アフタヌーンティージャーナル Vol.16【キャピトルケンピンスキー ホテルシンガポール】

シンガポールで過ごす至福の時間。中でもホテルやレストランで楽しむアフタヌーン ティーは格別です。美しい空間の中で味わう香り高い紅茶やスコーン、色鮮やかなスイーツの数々。そのセッティングもお店によってバラエティに富んでいるだけに、いろいろな場所で楽しみたいですね。

今回は、旧正月前の招福感溢れる大人なアフタヌーンティーをご紹介します。



キャピトルケンピンスキー ホテルシンガポールとは

キャピトルケンピンスキーホテルシンガポールは、モダンラグジュアリーな155室の客室と、新古典派様式のキャピトルビル(1933年)、そしてベネチアルネッサンス様式のスタンフォードハウス(1904年)が特徴です。

Arcade @ The Capitol Kempinski、Eden Residences Capitol、伝説のCapitol Theatre、小売店Capitol Singaporeなどがあります。また、国立博物館、マーライオン公園など、シンガポールのトップアトラクションにも近接しています。

また、ホテルには「15 Stamford by Alvin Leung」「The Bar at 15 Stamford」「Lobby Lounge」「Frieda Beer Garden & German Restaurant」「Berthold Delikatessen」「Broadway American Diner」「La Scala Ristorante」があり、美食を楽しむには事欠かない場所となっています。


メニューの紹介

今回は、チャイニーズ・ニューイヤーの特別メニューをご紹介します。

まず、最初に頂いたのがこちらです!

フィヨルドトラウトライスクラッカー黒ニンニクエマルジョンメインロブスターパイクリスピー黒キノココチュジャンとコリアンダーエマルジョ セサミヌードルなど、アジアンテイストのセイボリー。盛り付けもユニークです。



一緒に頂くのは、ローズが華やかに香る緑茶です。アジアンなセイボリーとぴったり。いい香りに包まれて、気持ちもふわっと上がります!

次に頂いたのは、冷製蒸し卵のカスタード・ガーリックハニー醤油グレイズアワビサンドと大根のピクルスローストビーフ黒トリュフボーロパンパイナップルのコンポートクリームフィナンシェスモークダックのキッシュ


ランチの代わりに楽しく頂けるメニュー。セイボリーが2回に分けて提供されるので、「甘いものよりお食事寄りのアフタヌーンティが好きな方」には、おすすめです!

次にパイナップルシャーベットをスパークリングワインと共に頂きました!ここで、まるでフローズン・ダイキリのように爽やかなプロセッコを頂くことが出来ます。シュワっとしながらおしゃべりをお楽しみください!



爽やかなお楽しみは、まだ続きます。キンモクセイとクコの実のゼリーの登場です!なんともおめでたく美しいゼリー。ここでまた運気が上がりそうですね。



そして、いよいよスイーツの登場です。見事な枝っぷり!そして「福」のチャームがなんともいい感じ。集められたスイーツも福々しく、眺めているだけで幸せな気分になるセッティングです。

マンダリンオレンジシュー抹茶フィナンシェクエラピス ハニーパイナップルタルトなど。



旧正月には、2個ずつ交換すると福を呼ぶみかん。ちゃんと2個ありました!クエラピスの福マークもナイスデザイン!


チャイニーズニューイヤー仕様で招福気分満開!

アジアンセイボリーとプロセッコ、そしておめでたいスイーツを提供するキャピトルケンピンスキーのメニュー、いかがでしたでしょうか。アフタヌーン・ティーは、季節イベントごとにメニューを替えるホテルも多いので、ぜひ、気になるホテルのサービスをチェックしてみてください。次回のアフタヌーン・ティージャーナルをお楽しみに!


店舗情報

The Capitol Kempinski Hotel Singapore(キャピトルケンピンスキー ホテルシンガポール
住所:15 Stamford Rd, Singapore S178906
営業時間:アフタヌーン・ティ ①12:00~14:30 ②15:30~17:30
価格:- お一人様S$56++(月〜金)
   - お一人様S$62++(土・日)
   - お一人様S$42++の追加でプロセッコのフリーフロー
定休日:無(念のためご予約の際にお確かめください)
電話番号:6715 6871
予約:reservation.15stamford@kempinski.com
WEBサイト

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。



最新ニュースやプロモ情報をLINEとInstagram、メルマガでお届けしています!ぜひお友だち追加・フォローしてね!

この記事を書いた人

YUKI KAMIO

singaporeが好きすぎ、散歩ばかりしているライター。趣味は建築見学。一番好きなローカルフードはローミー。ボタニックガーデンで深呼吸。

  • 帰国生のミカタ
  • SingalifeBiz