シンガポールの「チャイムス」についてご紹介!お食事からウェディングまで大満喫

皆さんは、シンガポールの名所「チャイムス」には行ったことはありますか?

由緒ある建物をリノベーションした複合施設で、日本の名店も入っているほか、国際色豊かなグルメが堪能できるレストランや、スパ、美容院もあり、最も歴史あるチャペルでは結婚式も挙げられます。

今回は、魅力あふれるチャイムスをご紹介しましょう!




チャイムスとは?

シンガポールの中心部にある、ひときわ白くそびえる教会建築を見かけたら、それがまさに「チャイムス」です。

かつて、この場所は「Convent of the Holy Infant Jesus Middle Education School(聖なる幼子イエスの修道院中等教育学)」という女子校だったそうで、頭文字をとって「チャイムス(CHIJMES)」と呼ばれています。

チャイムスにはシンガポールの歴史が刻まれた建築物がいくつかありますが、一番最初につくられたのが「コールドウェル ハウス」でした。これは、アイルランド人の著名な建築家であるジョージ・コールマンが上級判事の事務官の住居として設計したそうです。そして1853年、女子校を建設するため、周囲の土地とあわせてビュレル神父が買い取り、セント ニコラス ガールズ スクールと孤児院、寄宿舎をつくりました。

時は流れ、1903年には、アングロフレンチゴシック様式のチャペルが建てられました。30,000ピースのベルギー産ステンドグラスや、花や鳥が彫られた648の円柱からなるチャペルは、シンガポールでも屈指の教会建築といえるでしょう。チャペルとコールドウェル ハウスは、1990年、国家遺産局(NHB)によってナショナル モニュメントにも認定されています。

また、チャイムスの一角には「Gate of Hope(希望の門)」と呼ばれる場所があり、孤児がそこに置かれると、教会に隣接された孤児院で修道女が養育するようになっていたそうです。

シンガポールの歴史とともに歩んできたチャイムスですが、1996年、建築物の修復などを経て、レストランやバー、カフェやスパなどが入る複合施設としてオープンしました。

施設にはレストランが多いですが、世界各国のグルメはもちろんのこと、和食を提供する店も多く、日本の味が恋しくなったら迷わずチャイムスへ出かけましょう!また地下には、中庭に隣接して、オープンテラスで楽しめるレストランもあり、すてきな時間が過ごせそうですね。


アクセス

チャイムスは、なんといってもシンガポールの中心部に位置しており、MRTのシティ ホール(City Hall)駅、もしくはブラス バサー(Bras Basah)駅より徒歩3分ほどの場所です。また近くには、セント アンドリューズ大聖堂や、ラッフルズ ホテル、ショッピングモールのラッフルズ シティなどもあり、お出かけした帰りにお食事を楽しむのもいいかもしれませんね!

チャイムス(CHIJMES)
住所:30 Victoria Street, S187996
最寄り駅:City Hall駅、Bras Basah駅
電話番号:6265 3600
WEBサイト



チャイムスで楽しめるレストラン

それでは、数あるレストランのなかから、チャイムスで特におすすめのグルメをご紹介しましょう!

金色不如帰

2006年、山本敦之シェフが満を持して東京でオープンした「金色不如帰」。数々のメディアで取り上げられる名店で、人気雑誌「ラーメンWalker」で2017年、2018年と二度にわたり「ラーメン日本一」を受賞したほか、2019年から2022年には、4年連続で、あの「ミシュランガイド東京」の一つ星を獲得しています。

日本一のラーメンを次は世界で勝負したいと、2017年のカナダ・トロントに続き、香港、上海、シンガポールに次々と出店していった山本シェフ。日本で提供するラーメンの味、品質、風味はそのままに、化学調味料を一切使わないというこだわりの一品が、ここチャイムス店でも味わえます!

特に、山本シェフが独自のラーメンをつくるためにたどり着いたという、ハマグリをベースにしたスープの「ハマグリ塩ラーメン」「ハマグリ醤油ラーメン」は絶品!ほかにも豚骨系のラーメンや、ブラックスパイシーラーメンなど、シンガポール現地の方々も好みそうなメニューのラインアップも豊富です。

餃子定食や焼き魚定食、お酒のおつまみもあるので、ランチでもディナーでも、お酒のシメにも?!寄ってしまいそうですね!

金色不如帰(コンジキホトトギス)CHIJMES店
場所:01-17
営業時間:月~日 11:30-21:30
定休日:無
電話番号:6256 3155
他店舗:有(100 AM,Great World City,Paragonなどその他2店舗)
※住所や営業時間はHPをご参照ください。
WEBサイト



博多一幸舎

2004年、福岡・博多に誕生した、元祖泡系ラーメンの「博多一幸舎」。豚骨だけを12時間、骨が砕けるまで強火で炊き続け、熟したスープに若いスープと骨を頻繁に入れ替えながら、最高の状態のうまみ、甘み、骨の味を引き出します。熟成追い炊き製法のスープは、豚骨の香りと、油と水が合わさることでできるきめ細やかな泡が口の中でふわっと広がり、軽快でキレがある後口で唯一無二の味わいです!

シンガポールには2011年に支店がオープンし、現在では、タンジョンパガーとチャイムスにそれぞれ店舗があります。連日満席に近いほどの人気の秘密は、なんといっても、濃厚な豚骨スープがベースの正統派の豚骨ラーメン。細めの麺がよく絡み、一気に食べられます。もちろん替え玉もOK!こだわりぬいた本場の味を、ぜひシンガポールでも味わってみては?

博多一幸舎(ハカタイッコウシャ) CHIJMES店
場所:01-07
営業時間:月~土 11:30-22:00(L.O. 21:45)
     日   11:30-21:00(L.O. 20:45)
定休日:無
電話番号:6338 8460
他店舗:有(Tanjong Pagar)
※住所や営業時間はHPをご参照ください。
WEBサイト

 




あし乃

正統派の寿司を食べたくなったら、ぜひ「あし乃」を訪れてみてはいかがでしょうか。

店主は、東京で10年以上寿司職人として腕を磨き、2013年にマリーナ ベイ サンズ内の「Hide Yamamoto」に寿司のトップシェフとして招かれました。その後、2015年についにご自身の店をチャイムスにオープン。今年で7周年を迎える寿司の名店です。

お店では、富士山の水を空輸して、シンガポールで唯一の羽釜炊きのシャリが味わえるほか、熟成をはじめとしたネタへの仕事にこだわった寿司の数々をいただくことができます。

ランチ、ディナーともにセットメニューを楽しむことができますが「おまかせ」メニューも魅力。厳選されたネタがどんな寿司になって現れるか、ワクワクしながら待つ至福の時をぜひ味わってみては?

あし乃(Ashino)
場所:01-23 
営業時間:ランチ  火~土 12:00-14:00
     ディナー 火~日 18:00-21:30
定休日:月
電話番号:6684 4567
他店舗:無
WEBサイト

 

夜の雰囲気を満喫!チャイムス人気の居酒屋・バー

チャイムスの昼間の雰囲気もすてきですが、ライトアップされた夜の雰囲気もまた格別です!特に、地下に広がる中庭に面したオープンテラスでグラスを傾け、美味しい料理に舌鼓を打つのは、チャイムスならではの楽しみ方といえるでしょう。早速、チャイムスで人気の居酒屋、バーをいくつかご紹介しましょう!

ザ ワイナリー タパス | バー

シンガポールでスペイン料理を食べたくなったら「ザ ワイナリー タパス | バー」をおすすめします!お店が地下の中庭に面しているので、友人たちと語らいながら楽しみたい時はオープンテラス席に、カップルで静かに過ごしたい時はムードのある店内席に、と用途を選べるのも魅力。

スペイン料理で「小皿料理」を意味するタパス(tapas)ですが「ザ ワイナリー タパス | バー」のタパスは、3~4人でシェアできるメニューも多く、イベリコ豚の生ハムや、イカスミのパエリアなど、豊富なメニューから選ぶことができます。

またなんといってもスペイン料理に合うワインの種類が豊富で、常時150種類を超えるストックがあるそうです!さらに、毎日16:30~20:00はハッピー・アワーとなり、すべてのお酒を、一杯S$4オフで飲むことができます。ほかにも月曜から木曜まで、毎晩何かしらの割引サービスがあるので、ぜひお店のサイトをチェックして、お目当ての日を見つけてみては?

ザ ワイナリー タパス | バー(The Winery Tapas | Bar) 
場所:B1-05
営業時間:月~日 16:30-25:00
定休日:無
電話番号:6553 8850
他店舗:無
WEBサイト
 

ハリーズ

1992年、ボートキーでジャズバーとしてオープンしたハリーズは、シンガポールを代表するダイニングバーのチェーン店となり、現在では19店舗を構えており、そのひとつがここチャイムスにもあります!

これまでの業績が認められ、ハリーズは近年数々の受賞を果たしており、2021年にはシンガポール レストラン協会から西洋料理部門でエピキュリアン スター アワードを受賞するなど、文字どおりシンガポールのダイニングバー業界をけん引する存在になりました。

名物のハリーズ ジャズ バーガー(Harry’s Jazz Burger)は和牛のパテを使用し、ダブルチェダーチーズに甘めのオニオンソース、たっぷり野菜の食べごたえのあるバーガー。ほかにも、シンガポールスタイルの海鮮スパゲッティ「ミーゴレン」など、豊富なテイストが楽しめるメニューを展開。

また、美味しい料理に欠かせないのが、ハリーズのクラフトビール「ハリーズ プレミアム ラガー(Harry’s Premium Lager)」!そのままでも、ビアカクテルでも楽しめるということで、どんな料理にも合いそうですね。

ハリーズ(Harry’s)
場所:01-14
営業時間:月〜木 16:00-24:00、金土祝前日 12:00-25:00、日 12:00-24:00
定休日:無
電話番号:6337 0618
他店舗:有(Boat Quay,Cuppage,Dempsey Hillなどその他15店舗)
※住所や営業時間はHPをご参照ください。
WEBサイト

 

アナログ

サステナブルな料理やドリンクを提供するというユニークなコンセプトのダイニングバーアナログ」。まず目を引くのが、メインのバーカウンター。美しい曲線のカウンターは、なんと1,600kgもの再生プラスチックを用いて、3Dプリンターでつくられたそうです!また、ドリンクの提供に使われるコースターも再生プラスチックからできていて、同じ柄がひとつとない一点もの。

料理も100%植物由来で、メニューには「グルテンフリー」や「ネギ不使用」「ナッツ使用」などアレルギー表示も記載されているなど、こまやかな心配りが感じられます。Dylan Choongシェフによる、素材を生かしたメニューが多く、お酒にも合いそうなものばかり。

ドリンクメニューも充実していて、特にカクテルはオリジナルなものが多く必見!!それもそのはず、創設者のひとりであるVijay Mudaliarさんや、ヘッド バーテンダーのNg Wen Xuanさんは、国内外のカクテル コンペティションで数々の受賞歴があり、アナログのコンセプトを感じられる料理に合うドリンクを生み出しています。

ノンアルコール ドリンクも豊富で、スピルリナやハーブ、フルーツなどを使ったヘルシーメニューは、お酒を飲む方でもつい気になってしまうかも?!

アナログ(Analogue)
場所:01-31
営業時間:火~日 17:00-22:30
定休日:月
電話番号:8518 1882
他店舗:無
WEBサイト



ロマンチックなチャペルでウェディング

チャイムスのチャペルは、隣接するコールドウェル ハウスとともに、国家遺産局(NHB)によってナショナル モニュメントに認定されており、シンガポールの歴史が刻まれた貴重な建築物です。そんな2つの場所で結婚式を挙げることができるのですが、皆さんご存じでしたか?

実は、チャイムスでのウェディングサービスを手がけるのは、日本のブライダル業界を長年けん引してきたワタベウェディング株式会社なのです!海外にも多くの拠点を持つ同社は、2011年よりチャイムスホール(大聖堂)、2016年11月からキャルドウェルハウス2階・アルコーブ(婚礼及びイベント)施設運営を行なっているそうです。

歴史ある場所でかけがえのない結婚式を挙げられるなんて、とてもすてきですね!また、結婚式だけでなく、企業のパーティなどもできるそうです。

専属プランナーが色々と相談に乗ってくれるので、シンガポールでの挙式をお考えの方はぜひご相談してみてはいかがでしょうか。

ワタベ シンガポール(Watabe Singapore Pte Ltd)
場所:01-28
電話番号:6336 5320
WEBサイト

 

シンガポールの歴史にふれながら、チャイムスで過ごすひととき

今回は、チャイムスについてご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

日本でも、古い建物をリノベーションしてカフェやホテルとして利用していますが、チャイムスは、シンガポールの歴史が至るところに刻まれており、そこで味わうひとときはまた格別ですね。

友人たちとにぎやかに過ごしたり、大切な人とゆっくり過ごしたり。ぜひチャイムスですてきな時間をお過ごしください!

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。

この記事を書いた人

SingaLife知りつくし隊

シンガポール在住の日本人をはじめ、シンガポールに興味がある日本在住の方々に向けて、現地のトレンド情報やライフスタイル情報をお届けします。「知り尽くし隊にこんな情報を取り上げてほしい」各種SNSにてリクエストも随時募集中です!