シンガポールで食べられるプラナカン(ニョニャ)料理とは?おすすめレストラン12選もご紹介

そもそもプラナカン料理とはなんなのか。どこで食べられるのか。代表的な料理はどんなものなのか。そのすべての問いにお答えします!




プラナカン/ニョニャとは?

「プラナカン」とは、マレー語で「ここで生まれた」という意味を持ちます。15世紀頃から19世紀にかけて、マレーシアへやってきた各国の男性と現地のマレー人女性が結婚しその子孫をのちに「プラナカン」と呼ぶようになります。また、マレー語で混血の女の子を「ニョニャ」と呼ぶことが、ニョニャ料理の語源となりました。

インド系やヨーロッパ系とのプラナカンもいますが、シンガポールでは大半を中華系プラナカンが占めています。また、研究によるとシンガポールで自身を「中華系プラナカン」であると認識している人は、中国人とマレー人の祖先を持つということが確認されています。


プラナカン/ニョニャ料理とは?その特徴

シンガポールで食べられるプラナカン料理(ニョニャ料理)とは、中国料理とマレー料理の融合でできたもので、スパイスやココナッツミルクなどを使用して作る煮込み料理などが特徴的です。

香辛料や調味料は、マレー系と中華系のどちらも使用しており、マレー系でいえばハーブやターメリック、ココナッツミルクなどで、中華系であれば醤油や干し椎茸などが挙げられます。見た目は中華料理でも味はエスニックなマレー系というように、味わう度その奥深さに驚かされるのがプラナカン料理の魅力です。またプラナカン料理はとても手の込んだ料理が多く、作る工程が複雑なのも特徴です。


プラナカン(ニョニャ)料理の代表的なメニュー

こちらでは、プラナカン料理の中でも代表的な料理をご紹介します。

Ayam Buah Keluak(アヤム ブアクルア)

黒いナッツ(ブアクルア)とチキンの煮込み料理で、プラナカン料理の中でも定番中の定番料理です。ブアクルアにはもともと毒があり、毒抜きをするのに40日間もかかるそう。これだけでも手の込んだ料理なのがわかりますよね。

このブアクルア、食用にしているのはなんとプラナカン料理だけなのだとか。しかし、ブアクルアには赤味噌、人によってはチーズのような濃厚な味がするとか、一度食べてみたいものです。


Otak Otak(オタオタ)

オタオタは、魚のすり身からできたかまぼこのような一品です。見た目は日本でもよくあるかまぼこのような形状ですが、味はターメリックやチリなどを使用しているためピリ辛です。


Beef Rendang(ビーフレンダン)

こちらは見た目が日本人にもおなじみ、ビーフシチューに似た料理です。ココナッツミルクがベースとなっていますが、味は辛めに調理されています。


Popiah(ポピア)

簡単に言えば、プラナカン風生春巻きです。きゅうりやにんじんなどの野菜や炒り卵などを春巻きのような皮で包んだもので、中にはピーナッツも入っているのが特徴です。日本人にも人気のメニュー。シンガポールで野菜不足を感じた際は、ぜひホーカーなどでも試してみてください。



Kueh Pie Tee(クエ パイティー)

クエ パイティーは、食材としてはポピアとほぼ同じで野菜がメインですが、食感が全く異なります。サクサクとした食感と、帽子によく似たシルエットから「シルクハット」と呼ばれることもあります。こちらもホーカーなどでも人気メニュー、目にすることがあったら試してみてくださいね。


Laksa(ラクサ)

1つの料理でも、さまざまな種類があるラクサ。中でも、カトン地区に住むプラナカンによって作られたのがカトンラクサです。

カトンラクサとは、ココナッツミルクと干しエビで味付けをしたスープのことです。ここに太い麺が細かく切られて入ってます。ココナッツミルクが入っていても味は少し辛めで、甘すぎず大人気のプラナカン料理です。




シンガポールでプラナカン(ニョニャ)料理おすすめレストラン12選

プラナカン料理の代表格はお伝えしましたが、こちらではプラナカン料理が食べられるレストラン12選をご紹介します。

Woody Family Cafe

シンガポールの住宅街にある唯一の飲食店がこのWoody Family Cafe(ウッディ ファミリーカフェ)。こちらは夫婦で営んでおり、奥様自身がプラナカン。母譲りのプラナカン料理が楽しめます。

Woody Family Cafe(ウッディ ファミリーカフェ)
住所:12F Andrew’s Avenue,S759930
最寄り駅:Sembawang駅、Canberra駅よりバス
営業時間:月~日 ランチ 12:00-15:00 ディナー 17:00-23:00                               
定休日:火曜日 ※火曜日が祝日、前祝日の場合は除く
電話番号:6758 1185
WEBサイト




Candlenut

COMO DEPMSEY系列のプラナカンレストラン。ホーカーなどと比べると少々お値段もお高めですが、本場のプラナカン料理をいただくことができます。実はこちらのレストラン、ミシュラン1つ星をとったことがあるほど!ミシュランも認めるその味をぜひ堪能ください。

Candlenut(キャンドルナッツ)
住所:17A Dempsey Road S249676
営業時間:月〜日     ランチ    12:00-15:00(最終入店14:30, L.O.15:00)
     月~日、前祝日 ディナー   18:00-22:00(最終入店21:30, L.O.22:00)
     月~日、祝日  テイクアウト 11:30-21:00(電話受付時間帯は10:30-21:00)
定休日:無
電話番号:6486-1051
テイクアウト用電話番号:8121 0176
WEBサイト

 

The Blue Ginger

居心地の良い空間で、家庭的なあたたかい料理が堪能できるThe Blue Ginger(ブルー ジンジャー)。2020年に2店舗目としてオープンしたのが、このGreat World店です。 Great World店でしか食べられない限定メニューのプラナカン料理がいただけます!

The Blue Ginger(ブルージンジャー)Great World店
住所:1 Kim Seng Promenade, #01-106, S237994
営業時間:月〜金 ランチ  11:00-15:00(L.O.14:15)
         ディナー 18:00-22:00(L.O.21:15)
     土日祝 ランチ  11:00-15:00(L.O.14:15)
         ディナー 17:30-22:00(L.O.21:15)
定休日:無
電話番号:6235 7042
他店舗:有(Tanjong pager)
WEBサイト

 




328Katong Laksa

短く切られた麺をレンゲですくって食べるのがここのラクサ。味はどちらかといえば辛さ控えめでなめらかなイメージです。

328 Katong Laksa(328カトンラクサ)51 East Coast Road店
住所:51 East Coast Road, S4289770
営業時間:月〜日 9:30-21:30
定休日:無
他店舗:有(United Square Shopping,Queensway Shopping Centre,Westgate店)
WEBサイト

 




Violet Oon

出典:Violet Oon

2015年にナショナルギャラリーがOPENし、その美術館の中にViolet Oon(バイオレット オン)がオープンしました。店内あらゆるところにプラナカンタイルが敷き詰められたViolet Oon。ここでも本格的なプラナカン料理がいただけます。

National Kitchen by Violet Oon Singapore(バイオレット オン)National Gallery店
住所:1 St. Andrew’s Road #02–01, National Gallery Singapore (City Hall Wing), S178957
営業時間:月〜日 ランチ   12:00-15:00(L.O. 14:30)
         ディナー  18:00-22:30(L.O.21:30)
     金~日 ハイティー 15:00-17:00(L.O.16:30)
定休日:無
電話番号:9834 9935
他店舗:有 (Violet Oon Singapore at ION Orchard店、Violet Oon Singapore at Jewel店)
WEBサイト

 




True Blue Cuisine

出典:True Blue Cuisine

こちらもプラナカン料理がいただけるレストラン。インテリアや食器もこだわったものを使用しており、店内で雑貨などの販売もしています。

True Blue Cuisine(トゥルー ブルー キュイジーヌ)
住所:47/49 Armenian Street, S179937
最寄り駅:City Hall駅
営業時間:月〜土 11:30-14:30, 17:30-21:30
定休日:日
電話番号:6440 0449
WEBサイト

 

Tinkat Peramakan

Tinkat Peramakan(ティンカット ペラマカン)では、定食スタイルでプラナカン料理がお手軽にいただけるお店です。そんなTinkat Peramakanのモットーはシンプルでカジュアルな本物のプラナカン料理を提供することです。プラナカンの歴史を大切にしているシェフが作る料理をぜひ試してみてください。

Tinkat Peramakan(ティンカット ペラマカン)Owen Road店
住所:119 Owen Road S218924
最寄駅:Farrer Park駅
営業時間:月〜日 11:30-21:00
定休日:無
他店舗:有 (Paya Lebar Quarter,Thomson Plaza,Alexandra Retail Centre)
電話番号:6291 3474
WEBサイト

 

Whole Earth

6年連続ミシュラン ビブ グルマンを受賞したシンガポールで最初で唯一の植物ベースをメインに使用したレストラン。ヴィーガンの方でも安心!新鮮な野菜や香辛料を使用していて、本場のプラナカンとタイ料理がいただけます。地球環境にも優しいレストランです。

Whole Earth(ホールアース)
住所:76 Peck Seah St, S07933
最寄駅:Tanjong Pagar駅
営業時間:月~日 ランチ  11:30-15:00(L.O. 14:30)
         ディナー 17:30-22:00(L.O. 21:15)
定休日:無
電話番号:6221 6583
WEBサイト

 

Chilli Padi Nonya Restraunt

2018年にはミシュランガイドから「The Plate」の栄誉を受賞したChilli Padi(チリ パディ)。こちらのお店では定番プラナカン料理から、お店オリジナルのキャベッジ ロールなどもいただくことができます。

Chilli Padi Nonya Restraunt(チリ パディ)
住所:11 Joo Chiat Place, #01-03, S427744
営業時間:月~日 ランチ  11:30-14:30
         ディナー 17:30-22:00(L.O. 21:30)
定休日:無
他店舗:有(Chilli Api Catering,Chilli Padi Tok Panjang,Rempah by Chilli Padi)
電話番号:6275 1002
WEBサイト

 

Old Bibik’s Peranakan Kitchen

こちらは数少ない、ハラール認証を受けたプラナカンレストランです。ムスリムの方でも安心して食べることができます。

Old Bibik’s Peranakan Kitchen(オールド ビビックズ プラナカン キッチン )
住所:328 Joo Chiat Road, #01-02, S427585
営業時間:月〜日 11:30-21:30
定休日:無
電話番号: 8450 7996
WEBサイト

 

Godmama

ゴッドママはシンガポールで最も美味しいプラナカンレストラントップ11の中に含まれるほど。お客様からも認められたその味は試してみる価値ありです!

Godmama(ゴッドママ)
住所:107  North Bridge Road,Funan #04-07, S179097
最寄駅:City Hall駅
営業時間:月〜木    ランチ  11:00-15:30
            ディナー 18:00-21:00 (1回目18:00- 2回目20:00-)
     金      ランチ  11:00-15:30
            ディナー 18:00-22:00(1回目18:00- 2回目20:00-)
    土日祝、祝前日 ブランチ 10:00-15:30
            ディナー 18:00-22:00 (1回目18:00- 2回目20:00-)
定休日:無
電話番号:6970 0828
WEBサイト

 

House of Peranakan Petit

3店舗かまえるHouse of Peranakan Petit(ハウス オブ プラナカン プティ)ですが、ターコイズブルーの外観が魅力的なレストランで、レストラン内もとっても綺麗!こちらでは30年以上にわたり、プラナカン料理の伝統を誇りに思ってきたレストランならではのプラナカン料理を堪能することができます。

House of Peranakan Petit(ハウス オブ プラナカン プティ)
住所:42 Eng Hoon Street, Tiong Bahru Estate, S169785
営業時間:水~月 ランチ  12:00-15:00
         ディナー 18:00-22:00
定休日:火
電話番号:6222 1719
他店舗:有 (Peranakan Inn Restaurant,House of Peranakan Cuisine)
WEBサイト

 

プラナカン料理でプラナカン文化を体験しましょう!

シンガポールは多文化が共存している国の代表とも言えますが、まさにプラナカンはその象徴と言っても過言ではありません。今なお、プラナカン料理は代々受け継がれています。ぜひシンガポールを訪れた際は、プラナカンの歴史を感じられるプラナカン料理を堪能してください。






最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagramでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

SingaLifeグルメ倶楽部

編集部が実際に足を運んだ選りすぐりの飲食店や、話題のカフェ・レストラン、最新グルメなど、シンガポールの食にまつわる旬の情報をご紹介します!次に食べたいグルメやお気に入りのお店が見つかるかも?