)

Temple St.沿い(チャイナタウン駅A出口付近)

Temple St.沿い(チャイナタウン駅A出口付近)

Pagoda St.沿い

Pagoda St.沿い

旧正月のお菓子が並ぶ歩行者天国

いつも賑やかなチャイナタウンがこの時期、さらに赤と金で彩られ、賑やかで華やかな雰囲気に。旧正月限定の特設コーナーもでき、縁起の良いとされるお菓子や食べ物が並びます。
ナッツ、パイナップルタルト、シュリンプロールなど普段から目にするお菓子も並んでいますが、今回は旧正月時期に特に使われることが多いお菓子をご紹介!

年糕…もち米粉に砂糖を加え、蒸して作られる弾力のある餅。「年高」の発音と似ていることから、高いところへ行けるという意味を持つ。シンガポールでは薄く切って油で炒めるか、蒸してココナッツを削ったものを乗せて食べることが多い。
ラブレター…細長い筒状に巻かれたココナッツ風味のエッグロールクッキー。卵が「命」の象徴で、金ののべ棒にも似ているため「金運」の意味も。
バクア…ポークジャーキーのことで、人気店は旧正月の時期には長蛇の列ができる。ビールのお供にもピッタリの日本人好みの味。

餅の成分なので、日本人でも味わいやすい年糕

餅の成分なので、日本人でも味わいやすい年糕

ずらりと並んだ赤い蓋の容器に入っているのは、様々な種類のクッキー

ずらりと並んだ赤い蓋の容器に入っているのは、様々な種類のクッキー。

バクアの人気店「林志源」、「美珍香」は平日でも行列!

バクアの人気店「林志源」、「美珍香」は平日でも行列!

旧正月必須アイテム

紅包

紅包…子どもや若い親戚に配る、お年玉用の赤い封筒。「福を分け与える」意味があり、金額は偶数で2、8が縁起がいいと好まれる。4は死を連想させるため避けるのがベター。

パイナップルの飾り

パイナップル…黄金色のパイナップルは「富」や「幸運」のシンボル。南国の正月飾りとして使われる。

マンダリンオレンジ

蜜柑…中国語の「桔」の発音が「吉」に似ていることから、偶数のマンダリンオレンジを贈ると幸運を運ぶと好まれている。

チャイナタウンのライトアップ

ライトアップされたチャイナタウン

1月4日〜2月22日は、ねずみをはじめとする十二支のモニュメントのライトアップを開催中。7pm〜12mn、※24日は6amまで。
通り:Eu Tong Sen Street, New Bridge Road, South Bridge Road and Garden Bridge

旧正月ならではの料理

・魚生(ユーシェン)…中華系のレストランでは、旧正月メニューを期間限定で提供しているところも。シンガポールの旧正月料理と言えば海鮮サラダ風の「魚生」。サーモンなどの刺身、細かく刻んだ人参などの野菜、ピーナッツなど縁起のいい食材を大皿の上に並べます。発案は1963年にシンガポールの旧正月料理として人気レストランのシェフ4人が開発したそう。
食べる時には、テーブルを囲む全員が立って「ローヘイ(撈起)!」と唱えながら箸で食材を持ち上げながら豪快にかき混ぜます。「ローヘイ」とは広東語で漁師が網を引き揚げる動作を表し、高く上げれば上げるほど良いとされます。

魚生(ユーシェン)before 魚生(ユーシェン)after

スーパーで売られている魚生のセット

スーパーでも魚生のセットが売られているので要チェック!

ミシュラン1つ星、Smith St.,沿いの「Hawker Chan」正月セット

薬局の贈り物セット

薬局の贈り物セット

レストランやスーパーなど小売店でも、正月セットを用意しているところが多数あります。
一年の中でも最も盛り上がる行事の一つ、旧正月はシンガポールの文化を体験できる絶好のチャンス!この機会に旧正月ムードを楽しんでみませんか?なお、24日まで連日営業していたお店も旧正月中は休業する店舗もあります。事前の確認をオススメします。

Natalie
この記事を書いた人
食べる事が大好き。お値打ちで美味しいもの、安く手に入る雑貨など駐妻らしからぬプチプラを好む傾向に。激辛激甘に目がない駐在4ヵ国目のライター