【フォニックス】目からウロコのつづりのルール -Vol.4 パート1-

前回のコラムでは、「サイトワーズとひっかけ単語」をとりあげましたが、いかがでしたか?お子さんと少しづつ「暗記」を始めました、というお声もいただいており嬉しく思います。

いよいよ今回から3回に渡り、フォニックスのつづりのルールについてお伝えしたいと思います。最初に私が学んだとき、「そんなのあるのなら早く教えてよ」と思った、まさに「目からウロコ」のルールをご紹介します。




フォニックスのつづりのルール

1.Magic e (マジックイー)

Magic eとは、単語の末尾にeがあるとき、末尾のeは読まずに、その一つ前の母音がアルファベット読み(long sound)になるルールです。

magicがかかって、aのフォニックス読みではなく、
aのアルファベット読みになっていますね

末尾のeがその前の母音に、フォニックス読み(short sound)からアルファベット読み(short sound)になるように魔法をかける、ということでMagic eといいます。最後のeを読まないということで、このルールをSilent eとよぶこともあります。

それでは、eのマジックがかかると、どのように音がかわるかみていきましょう!

下記のように、よく目にする単語も、実はこのMagic eのルールで読めていたのですね。

made, date, kite, vote, bone, grape, rope, cake

注意していただきたいのが、このマジックは最後のeとその前の母音の間に子音が2つ入っていると、マジックはかけられません。ですから、rince, fence, denseなどはマジックはかからないのです。


2.「母音+母音」で前の母音のアルファベット読み

2つの母音が続いているときに、1番目の母音をアルファベットの名前で読んで、2番目の母音を読まないルールです。後ろの母音が礼儀正しく、前の母音に読み方をゆずるということで、「礼儀正しい母音」ともいわれます。

例えば、上記の単語のrain。<ai>のつづりは、前のアルファベットaのアルファベット読みの音のみしか聞こえませんね。

以前このルールを、神戸在住の中学校1年生に教えているとき、「だから、teaはeaで”イー”とeのアルファベット読みでaの音はないのか!」とその発見を喜んでいたのを、よく覚えています。

代表的な組み合わせで、下記のものがあります。

つづり単語の例
aitrain, pain
ietie, lie
eemeet, green
oaboat, goat
uefuel, barbeque

その他にも、このような単語もこのつづりのルールで考えると納得できますね!

play, key, teacher, toe, snow



つづりのルール、次回もお楽しみに!

これから年末にかけ、移動されるみなさんも多いかと思いますが、ぜひお子さんといっしょに「フォニックスの音探し」を移動中に行ってください。ご報告、お待ちしております!


いっしょにフォニックス講座

メール:info@ignica.org
WEBサイト:https://ignica.org/phonics/

インスタでは
おうちでできる
アイディアを
発信中

お問い合わせは
公式LINEより




この記事を書いた人

SingaLife教育HACK

シンガポールの教育・受験・学校に関する情報を発信。教育業界の最新動向や現地校の情報、帰国後の情報情報を届けながら、お子様と親御様を全力サポートします!

  • 帰国生のミカタ
  • SingalifeBiz