2022年は3連休が5回も!シンガポール政府が2022年の祝日を発表

シンガポール政府は6日、シンガポールの2022年の祝日を発表しました。祝日の数は11となり、振替休日の関係で3連休が5回あります。
一番長い休み期間は、4月30日(土)〜5月3日(火・振替休日)の4連休です。

シンガポール労働省によりますと、来年の祝日は以下の通りです。

2022年の祝日一覧

祝日の名称日付曜日
1ニューイヤーデー1月1日
2チャイニーズ
ニューイヤー
2月1日
3チャイニーズ
ニューイヤー
2月2日
4グッドフライデー4月15日
5レイバーデー5月1日
※3日が振替休日
6ハリラヤプアサ5月2日
7べサックデー5月15日
※16日が振替休日
8ハリラヤハジ7月9日
9ナショナルデー8月9日
10ディパバリ10月24日
11クリスマス12月25日
※26日が振替休日

3連休以上になるのは、

  • 4月15(金)〜4月17日(日)
  • 4月30日(土)〜5月3日(火・振替休日)※4連休
  • 5月14日(土)〜5月16日(月・振替休日)
  • 10月22日(土)〜10月24日(祝)
  • 12月24日(土)〜12月26日(月・振替休日)

の5回です。

2021年の3連休はわずか3回しかなく残念に思った方も多いかと思います。2022年は3連休が多く取れそうですので、楽しみですね。

この記事を書いた人

SingaLife編集部

シンガポールライフをもっと楽しく豊かに、をコンセプトに、在留邦人や短期滞在者、またシンガポールに興味がある方に、実用的で生活に役立つ情報を提供しています。