シンガポールの旧正月はローヘイでお祝いを!由来やおすすめのレストランをまるごと解説!

2022年がスタートし、日本ではお正月も終わり日常が戻りましたが、シンガポールの新年はまさにこれから!シンガポールでは、旧正月(春節)に「ローヘイ」というユニークな伝統行事があるのをご存じですか

今回は「ローヘイ」の由来から、おすすめのレストランまで、まるごと解説します!





ローヘイとは

日本ではお正月ムードも消え、新しい一年がまた始まりました。しかし、実はシンガポールではこれから新年を迎えるため、1月中旬くらいから、街中が一気に華やかになります!シンガポールでは旧正月の慣習を取り入れているためですが、そもそも旧正月とはどんなものでしょうか?

旧正月(春節)とは、中国を中心に東アジアで使われてきた太陰暦に基づくもので、毎年日程は変わります。2022年の旧正月は、2月1日(火)と2月2日(水)の2日間となっています。

コロナ禍で事情は少し変わりましたが、旧正月の時期には遠く離れた家族に会ったり、知人と新年を祝ったりしながら、温かい時間を過ごします。

その旧正月(春節)に、シンガポールではユニークな行事があるのをご存じでしょうか?その名も「ローヘイ」。これはいったいどんなものでしょう?!

ローヘイ(捞起)とは広東語で「放り投げる」の意味ですが、魚生(ユーシェン)という料理(刺身、野菜をスパイスと調味料で和えたもの)を、みんなで投げ上げるという伝統行事のことです。もともとは、陰暦正月の七日目に行われていましたが、今日では、旧正月(春節)の期間中、魚生を楽しみます。

シンガポールでは、ローヘイは、中国人以外の人でも参加でき、新年の幸せをみんなで一緒に祝う象徴的な行事になりました。


旧正月の期間中、ローヘイは、シンガポール以外では、マレーシアでも広く行われます。中華料理のレストランで魚生を振り上げる人が多いですが、スーパーなどでパック詰めの魚生を購入したり、手づくりして自宅で楽しむ人もいます。

ローヘイは中国の伝統行事ですが、最近では、ベジタリアン向けやハラルの魚生など、さまざまなバリエーションのものがあります。さらに、イタリア料理やタイ料理、日本料理や四川料理などでも魚生が登場しています。


魚生(ユーシェン)とは

シンガポールの旧正月で必ず食べる料理、それが「魚生(ユーシェン)」です。一見すると海鮮サラダ風ですが、どうしてこのような料理が生まれたのでしょうか?

魚生には刺身が主に使われますが、中国では、既に周王朝(紀元前1046年頃 ~紀元前256年)には、生の魚が料理に使われていました。ところが、清王朝(1644年~1911年)の終わりになると、刺身は広東や潮汕といった中国南部の地域でのみ食されました。そしてこの地域からの移民が、19世紀にシンガポールやマレーシアに魚生を広めたそうです。

もともとの魚生は簡素で、使われた具材もわずかでした。刺身、きゅうり、ラディッシュそしてコリアンダーにお酢と油、砂糖をかけたものです。現代のシンガポールでなじみ深い、色鮮やかなものは「七彩魚生」と言われています。

そしてこの鮮やかな料理を生み出したのが、1960年~70年代にかけてシンガポールの料理界で「四天王」と呼ばれたSin Leong, Hooi Kok Wai, Tham Yui Kai, Lau Yoke Puiでした。新たな魚生は、1964年の旧正月2日に誕生したのです!

魚生とは、北京語で、文字通り「生の魚」という意味ですが、「魚(Yu)」と同音異義語の「余(Yu)」は「豊富」を意味します。また「生」には「生身」という意味のほかに「成長」や「人生」という意味もあります。つまり「魚生」という料理名は、より豊かになり、富と長寿の願いを伝えるという意味も含んでいるのです

また、使われる具材にも縁起を担ぐ意味が込められています。例えば、刺身は新年に豊かになるように。ブンタンとにんじんは幸運と繁栄、ピーナツや揚げせん、油には健康と富がもらたされるように。ラディッシュには若さと美しさ、はちみつには優しさ、ライムのひと絞りと五香粉にはあらゆるものに幸せを・・といった意味があります。


ローヘイのやり方は?

お皿に具材がすべて用意されたら、みんなでテーブルの周りに集まります。これは、調和しながらともに生きようという意味が込められているそうです。そして、手にお箸を持ち、お皿の具材を上にあげたと同時に「ローヘイ!」と叫びます

広東語で漁師が網を引き揚げる動作を意味する「ローヘイ」。新年の希望や抱負を込めて、具材を高く上げれば上がるほど、幸せが訪れるそうです!

(上記の動画は、新型コロナウイルス感染症が流行する前に撮影されたものです。)

感染対策に気を付けながら、ローヘイをみんなで楽しみましょう!



ローヘイができるレストラン

Red House Seafood

シンガポールの老舗シーフードレストラン「Red House Seafood(レッド・ハウス・シーフード)」から「2022年の寅年を祝うシーフードメニュー」が登場!寅年の幸を願い、チャイニーズ・ニューイヤー(旧正月)をお祝いしましょう!

2022年1月17日〜2月15日限定で、世界中の新鮮な海の幸を使った特別メニューを販売。人気料理や、新年のお祝いにぴったりな軽食・ギフトに適したメニューもご用意しています!
※旧正月メニュー販売期間:2022年1月17日〜2月15日(1月31日は除く)

FESTIVE SET MENUS(2022年1月17日〜2月15日)

4〜6人前 $365++~

今シーズンの6つのお祝いメニューは、食材の味を生かした優しい味わいが特徴。

スタートを飾るのは、健康と繁栄を願うお刺身サラダ「Prosperity Salmon or Fortune Abalone Yu Sheng」。サーモンまたはアワビの盛り合わせに、赤キャベツとにんじんの千切りほか、かぶやザクロなどが大皿にのった一品。フルーティーなドレッシング(ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、プラムソース)でご堪能ください。


風味豊かな味が自慢の「Braised Abalone, Dried Scallop, Sea Cucumber and Mushroom in Superior Oyster Sauce(アワビ、ホタテ、ナマコ、マッシュルームのオイスター添え)」。中国の扇子を表した盛り付けが祝いの席にぴったりです。

合計7時間かけて調理する「Crispy Golden Phoenix Chicken」も、旧正月には外せない一品。チキンの皮をむき5時間ほど乾燥させたあと、残りの鶏肉と新鮮なエビを混ぜてペースト状にし、乾燥させた鶏皮と一緒に揚げて作ります。エビとチキンの甘みと、鶏皮のカリカリした食感が癖になること間違いなし!

Red House Seafood(レッド・ハウス・シーフード)
GRAND COPTHORNE WATERFRONT店
住所: 392 Havelock Road, Level 2 Grand Copthorne Waterfront,S169663
営業時間:
 月~金    ランチ :12:00 – 14:30 (L.O. 14:00)
        ディナー:17:00 – 22:00 (L.O. 21:15)
 土・日・祝日 ランチ :11:00 – 15:00 (L.O. 14:30)
        ディナー:17:00 – 22:00 (L.O. 21:15)
電話番号:6735 7666
他店舗:有(CLARKE QUAY、PRINSEP STREET(現在改装中のため休業))
Eメール: grandcopthorne@redhouseseafood.com
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://www.redhouseseafood.com/

 

Wan He Lou(萬合楼 ワンヘイロー)

Treasures of the Sea Yusheng/海洋之宝捞起

4~5人前 $78++(店内飲食のみ), 6~8人前 $108++

ロブスター粥で有名なレストラン、Wang He Lou(萬合楼 ワンヘイロー)から、旧正月限定の魚生セットが登場

みんなで再会したら、幸せあふれる一年になるようにTreasures of the Sea Yushengを投げ上げましょう!魚生セットには、幸運を表す数々の具材が入っています。

柔らかいアワビは「一年を通して豊かさがあふれるように」。にんじんの千切りは「幸運が訪れるように」。グリーン・ラディッシュの千切りには「永遠の若さ」。だいこんの千切りは「富とより高みに到達できるように」。ごまと砕いたピーナツは「富がつまった家になりますように」。

こしょうと五香粉は「富と財宝を引き寄せるように」。油は「暮らしにお金と富がもたらされるように」。ゴールデン・クラッカーは「これまで以上の富となりますように」。プラムソースは「優しくて愛おしい関係となりますように」・・・具材を和えて、縁起の良い「ローヘイ」を行いましょう!

人目を引く赤いパッケージとデザインは、大切な方や親しいご友人へのプレゼントに最適です。

1月15日~2月15日のみの限定セットをぜひお楽しみください!

Wan He Lou(萬合楼 ワンヘイロー)Jalan Besar店
住所:65 Maude Road S208347
最寄り駅:Jalan Besar駅
営業時間:
 月~日 ランチ:11:00 – 14:30
     ディナー:17:00 – 22:30

<テイクアウト>
月~日
 11:15 – 14:15
 17:15 – 21:45
*1月31日のみ特別営業 11:00 – 16:00
*2月21日は定休日となります。

<配達>
月~木
 11:30 – 15:00
 17:30 – 22:00
金~日
 11:30 – 15:00
 17:30 – 22:00
*1月31日のみ特別営業 11:30 – 16:30
*2月21日は定休日となります。

電話番号:6294 8057
他店舗:有 (Beauty World)
(※住所や営業時間はHPをご参照ください。)
Eメール: sales@wanhelou.com
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://www.wanhelou.com/

 

Lobster

Get Rich Yusheng $108++

<Get Rich Yusheng >で幸せな一年に向けて投げ上げましょう!

千切りのにんじん、きゅうり、ラディッシュ、ゴールデン・クラッカー、そして大きな蒸しアワビが入った魚生。こしょう、五香粉、油、ごまなどのたくさんの調味料に、砕いたピーナツ、Lobster特製のプラムソースを一緒に和えて。

 <Get Rich Yusheng>セットには、箱の帯にローヘイのやり方を記載してあり、手袋8組、テーブルクロスもついています。6~8名様に最適。投げ上げて散らかしてしまいましょう!

Lobster(ロブスター)
配達営業時間:
 月〜日 ランチ :11:30 – 15:00
     ディナー:17:30 – 22:00
電話番号:8201 2567
Eメール:hello@lobstar.sg
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://lobstar.sg/

 

Nalati Restaurant & Event

お庭がテーマの緑豊かなレストラン、「ナラティレストラン&イベント@ディストリシンガポール」が、ラッフルズプレイスのリパブリックプラザにオープンしました。ビジネスシーンでの活用のほか、友人たちとの気軽なお食事にも最適!

1月18日~2月15日の間は、「チャイニーズ・ニュー・イヤーメニュー2022」として限定メニューが登場。「ローヘイ」をはじめとした、幸せを呼ぶラッキーフードの数々が2つのコースに並びます。中心街とは思えない開放感あふれる空間で、旧正月を華やかに迎えませんか?もちろん、ローヘイもできます!

<チャイニーズ・ニュー・イヤーメニュー2022>

お一人様 $78~ (2名様より)
 -幸運を招くサーモン・ユーシェン
 -干し帆立入りゴールデンフィッシュ・マウスープ
 -アワビとナマコの煮込み
 -蒸し豚足と髪菜
 -中華ちまき
 -フルーツ入り白木耳
 -スペイン産ローストポークとトリュフ・パールライス

お一人様 $138~ (5名様より)
 -幸運を招くサーモン・ユーシェン
 -アワビとナマコの煮込み髪菜添え
 -帆立と野菜のソテートリュフソース添え
 -チリ産蒸し鱈の特選醤油ソース添え
 -ハーブ蒸しカンポンチキンと冬虫夏印
 -中華ちまき
 -幸運を招く鯉桂花ゼリー

・いずれのコースも事前予約制

<ナラティ特製 幸運を招くアワビユーシュンとサーモン>

・5日前までの事前予約制
・価格
 小サイズ:$68   店内ご飲食時のみ
 大サイズ:$108 店内ご飲食時とテイクアウト可能

チャイニーズ・ニュー・イヤーメニュー2022/ナラティ特製 幸運を招くアワビユーシュンとサーモン
・販売期間:2022年1月18日~2月15日

Nalati Restaurant & Event (ナラティ・レストラン&イベント)
住所:Level 1 & 2, Republic Plaza 1, 9 Raffles Place, S048619
(入口:Distriiメインエントランス)
最寄り駅:Raffles Place 駅
営業時間:月〜土:10:30 – 22:00(L.O. 21:15)
定休日 :日曜日
電話番号:6223 1258
Eメール:enquiry@nalati.com.sg
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://www.nalati.com.sg/

 

Min Jiang (岷江川菜館) Goodwood Park Hotel

【旧正月メニュー】

Trio of Prosperity Blessings ‘Lo Hei’ /三星报喜齐捞起

魚生のユニークな演出とともに、幸福、繁栄そして長寿の年になるようMin Jiangでお祝いを!

ロブスター、アワビ、新鮮なサーモンにルッコラやレタス、赤しそ、にんじん、ラディッシュ、ビートルートなどを合わせて。さらに金粉やエディブル・フラワー、ヤマイモの千切り揚げ、松の実、ピーナツやクラッカーをクランチにして付け合わせます。

プラムやいちごのさわやかなソース、カラマンシージュースや、レモングラス、ジンジャー・フラワーや唐辛子を加えた特別メニューです。

・テイクアウト/デリバリー:$254.66 (大皿のみ)
・レストラン内:$238~ (大皿のみ)
・販売期間:2022年1月7日〜2月15日
・テイクアウトは5日前までに予約
・予約締め切り:2022年2月10日

Min Jiang (岷江川菜館 ミンジャン) Goodwood Park Hotel
住所:22 Scotts Road,Goodwood Park Hotel, S228221
営業時間:月~日 11:30 – 14:30 /17:30 – 19:30
     *1月31日のみ特別営業 11:30 – 17:00

<店舗にて受け取り> 
 ※ホテルロビー隣の「The Deli」にてお受け取りください。

<デリバリー>
月~日 12:00 – 15:00/18:00 – 20:00
   *1月31日のみ特別営業 12:00 – 17:30

電話番号:6730 1704
Eメール: min_jiang@goodwoodparkhotel.com
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://www.goodwoodparkhotel.com/ja/dining/min-jiang

 

Min Jiang at Dempsey 

Auspicious Abundance ‘Lo Hei’ / 鸿运金鲍虎虾捞起

・テイクアウト/デリバリー: $243.96 (大皿のみ)
・レストラン内 : $228~ (大皿のみ)
・販売期間:2022年1月7日〜2月15日
・テイクアウトは5日前までに予約
・予約締め切り:2022年2月10日

寅年によせて、Goh Chee Kong総料理長は、新鮮なブラックタイガーを使いながら、豊富な具材で素晴らしい表現をします。

花火に見立てたエビとアワビ、刻んだ紫のじゃがいものフライで丸みを作り、千切りのにんじん、ロメイン・レタス、ブンタンやすいかをトッピング。

投げ上げる前には、ゴマやピーナツ、千切りのさつまいも、ヤマイモ、春巻きの皮のフライとプラムやいちごのソース、金柑のジュース、ジンジャー・フラワーやごま油を加えます。

Min Jiang at Dempsey (岷江川菜館ミンジャン) デンプシー店
住所:7A & 7B Dempsey Road, S249684
営業時間:旧正月メニュー
<店舗にて受け取り>
 月~日 11:30 – 14:30 /17:30 – 20:30
 *1月31日のみ特別営業 11:30 – 17:30
<デリバリー>
 月~日 12:00 – 15:00/18:00 – 21:00
 *1月31日のみ特別営業 12:00 – 17:00
電話番号:6774 0122
Eメール: mjdempsey@goodwoodparkhotel.com
ご予約はこちらから
WEBサイト:https://www.goodwoodparkhotel.com/ja/dining/min-jiang-at-dempsey

 

シンガポールの旧正月を楽しもう!

以上、今回は「ローヘイ」についてご紹介してきました。

シンガポールの街は、新年に向けて、鮮やかな色の装飾に包まれていきます。日本とはまた違った形のお正月ですが、ぜひシンガポールのお正月も楽しみましょう!

皆さま、シンガポールでどうぞよいお年をお迎えください!

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。




この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、シンガポールのニュースやビジネス情報をはじめとする現地の最新情報をお届けします!